IOTA walletのインストール手順と使い方

IOTAのwallet v2.3.0をMacにインストールする方法をまとめています
Windows版でもインストール用のexeがあるので参考になるとおもいます

easy

2017/6/18現在でv2.3.0がのdmgファイルがダウンロード可能です。

quick

LIghtノードモードならHOSTとSEEDが分かれば使い始めることができます。

try

受取アドレスが承認済みになれば、もうIOTAを受け取れます。slack #japaneseに参加して情報を集めてみよう。

インストール手順

https://github.com/iotaledger/wallet/releases
にアクセスしてIOTA.Wallet-2.3.0.dmgをダウンロードします
インストーラーに従ってインストールします。

メニューのビュー(View)>Change Lnguage から日本語に変更できます。

ライトノードを選択します。

http://iotasupport.com/lightwallet.shtml
このiotaサポートのサイトからホストのアドレスをコピペして開始ボタンで先に進む

Seed/Passwordに大文字A-Zの81文字で生成したランダム文字列を入力します。
このSeedは単純なものだとWalletがハッキングされてしまうので、重要です。

v2.3.0にはメニューからseed生成の機能がなくなっているため、自分で生成する必要があります。
Googleでパスワード生成を検索するといくつかサイトが出てきます、81文字のA-Zを使用した文字列を生成して
Seed/Passwordに入力します。この文字列は大切に保管しておきます。

ログイン後はこんな画面になります。受取の所をクリックします。

ATTACH TO TANGLEをクリックして、数分後ADDRESS ATTACHEDとなったらアドレス生成中の状態になります。
記録の所をクリックして状態を確認します
(SEEDとアドレスの関係をよく知らないので念のため隠しています)

ペンディングから承認済みになったら、このアドレスでIOTAを受け取れます。
もし、5〜10分経ってもペンディングのままだったら、
受取のところからまたATTACH TO TANGLEを試してください。
(SEEDとアドレスの関係をよく知らないので念のため隠していますが、
送金をしてもらうときはこのアドレスを伝えます)

あとは、slackに登録してIOTAを送金してくれる人を探してみてください

こんなページをつくってはいますが、レオンハルトジャパン公式BLOGを読んだり、
slack に登録しておくと、だいたいのインストール手順はわかると思いますが、
英語のページも多いのでざっくりですが最初の手順をまとめてみました。

slackは#japaneseチャンネルにも参加してみてください。
2017/6/18時点ではIOTAの日本代表のToruKazamaさんが777IOTAを送金してくれています。
その777IOTAもwalletのお試し用という位置づけなので、すでに777IOTAを受け取れている方
からも受取と送金のテストに協力をいただけると思います。
受取アドレスが承認済みになったら#japaneseに書き込んでみてください。
私もpcの前にいる時間が取れましたら、送金テストご協力いたします。