なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

株式会社インテグラルベース mail. info@integral-base.com

公認会計士・税理士・経理の転職情報サイト士業Job運営


監査法人からの転職を目指す若手会計士が多い
監査業務は重要な業務であり社会的に意義のあるものですが、せっかくの会計・財務知識・スキルをもっと広く役立てたいとお考えになる会計士の方は非常に多いです。
会計業界はもちろんのことコンサル、事業会社、金融機関と活躍の場は広く、多くの方を助けることができるその資格とスキルを活かして活躍できる転職先業界等を紹介しています。

監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先
税理士の転職先は会計事務所であるケースが9割だが
最近は独立する税理士は減少傾向にあり、転職が増えたように感じます。
そんな税理士の転職先ですが、会計事務所が大半であり、総合税理士法人、資産税特化型会計事務所、国際税務特化型会計事務所といった形で会計業界の中で細かく細分化された中でのキャリア構築が多くなっています。
ただし、事業会社やコンサルでも税理士の需要はあるため、転職先の幅自体は広がっているものの、勤務されている方々の志向としては会計業界志向の方が多い現状です。
転職意欲が高い方が多いことから、税理士の転職に関する情報を掲載しています。

会計事務所・税理士におすすめの転職サイトと転職に失敗しないポイント

税理士・会計士の転職マーケット

税理士の転職について
新型コロナウイルスの影響で顧問先企業が傾いている会計事務所もある一方で、補助金・助成金関連の業務を行っている会計事務所、資金調達を行っている会計事務所等は仕事が増えており、伸びているところも多いです。
総合的に見て、会計業界は不況に強く、採用需要は高いです。一時期の超売り手市場穂とではないにしても2021年以降も採用を続ける会計事務所は多く、転職には困らないでしょう。税理士試験勉強中の方にとっても試験勉強フォローをしてくれる会計事務所は増えているので悪い状況ではありません。
公認会計士の転職について
監査法人は一時の超売り手市場から普通の採用状況に戻りつつあり、同様にBIG4系のFAS等も採用要件は通常時ぐらいに戻りつつあります。
しかし採用意欲は高いので転職に問題は無いでしょう。
事業会社は明暗が分かれている状況なのですが、IPOは依然として多く、IPO準備に伴い、内部監査・内部統制・CFO候補や経理財務部門マネジャー等のポジションで会計士を求める企業は多いです。
コンサルティングファーム等でもリモートワークOKなところが増えていて転職するには意外と良い状況ではないかと考えられます。
公認会計士の人数 約3万人
税理士の人数 7万6千人
会計事務所業界の労働者 約15万人
離職率 10~20%です(転職が多い業界)
平均年収 926万円(厚生労働省賃金統計調査より)
平均年収 926万円(厚生労働省賃金統計調査より)

転職先事例

公認会計士の場合、事業会社の経理への転職が増加傾向にありました。ワークライフバランスとキャリアの兼ね合いで選択されるケースが多い一方で経理から転職をされる会計士も多く、転職エージェント等からしっかり情報収集をした方がよいだろうなと思われるような方も少なくありませんでした。
税理士の場合は会計業界での転職がメインですが、近年は資産税に興味があるという税理士が多く、法人税務が一通りこなせるようになったことから新しいスキル・強みを持ちたいとして、資産税、組織再編等のジャンルへと踏み込んでいく税理士は多くございました。一方でSPC等の特殊なジャンルは敬遠される傾向にあります。
財務・経理として働いている方が会計業界へと転職されるケースも多くありました。
事業会社内部で働いていた経験というのは大きく活かせることができ、士業はコミュニケーションや提案スキルが弱いことも有り、こうした部分で差別化して活躍している経理パーソンもいらっしゃいます。
財務・経理として働いている方が会計業界へと転職されるケースも多くありました。
事業会社内部で働いていた経験というのは大きく活かせることができ、士業はコミュニケーションや提案スキルが弱いことも有り、こうした部分で差別化して活躍している経理パーソンもいらっしゃいます。

M&Aの需要増により会計士・税理士の仕事は多い

M&A
一時コロナでM&A需要は減りましたが現在でもやはり売りたい、買いたいという需要は高く、フロントからミドル、バックまでポジションが多くあり、会計財務スキルをお持ちの会計士、あるいはM&Aに伴う税務等の分野で税理士が必要とされるケースは多いです。
そのため、M&Aに興味のある方にとっては非常に転職がしやすい状況と言えます。
なお、フロントの場合高い営業力が必要となりますが、会計士資格者などにおいてはこの限りではないためチャレンジするのも良いでしょう。

公式サイト移転

当社の公式サイトが移転になりました。
恐れ入りますが以下よりご覧ください。

よくあるご質問

  • Q
    現在よくある質問は準備中です。
    A
    現在質問は準備中です。
■SDGsに関して
当社のSDGsに関わる取り組みは以下をご覧ください。

北九州SDGsクラブ

cool choice