BIT COINで資産構築
仮想通貨元年
運用案件
X-BINARY・apex・TRADE COIN CLUB・SPORTARB
ONE FOR ALL ALL FOR ONE・RightRise

BIT COIN? 何それ? 怪しい!!

実際、私自身もそう思ってました^^;
しかしながら、何か投資しておかないと今後の日本は不安で不安でたまりません。BOやFXは怖いし・・・
そんな事を思っていたさなか・・・

日銀の黒田総裁が2016年1月末にマイナス金利政策を発表したことで、住宅ローンをはじめお金はより借りやすくなります。ですが、お金を増やすという意味では、積み立てや定期預金ではますます増やすことはできなくなります。
預金に金利がほとんどつかない状態になったのは、何も今に始まったわけではありませんが、ではお金を増やしていくにはどうしたらいいのでしょう?
株式、債券、外貨、金やプラチナあたりがパッと思いつく投資先でしょうか。

そんな中、私が個人的に将来有望な投資の一つと考えているのは「仮想通貨」です。「暗号通貨」と言われることもあります。具体的に言うと世界中で広がりをみせているもっとも有名な「ビットコイン」です。日本初の「モナーコイン」という2chから生まれた仮想通貨もありますが、世界的にはビットコインの方がメジャーです。ビットコイン以外は全て無くなると言っても過言ではないでしょう。

では一体ビットコインとはどういったものなのか、簡単に理解してもらえるよう解説していきます。



BIT COINとは?

ずばりビットコインとは、ネット上に存在する仮想通貨で、国境を超えて利用されている通貨です。まだまだ世界での認知は低く、物品に変換できるインフラも整っていませんが、将来的に物品やサービスに変換できるようになれば、米ドルやユーロを遥かにしのぐ世界最強の通貨になる可能性を持っています。

と、言われてもわかりにくいかと思うのでひとつひとつ解説します。

よくビットコインを説明するときに引き合いに出される電子マネー。ビットコインもネット上でのみ存在する通貨で、紙や硬貨でない点では電子マネーに似ていますが性質は全然違います。

電子マネーは、カードにあらかじめお金をチャージ(入金)しておいて、そのカードで物を購入します。つまり自国通貨(日本の場合は円)ありきで、その通貨を「電子データ」に変えて、データで買い物をします。

なので電子マネーの最大のメリットは「財布からお金を出す煩わしい行為を簡素化する」という点です。さらに電子マネーで払うことでポイントが貯まりその分お得、という点。あくまで「円」という枠から出ない点がビットコインと大きく異なります。

ビットコインは形こそありませんが、「ドル」や「ユーロ」と同じ「円」ではない通貨です。ですから単位もあります。1ドル(USD)、1円(JPY)と同様に「1ビットコイン(BTC)」と表記されます。だからスゴイ、ビットコイン!

さて、この解説である程度ビットコインを理解してもらえたでしょうか?

今現在の1BTCの価値は日本円に換えると、1BTC=105,000円くらいです。(2017年2月現在)

現在発行済の量が1,200万BTCですから、1兆2600億円ほどのビットコインが世界中に流通していることになります。では上限の2,100万BTCで発行終了になったら2兆2050億円くらいしか地球上にないってことでしょうか?

いえいえ違います。

もしも将来コンビニでコーヒーを買うときに「SUICAで」と言っていたのが、「ビットコインで」が普通になっていたとしたら。

もしもどこの国に旅行に行ってもいちいちExchangeする必要がなく、「Bitcoin OK?」「Sure!」という世界になっていたとしたら・・・。

1BTCの価値はどんどん上がります。ビットコインもドルや円と同じ変動為替なのです。もう2度と発行されない通貨だとしたら、さらに価値は上がる可能性があります。

今はまだ日本をはじめ世界でも認知の低い通貨だと最初に書きましたが、そう考えると将来スゴイことになりそうな気がしませんか?全然知られていないのに1BTCが105,000円です。インフラが整い、地球上のみんなに知れ渡った頃には2倍、3倍どころの価値ではなく、10倍くらいの価値に跳ね上がる可能性を秘めています。そうなると1兆2600億円ではなく、12兆6000億円の通貨ということになります。

そんな未来になることに気づいている人達が今ビットコインを購入しています。ちなみに私は去年2016年1月から始めました。その時は1BTC=47,000円でした。それが1年経たずに105,000円になっています。

あくまでも推測ですが、まだまだ価値は上がると考えております。

BIT COIN買うだけで安心なの?

もちろん、買うだけでもビットコインの価値が上昇すればそれだけでも、資産を増やすことが出来ます。ただし、長期投資となり半年~数年とじっと耐えなければなりません。
そこで私がオススメするのはビットコインによるHYIP案件への投機です。比較的ローリスク案件から極めて危険なハイリスク案件まで存在します。初心者は難しそうに思えるのですが、そんな事はありません。
実際に数ヶ月で資産を数倍にされた方も多数おられます。

HYIPとは?

HYIPとはHigh Yield Investment Programの頭文字を取ったもので、通常では考えられないような金利を得られるような投資・投機の案件をいいます。

投資という見せ方をしながら、出資をそのまま金利に直接回しながらぐるぐるやるPonzi(ポンジスキーム)や、そもそも出資金を集めて一瞬で消えてお金を持ち逃げするScamも数多くあります。

HYIPに投資をすること自体は違法ではありませんが、一瞬で資金が無くなるようなこともあります。

ですから、案件の見極めとリスクマネジメントが重要です。

 

基本的には余剰資金で行い、「万が一、案件が飛んでも問題ない」という心持ちで向き合いましょう。

そうすれば、冷静にリスクマネジメントができます。

日本人がHYIPで詐欺られないための危険回避法

ビットコインが広まってから、MLM・ネットワークビジネスからの派生で、日本人も様々なHYIPを始めるようになりました。

ただ、HYIPの特質を知らないがために、多額の資金を失ってしまった方が散見されます。


特にHYIPは、ほぼ全てが海外で運営されているので、ウェブサイトの記載が英語か、日本語で読めたとしても自動翻訳にほぼ等しいものです。

そのため、非常に少ない情報でHYIPを始めてしまったり、誰かからのお勧めを妄信してHYIPを始めてしまったりするケースが非常に多いのです。

もしかしたら、勧めてくれた人も知識不足のために、悪意は全く無かったというケースもあるかもしれません。

ただ、投資は自己責任ですから、結果として損をしたとしても、それはあなたの責任でしかありません。

知識を持っておらず、自分で判断できなかったあなたが悪いのです。


多くあるHYIPでも「間違いなく短期間で破綻する」と断言できるHYIPが存在します。

最低限、そういったHYIPで資金を失わないような、危機回避法を知っておきましょう。


まず、第一前提として「このHYIPは詐欺なのか?」という問いは、全くもって意味が無いということをお伝えしなくてはいけません。

自分の認識では、世の98%のHYIPは詐欺か詐欺まがいのものです。

では、「HYIPは稼げないか?」というと答えは「NO」です。

HYIPは確かに稼げるもので、私も実際に利益を出していますし、200万円の資金を1ヶ月という短期間に800万円まで増やした知人もいます。

案件の中身はいろいろあります。

多くあるようなマイニングや、株式投資、FX投資から、一風変わったスピード違反の取り締まり、海運事業、風力発電など、種類を見ていったらキリがありません。

ただし、案件の中身の真偽というものは、あまり関係はありません。

それっぽい案件でも消える時は消えますし、よく分からないようなものでも続くものは続くのです。

そして、その案件内容が本当なのかどうかは、実際のところ調べきることはできないのです。

ですから、そもそもHYIPの98%は詐欺だと思って関るべきでしょう。



HYIPは投資ではありません。

「投機ゲーム」です。

このゲームの中で利益を上げていくというのが、HYIPへの基本的な向かい方です。

自分が運用している間に、その案件が継続し続け、そして利益を確実に回収するということが最も重要となります。

そう考えると、まずは危険回避で考えるのは、まず確実に超短期間しか続かないと思われる案件を避けるということが重要になります。

もちろん、玄人になってくると、そういった案件に果敢に向かい、短期間で利益を回収するということもできます。

実際、200万円を800万円に増やした知人が運用していた案件は、今は無くなってしまっています。

タイミングを逸していたら、この知人も全資金を失っていたわけです。


では、短期間で終了する、ないしは破綻すると思われるHYIPの特徴を列挙します。

もちろん、全てが全てとは限りませんが、危険度は非常に高いと思ってください。


・500%、5000%と異常な金利をうたう案件(そもそも払うつもりがない)

・日利3%以上で、元本が数日後に戻ってくる案件(取り付け騒ぎでの破綻の可能性が大きい)

・直近にスタートしたにも関わらず簡素なサイト(2016年以降は手の込んだウェブサイトの案件が長続きの傾向がある)

・1時間ごとに入金がある案件(99%短期間に消えています)

・海外の運営者にもかかわらず日本からの参加が極端に多い案件(英語が苦手な日本人を狙い撃ちにする動きが個人的には感じられます)

・急に魅力的なキャンペーンが始まる案件(一気に資金を集めて飛ぶ準備の開始)

・他のHYIPサイトと同じような作りのサイト(テンプレートが200〜500ドルほどで販売されています)

・運営日数が30日未満の案件(長く続いている案件が安全とは一概に言えませんが若い案件は判断が難しい)



これらを避けたからといって100%安全とは言えません。

ただし、自分から見て明らかに危険なHYIPに、いきなり300万円を入れて、数日後に案件がなくなってしまったという話も聞いています。

もちろん、資金は全て失っています。


資産が何十億、何百億円もあって300万円が完全な遊び金というのであればいいでしょう。

ですが、そういった方がHYIP案件を、ちょろちょろ見ているわけがありません。


自分くらいの資産状況ですと、数百万円は大金であり、これを失うのはショックです。

ただし、人生に致命的なダメージを与えるわけではありません。

とは言っても、ゲームを楽しみたいので、リスクマネジメントはしっかりと行っています。



これは投資の格言でありますが、投資で一番大事なのは「退場しないこと」です。

要は全資金を失ってしまい、リカバリ不能になってしまっては終わりだということです。

自分も案件が破綻したり、飛んでしまって、運用資金を失ったこともあります。

数十万円をデポジットしたまま、サイトにアクセスできなくなったこともあります。

ただ、それでもトータルで利益を得られているのは、「最悪の状況」を回避しているからだと思われます。



英語が読めない日本人は、特に危険な香りを察知するのが難しい傾向にあります。

また、英語であれば、日本ではありえないようなことも、本当にあるのではないかと錯覚してしまうケースもあります。

だからこそ、「日本人がHYIPで詐欺られないための危険回避法」というタイトルで記事を投稿させていただきました。

それでは早速行きましょう

STEP

1

ウォレットの登録

オススメのウォレットはCOINCHECKです。初心者でも比較的簡単に登録、入金、送金が可能です。

STEP

2

ウォレットへ入金

入金方法は銀行振込・PAYPAL・クレジットカード・コンビニ決済

STEP

3

ウォレットからHYIPへ送金

LINEサポートにてお教えいたします。

STEP

4

HYIPを毎日確認

複利運用であれば、毎日の確認作業・増資作業が必要となります。

STEP

5

出金

COINCHECKへ簡単に出金出来ます。

STEP

1

ウォレットの登録

オススメのウォレットはCOINCHECKです。初心者でも比較的簡単に登録、入金、送金が可能です。
今すぐウォレットを作る
自動ダウンシステムにより報酬倍増
2017年 期待の案件
流行ること間違いないなし
抜群の安定感!
爆発の予感!
少額な登録費で受取り月最高38Bit(約380万円)
CrazeBTCの上位版 配当も即金
BITCOINのクラウドファンティング
サポート
初心者なので、全然わからない?資金はいくらあったらいいの?エントリー後はどうしたらいいの?

初めての方は特に不安でいっぱいだと思います。

そこで、LINEサポートグループを開設いたしましたので、今後も安心です。

また登録方法等分からない事ありましたら、LINEから友達申請をお願いします。

ひとこと、BITCOINについて質問です。と、コメントくれると嬉しいです^^
後日、詳細をメール並びにLINEにてお知らせします
毎日blogで各HYIPの運用状況更新中