インフラエンジニア転職
 

Webエンジニア、エンジニア、インフラエンジニア転職 IT業界、WEB業界 Webエンジニアへ転職するまで、エンジニアへ転職し起業するまで成長の軌跡

インフラエンジニア仕事内容の全知識

インフラエンジニアとは

そもそもインフラエンジニアとは一体何をする仕事なのでしょうか?
インフラとは「インフラストラクチャー」の意味です。
広義のインフラとは基盤になる道路・鉄道・水道・発電・空港などの社会的な設備や仕組みを指します。
これが転じてIT業界ではコンピュータシステムのデータ・通信・情報のやりとりそれに付随するものをITインフラと呼びます。
インフラエンジニアとはこのインフラシステムを構築したり保守を行ったりするエンジニアのことを言うのです。


インフラエンジニアの仕事内容

では具体的にインフラエンジニアの仕事内容は何をしているのでしょうか?
インフラエンジニアはご説明したようにインフラシステムを作るのが仕事です。
一体どのようなインフラシステムを作るの?というとそれは携わる業務や現場によりまちまちです。
何しろITインフラはいたる業種で活用されており、今やこれがなければ我々の生活は成り立たないといっていいほどです。

金融機関のサーバー構築・DB構築・ネットワーク構築
通販会社の基盤構築
ゲーム会社でのサーバー構築・運用
通信会社でのネットワークシステム基盤構築

これは一例にすぎませんが、とにかくデータや情報・通信・情報のやりとりをするバックボーンを支える仕事という認識をもっていれば大丈夫です。


インフラエンジニアの仕事の業務領域

次にインフラエンジニアの仕事の業務領域についてお話していきます。
インフラエンジニアは大きくわけて3つの業務領域にわかれており、それぞれ専門性をもっています。
インフラエンジニアはキャリアを積むと、いずれかを専門に知識やスキルを高めることが一般的です。
複数領域対応できるエンジニアは極めて少ないです。

→サーバーエンジニア
サーバーエンジニアはインフラの中でも重要なサーバーの専門家です。
サーバーとはサービスを提供するコンピューターで、我々が普段使っているサービスもサーバーの技術によって支えられています。
少し専門的な話になってしまいますが、WEBサーバー・Mailサーバー・SSHサーバー・DNSサーバーなどサーバーにも種類があります。
サーバーエンジニアの役割はサービスの目的に応じてサーバーシステムを構築したり刷新したり運用保守を行ったりすることです。

→ネットワークエンジニア
ネットワークエンジニアはインフラの中でも重要なネットワークの専門家です。
ネットワークとは複数のコンピューターシステムを接続する技術です。
企業内で数百台のPCを接続するLANもそうですし、地理的にはなれた場所のデータをやりとりするWANもそうです。
また、インターネットは世界中のネットワークを相互的に接続していますので、もちろんこれもネットワークエンジニアの業務内容です。

→データベースエンジニア
データベースエンジニアはインフラの中でなくてはならないデータベースの専門家です。
データベースとはデータを収集し検索や蓄積がされるような形で保存された情報の集まりです。
データベースを設計したり最適な形で保存したり、それを運用したりというのがメインの仕事になります。
また、これからビッグデータ時代を迎え市場からの需要はさらに高まるのがデータベースエンジニアだと言われております。


インフラエンジニア未経験者の年収

インフラエンジニア未経験(社会人経験なし)の年収

インフラエンジニア未経験(社会人経験なし)の年収相場は300万円~350万円程度です。
また、インフラエンジニア未経験(社会人経験なし)の場合でも高卒・大卒・院卒など学歴によって基本給が変わってきます。
入社後は1~3カ月程度の研修期間を経て現場に出るパターンが最も多いのですが、研修期間中は基本給から手当など減額されるケースもあります。

インフラエンジニア未経験(社会人経験なし)の場合、社会人として最低限のマナーは研修中に教育があります。
ただし、不安に思っている方は自分で書籍などを購入し勉強していくようにしましょう。
電話対応・敬語の使い方・取引先とのやりとりのマナーなど知らないと恥をかくこともよくあります。


インフラエンジニア未経験(社会人経験あり)の年収

インフラエンジニア未経験(社会人経験あり)の年収相場は300万円~380万円程度です。
年収面では社会人経験なしより若干優遇されるケースが多いのですが、企業の方針や考え方によります。

インフラエンジニア未経験(社会人経験あり)の場合、前職の年収を考慮してくれる企業も少なくありません。
自身の希望年収や前職の年収を伝えることで有利な条件を引き出せるケースもあります。

また、希望年収に届かない場合でもインフラエンジニアの場合はキャリアを積めば年収があがっていきます。
企業によっては未経験者から入社したエンジニアの年収ベースや、どのようにすれば年収がアップするかなど明示してくれるケースもあります。
もし年収面が不安なようであれば面接時にざっくばらんに質問してみてもいいでしょう。

社会人経験ありの場合、PC操作やワードやエクセル・パワポなどを使えるのは当然と思われているためもし弱点があれば入社前に学習しておくようにしましょう。


インフラエンジニア未経験(IT業界経験あり)の年収

インフラエンジニア未経験(IT業界経験あり)の年収は350万円~450万円程度です。
IT業界でどういった経験をどれくらいしてきたかという事で年収のレンジは様々です。

極端な例ですが、前職でバリバリ開発をしてきてインフラに興味を持ったというケースもあります。
実務でサーバー構築を行ったり、インフラに携わる仕事をしていれば年収が高めに設定されるのは当然です。

インフラエンジニア未経験(IT業界経験あり)の場合は前職での経歴書をしっかりと面接時にアピールすることが重要になってきます。
自分が何をしてきたのかを的確に話ができないようではせっかく経験があっても逆効果になってしまうからです。
不安な人は転職エージェントに相談するなりして面接対策をしてもらいましょう。


インフラエンジニアはどれくらい稼げる?

ここまでインフラエンジニア未経験者向けの年収相場についてお話してきました。
ところでインフラエンジニアとして経験を積むとどれくらい稼げるのでしょうか?

一般的なSEクラスで年収は600万円~1000万円が標準と言われております。
設計・構築・保守までワンストップでできる経験者になれば市場からの需要は非常に高く転職市場非情では引っ張りだこです。

もちろん完全未経験者ですといきなり高水準の年収を実現するのは現実的ではありません。
しかし3年~5年も経験を積めばスキルや知識も高まってきますので、年収もそこそこのラインまで上がってくることが見込めます。
また、自分の努力次第で年収はアップしてくるという点が未経験者にとっては何よりの魅力と言えるのではないでしょうか。


インフラエンジニアのやりがい


せっかく未経験から仕事を選ぶのであればやりがいのある仕事につきたいですよね。
ではインフラエンジニアのやりがいとは一体なんでしょうか?
実際に現役インフラエンジニアなどの声を聞くと以下のような意見が多いようです。

・社会的貢意義を感じることができる
・仕事を通じた充実感・達成感を得ることができる
・学習することが多く、向上心を満たすことができる

インフラエンジニアのやりがい①社会的貢意義を感じることができる

インフラエンジニアのやりがいとして社会的意義を感じることができるという点があげられます。
我々が日常的に使っている環境は全てインフラ基盤によって成立しています。

・電車に乗って会社まで行く
・銀行のATMでお金をおろす
・ネットショッピングを行う
・スマホのアプリで遊ぶ

例を上げればきりがありませんが、いかにインフラ基盤が我々の生活に密着した存在かご理解いただけるのではないでしょうか。
このように多くの人間に影響を与えるのがITインフラ基盤を支えるエンジニアなのです。社会的責任のある仕事に関与できるのは大きなやりがいの一つといっていいでしょう。

インフラエンジニアのやりがい②仕事を通じた充実感・達成感を得ることができる

インフラエンジニアのやりがいとして仕事を通じた充実感・達成感を得ることができるという点があげられます。
インフラエンジニアの業務というのは、規模が大きいのは当然ですが難易度の高く技術力の求められる仕事がほとんどです。

そしてユーザーの意図をくみ取り納期までにいかに効率的に頭をひねり関係者と協力しながら進めていくことになります。
技術面・スケジュール・予算・関係各所との折衝・マネージメントなど考えることは多岐に渡ります。
そのため簡単な仕事では味わう事ができない充実感・達成感を得ることができるのです。

また、多くの場合チームで協力しながら業務を推進していきます。
同僚やチームメンバーとも長い間苦楽を共に時間を過ごすとこになるため、プロジェクトがうまくいった時の喜びはひとしおです。

インフラエンジニアのやりがい③学習することが多く、向上心を満たすことができる

インフラエンジニアの業務領域は多岐に渡ります。
よりユーザーやクライアントの要求にこたえ高いパフォーマンスを発揮するには特定分野の知識だけではとても足りません。
向上心を満たすことができるのもインフラエンジニアエンジニアのやりがいと魅力です。

サーバー・ネットワーク・DB・セキュリティー・マネージメントなど一生勉強しても学べないほど膨大な知識とノウハウが存在します。
また、それに付随した資格も非常に多く世の中に出回っています。
向上心や知識欲の強いエンジニアにとっては勉強すればするだけ自分の能力がアップしたのを感じることができます。


インフラエンジニアの魅力

インフラエンジニアの魅力についてご説明させていただきます。
やりがいはどちかというと精神的な面、魅力は賃金などの現実的な面をポイントとして上げる方が多い傾向になりました。

インフラエンジニアの魅力①安定した職種である

インフラエンジニアの魅了として一番にあげることができるのは安定性です。
何しろインフラエンジニアの仕事はなくなることはありませんので、経験者であれば食いぐれることはまずないでしょう。
同時に対外的な印象も決して悪くありません。
「IT業界でインフラエンジニアとして働いている」と言えば堅実な印象を持たれますし、
人によっては高収入というイメージを持つ方もいるかもしれません。

また、安定した職種という事は転職市場でも人気があるという事を意味します。
現にIT業界のインフラエンジニアの市場価値は非常に高い水準です。
まさに売り手市場という言葉がぴったりでこれはインフラエンジニアの大きな魅力といえるでしょう。

インフラエンジニアの魅力②専門性を高めることで様々なキャリアプランを構築できる

インフラエンジニアの魅力として専門性を高めることで様々なキャリアプランを構築できるという点があります。
未経験で業界に入り、SEとしての経験を積んだあとのキャリアはざっとこのようなものがあります。

PM・PMO・・・プロジェクトのマネージメントを行う。インフラ全般の知見やマネジメントに関する知識が必要とされる
スペシャリスト・・・サーバー・ネットワーク・DBなど特定領域のプロフェッショナル。
コンサルタント・・・ユーザーや企業に対してコンサルティングを行う。インフラの知見はもとより、業界での充分な経験が必要とされる。

また、正社員以外でもフリーランスエンジニア・個人事業主や起業とも非常に相性がいいのがインフラエンジニアです。
自身のスキル次第では様々な道があるという点がインフラエンジニアの魅力です。


インフラエンジニアの魅力③高収入を実現できる

インフラエンジニアの魅力として高収入を実現できることが上げられます。
IT業界の中でもインフラエンジニアは年収が高い業種で年収1000万円以上を実現するのはそう難しいことではありません。
理由は
・インフラエンジニア自体の専門性が高く、知識や経験が必要なため需要が高い
・特定領域の人材が枯渇しているため年収が上がりやすい
・コンサル案件など上流工程の仕事が特に多い

インフラエンジニアの場合、IT業界の中でも実力主義の傾向が強いです。
転職活動においてもそこまで学歴の影響は少ないため、頑張れば稼げるというのが大きな魅力と言えるでしょう。


インフラエンジニアは激務なの?

「インフラエンジニアに興味があるけど体力勝負の仕事は嫌だ」「どれくらい残業があるんだろうか」「夜勤はあまりしたくないなあ」このような不安を持たれている方も多いのではないでしょうか?

インフラエンジニアがきついと思われている理由の代表的なものをあげてきました。

・夜勤対応の現場がある
・シフト勤務の現場がある
・単調な作業をしなくてはいけない

これは業界の外から見たイメージとして取り上げられがちなのですが、現役のインフラエンジニアから見ると現実は大分違っていたりします。
(例えばインフラエンジニアだから夜勤があるとは限りません)
それは参画しているプロジェクトや所属企業によって、勤務体系や業務領域など全く事情が異なるため一概にはいえないケースがほとんどだからです。
「未経験からインフラエンジニアになりたい」と思っている方にとって重要なのは先入観にとらわれず業界の現実を理解することです。


検証①夜勤対応の現場がある

インフラエンジニアの場合、夜勤対応がきついというイメージに繋がっているようです。
確かにインフラエンジニアは夜勤対応がある現場があります。
しかし夜勤業務というのはインフラ案件全体の割合としてはそこまで多いものでもありません。

結論から言うと未経験入社でも日勤対応のみの現場も非常に多いため、インフラエンジニア=夜勤というイメージは捨ててOKです。

夜勤が生まれる背景とシフト勤務の詳細についても記述させていただきましたので、参考にしてみてください。

社会基盤を支えるインフラはストップすることがなく、常に稼働し続けている必要があります。
システムの最適化や故障対応、バックアップやトラブル対応の作業はインフラエンジニアの仕事の一部なのですが、日中帯でだけでなく夜間も業務が発生します。
そのため夜勤対応の必要があるのです。

夜勤の有無は以下のようなものに影響されます。

企業がどういった領域の業務を請け負っているのか
あなたが配属されるチーム体制

また、夜勤対応が発生する場合その頻度についてはまちまちです。
多いのは以下のようなパターンです。

週に1~2回程度、交代制で夜勤対応するケース
月に1~2回程度、交代制で夜勤対応するケース
3交代制で夜番になったら夜勤対応するケース

検証②シフト体制の現場がある

シフト勤務がきついというイメージに繋がっている面もあるようです。
先ほど述べたように社会基盤を支えるインフラは24時間稼働しています。
エンジニアは夜勤だけでなく、ローテーションでシフト勤務になる現場に入ることがあり、
インフラエンジニア=過酷な労働という先入観を持たれる方もいるようです。

ちなみにシフト勤務だからといって長時間労働を強いられるという訳ではありません。
基本的には8時間勤務(1時間休憩)で始業時間と就業時間が変則的になるイメージです。
多くは2交代・もしくは3交代のシフト制が適用されています。

企業の求人サイトでもシフト勤務の場合は明記されていますので、シフト勤務を希望しない場合はそういった企業を選ばなければ問題ありません。
インフラエンジニア求人の全体数からいえばシフト勤務はそこまで多くはありません。


検証③単調な作業をしなくてはいけない

インフラエンジニアは単調な作業をするので精神的につらいと思っている人も多いようです。
おそらくこれは監視オペレーターの定型作業や待機時間から生まれてくるイメージだと思います。
運用監視やオペレーターの業務というのは作業マニュアルが決まっていますし業務中ずっと忙しいということはありませんので、このようなイメージを持たれるのは理解できなくもありません。

しかしどのような仕事でもクリエイティブな時間帯ばかりではありません。
(これは監視オペレーターに限ったことではないのではないと思います)

むしろインフラエンジニアとして経験を積むと顧客折衝・設計・構築・運用・マネージメント・ドキュメント作成・スケジュール調整や社内調整など多岐に渡る業務を担当することになります。

刺激的な現場も多いですし、やりがいを感じる局面は多々あると思いますので「単調な作業が多いの?」という面で考えると心配ご無用、という事になると思います。