なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

採用支援事業部 MIP

Antonio Inoki, English: Antonio Inoki, February 20, 1943 -) is a Japanese former professional wrestler, businessman, politician. Representative of the House of Councilors belonging to the independent club (2nd term). Real name: Inoki Kanji (Kanji Enoki). Born in Tsurumi ku Yokohama, Kanagawa prefecture. Blood type AB type. The catch phrase after the establishment of Shin Nihon Prosres is "Burning fighting spirit " (originally "Burning fighting spirit"). The catchphrase in the era of Japanese pro wrestling is "Wakisa". The nickname is "Anton". There are multiple marital status and divorce history, and one of the former wives has an actress's baited Mitsuko. There is one daughter between the double prize. In 1991, I converted to Islam at the Shi'a sacred place Carbara in Iraq, and the Muslim name is "Mohammed Hussein" .

Former WWF (current WWE) heavyweight champion, UWA world heavyweight champion, NWF heavyweight champion.

Pro wrestling active age is active in the founding of New Japan Wrestling and different fighting fighting.

必殺技

卍固め

ゴッチ直伝。猪木の最もポピュラーな必殺技。別名アントニオ・スペシャル。当初はオクトパス・ホールド(蛸固め)と呼ばれたが、一般公募により卍固めと命名された。第11回Wリーグ戦の決勝でクリス・マルコフに決めたシーンが最も印象的。この技の使い手は多いが、猪木の、体に巻き付く感じは独特だという。初公開は昭和43年12月13日に後楽園ホールでのタッグ戦でブルート・バーナードに決めた。1977年7月15日には新卍固めも初公開した。

延髄斬り

ジャンプして相手の後頭部を蹴りつける。古舘伊知郎が「修羅場くぐりの延髄斬り」とアナウンスした通り、猪木の数々の危機を救った切り札的な技。アリ戦の際に開発されたが、公開練習で使用したため、アリからのクレームでルールにより使用できなくなった。後のチャック・ウエップナー戦で初使用するが、失敗。初めての成功はキム・クロケイド戦だった。引退試合でも見事に決めている。

リバース
インディアン
デスロック

うつ伏せにした相手の両足をクロスさせ、自分の片足を中央に差し込んで固定し、後ろ受け身の要領で倒れ込み、ダメージを与える痛め技だが、倒れる際に、手を叩いて観客にアピールする場面は、全盛期の猪木の見せ場であった。

名言

「道」と題されたこのアントニオ猪木の有名な言葉は、1998年4月4日に東京ドームで実施された引退記念試合後のスピーチでアントニオ猪木が披露した詩です。

引退記念試合のスピーチで披露するほど、猪木にとっては「自分の人生そのものを表すような大切な言葉」だったと推察されます。

日本プロレス入団、アメリカ武者修行、新日本プロレスの旗揚げ、そして、「プロレスこそ全ての格闘技の頂点である」その最強を証明するためにボクシング世界チャンピオンのモハメド・アリとの格闘技世界一決定戦など誰もが踏み出さなかった「一足」を踏み出し、自ら道をつくり続けた猪木の人生そのものを表現しているようです。

闘魂ビンタの原点

編集者

樋口 新(ひぐち あらた)

レジェンダ・コーポレーション株式会社

大学卒業後、新卒で大手流通企業(CVS)に入社。SVとして計80店舗の業務改革、売上UPに貢献する。5年後、レジェンダ・コーポレーション株式会社入社。以降一貫して企業の採用活動支援を行う。難易度の高い採用のプロジェクトマネジャーを歴任後、部長に就任。データに基づいて採用活動の効率化・最適化を目指す、人事データ分析サービス「データインサイト-R」やHRテック導入を各社に推進している。