愛知県三河エリアで受けるカウンセリング

穂の国カウンセリングルーム

(専門分野:夫婦/親子関係、虐待/トラウマ、ジェンダー/セックスに関する相談)

マイクロ・アグレッションに伴う小さなトラウマ体験からの回復を主要課題としています。
その際、当相談室では被害者も加害者も等しく大切な存在として扱われます。
(加害者の情動の背景にある、過去の被害者性を否定しません)


※マイクロ・アグレッション(英語: Microaggression)とは、1970年にアメリカの精神医学者であるチェスター・ピアスによって提唱された、意図的か否かにかかわらず、何気ない日常の中で行われる言動に現れる偏見や差別に基づく見下しや侮辱、否定的な態度のこと。

NEWS 2021.2.7 リラックスできるようインテリアを新しくしました。

NEWS  2020.12.1   開業して1年が経ちました。

昨年12月に開業し,無事1年が経過しました。この1年当相談室と関わって下さった皆様には心より感謝申し上げます。世界規模で変化の大きい1年に,緊張・不安が強まる生活を経験しました。しかし個人的には自粛生活もまた一つの機会と捉え,学会誌投稿論文を4本執筆するなど(通常なら年1本が限界でありかつてないハイペースでした),この時期にしかできないことに集中しました。相談室としては,子どものことに関しての親御さんからの相談を多く承まりました。子どもといっても,未就学児の方から成人の方まで年齢層は幅広く,特に男性のお子さんに関する相談が多いことは,傾向として顕著に現れていました。個人の心という観点だけではなく,社会・文化的な観点からも状況を理解していく必要性を感じた1年でした。
(2020.12.1  開業2年目を迎えるにあたって)

2019.11.29

東愛知新聞、1面に御掲載頂きました。

2019.12.19

中日新聞、三河版に御掲載頂きました。

2020.2

「心理臨床学研究」に研究論文が掲載されました。

<ごあいさつ>

「漠然とした不安感」
「何となく生きづらい」
「自分を肯定できない」

これらとは無関係に
生きられない現代。


今日が明日と
同じであったら困る・・。

今週と来週が
同じであったらもっと困る・・。

今月と来月が
同じであったら
どうしようもなく困る・・。


これらは「日常性」に
綻び(ほころび)がある状態です。


この「日常性」を回復させる
とこんな風に変わります。


今日と明日が
同じであるなら大丈夫。

今週と来週が
同じであるなら
もっと大丈夫。

今月と来月が
同じであるなら
果てしなく大丈夫。


こんな毎日が送れたら
どれほど気楽なことでしょうか。


ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー


改めまして
中西康介(なかにしこうすけ)
と申します。


これまで心療内科クリニックで10余年の間に
1000
人以上の方と共に

のべ2万回以上の
心理カウンセリングを
営んで参りました。


対象は年齢・性別・職業
ともに幅広く
特に「思春期~40代」の若年層の方

(長寿社会になった現代では
  40代も若手と考えています)
を多く任されてきました。


初回のみで
完結することも
ありますが

セッションの回数が
100回を超える方や

期間にして5~10年以上の
お付き合いの方も
珍しくありませんでした。


私の専門職者としてのモットーは
"クライアントの調子が
   良くなったら
  クライアントのおかげ"

 "クライアントの調子が
 わるくなったら
 カウンセラーの力不足” 
です。



これと逆のパターンに陥るのは
簡単です。


我々のような仕事は
成果が目に見えづらく

またそれが
何年も先のことだということも
珍しくありません。



それゆえ
目に見える成果があると
ついカウンセラーは

自分のカウンセリングの
おかげだと
自画自賛してしまいます。


あるいは目に見える
わるい出来事が起きた時は

クライアントの
性格や行動のせいに
してしまいがちです。


よくよく
考えてみると

これはカウンセリングに限らず
日常生活に
ありふれた光景ですね。


しかしこの
カウンセリングの場だけは
そうではない
時間・空間でありたい。



そのために
我々は仕事の合間をぬって
諸先輩方に習いに行き

学びと経験を学会で発表し
論文や書籍として文章に残すのです。

     
ーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーー

これまでとこれからの
学びと経験を

故郷である愛知県
三河エリアにて
恩返しできれば幸いです。

皆さまの今日の安心が
明日の安心へと
継続されていくよう

精一杯お手伝いさせて
頂きたいと思います。


(「個人情報の保護」「守秘義務」
 に関しては「公認心理師法」
 に基づき厳守いたします。)


ーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーー

◇取得資格◇
臨床心理士(認定番号:16660)
公認心理師(認定番号:5559)
医療心理士(認定番号:11104)
人間科学修士(2005年3月修了)


◇所属学会・研究会◇
日本心理臨床学会
日本臨床心理士会
日本精神病理学会
日本心身医学会
愛知県臨床心理士会
対人援助学会
心身論研究会
自己と質的研究会


◇経歴◇
愛知県生まれで
御油小学校・豊川西部中学校
国府高校までを豊川市で過ごしました。

立命館大学大学産業社会学部
立命館大学大学院応用人間科学研究科
を経た後

リクルート社にて
求人広告の企画営業職に
携わりました。


その後臨床心理士資格を取得し
以降心療内科クリニックにて
常勤心理療法士として修業に励みました。


また民間企業での
メンタルヘルス・サポートの仕事を

(EAP:従業員支援プログラム)
現在まで約10年間業務委託継続中です。


◇現在◇
・豊田市スクールカウンセラー
・民間企業内カウンセラー
・立命館大学大学院人間科学研究科
 後期博士課程在学中(社会人学生)

ーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーー

◇単著◇
「家族と向き合う不登校臨床」
 誠信書房(2017年7月)

◇学術論文◇
「“統合失調症”と“自閉スペクトラム症”の概念比較における多重規範」
   心理臨床学研究(2020年2月)

「不登校児への治療的関わりに
 おける父性の果たす役割」
 心理臨床学研究(2014年8月)

◇国際学会発表◇ 
ケベック(カナダ,2007年8月)
トリノ(イタリア,2009年9月)

◇国内学会発表◇ 
20回以上(2007年~現在)

◇受賞歴◇ 
2003年 立命館大学大学院
前期博士課程 特別奨励奨学金A給付

2017年 10年間継続勤務と地域
医療の発展への貢献に関する表彰
一般社団法人西尾幡豆医師会

2018年 立命館大学大学院
後期博士課程 研究奨励奨学金A給付

2020年 立命館大学大学院
後期博士課程 研究奨励奨学金B給付

御相談のシステム


①対面カウンセリング
(出張・ご家庭訪問も可能です)


【時間】
年中無休です。
午前9時が最初の枠で
最終は20時の枠となります。

平日・土日・祝日も
受け付けております。

【場所】
愛知県豊川市御油町
(岡崎寄り)の
個人宅の一室にある相談室です。

心が落ち着けるよう
和室を用いております。
(椅子あり)

西尾市近隣の方向けに
「レンタルスペース」を
借りております。

御自宅や職場への訪問依頼も
歓迎しております。


【方法】
カウンセリングは
クライアントと
カウンセラーとの共同作業です。

利用される方の
目的意識に合わせて
柔軟に対応させて頂きます。

夫婦・親子など
複数人でのセッションも
可能です。
(1枠に対する料金は変わりません)


一言でカウンセリング
と言っても
カウンセラーの数だ
けアプローチは異なります。

私はこれまで

・来談者中心療法
・認知行動療法
・精神分析的心理療法
・現存在分析的心理療法

・家族療法
・ナラティブ(物語)セラピー
・遊戯療法(プレイセラピー)
・マインドフルネス

これらについて

その基本的な姿勢を
学んで参りました。

 
逆に言えば
一つのアプローチを
探求してきたわけではありません。

しかし全てのアプローチに
共通するのは
主役はあくまで
クライアント自身であり

セラピストは
クライアントが生きたい
人生を生きるための
きっかけに過ぎないのです。


先にアプローチの方法
ありきではなく
一人一人の方のニードに合わせて


諸先輩方が築き上げてきた
伝統的な治療のエッセンスを
カウンセリングの中に

織り交ぜていくのが
私の「技法」
というよりも「姿勢」です。

【初回応募の流れ】
以下に具体的な
流れをお示しします。  

              
step.1  「ご予約日時の決定」

①申し込みフォーム・電話
 メールにて希望日時を
 おっしゃって下さい。

②相談室の空き具合をもとに
 日時を調整しこちらから
 お電話にてお伝えいたします。

③来院日時の擦り合わせをします。
    ↓
step.2  「御来室」
①初回はなるべく時間には
 余裕を持って起こし下さい。

②スタッフが室内に
 ご案内いたします。

③簡単なアンケートの記入を
 お願いします。
④こちらから守秘義務等について
 同意説明をいたします。

  ↓
step.3  「カウンセリング開始」
①初回は主な来院動機
 生育歴・家族構成・生活状況
 心身の健康状態等

 こちらからお聞かせ頂きたい
 内容が多めとなります。

②話しづらい内容は
 無理して話されなくても
 大丈夫です。

  ↓
step.4  「カウンセリング終了」
①初回でお話頂いた内容
 要望について
 当相談室としてどのように

 アプローチしていけるかについて
 (できないことも含め)
 お伝えいたします。

②それについて納得を頂けましたら
 以降のおおよその

 通っていただく回数や時間
 進め方について
 一緒に話し合います。

③もちろん継続を
 希望されない場合でも
 初回で気づいたことや

 今後の生活に活かせる内容を
 可能な限りフィードバックを
 させて頂きます。

※こちらから継続を強いることは
 ありませんのでご安心下さい。

御相談のシステム


②オンラインカウンセリング


<時間>
年中無休です。
午前9時が最初の枠で
最終は21時からの枠となります。

平日・土日・祝日も
受け付けております。

<場所>

直接お越し頂く必要が
ありませんので
お好きな場所でご利用頂けます。

海外や遠隔地在住の方にも
オススメです。

<方法>
基本的には
対面カウンセリングと
同じです。


以下の方法があります。
ご希望に沿って対応いたします。

①パソコン(ZOOMアプリ使用)
②LINE通話
③一般電話(通話料はかかりません)

時間は1時間です。
料金等の詳細は直接お問い合わせください。


※こちらから継続を強いることは
 ありませんのでご安心下さい。

対応可能な御相談内容
(これまで担当したケース)


<家族関係>

親子関係、夫婦関係、セックスレス、性的逸脱、離婚問題、結婚活動、共依存、DV、虐待、借金、差別(出自・国籍・犯罪歴)宗教問題、洗脳、ハラスメント全般、基本的な法律問題、離婚調停への同行・調停委員に提出する心理鑑定書の作成

<労働問題>
就職・転職・休職・退職相談、社内の人間関係、ブラック企業、モラハラ、パワハラ、セクハラ、賃金未払い、傷病手当金の受給、基本的な法律問題、弁護士案件かどうかの見極め

<身体の問題>
自己免疫疾患(ネフローゼ症候群・シェーグレン症候群・クローン病・潰瘍性大腸炎・関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・甲状腺機能異常)、アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎・喘息)、癌、糖尿病、過敏性腸症候群(IBS)、慢性便秘症、脱毛症、過換気症候群、片頭痛、めまい、過緊張、肩こり、高血圧、不整脈


<心の問題>
うつ、パニック、社交不安症、自律神経失調症、統合失調症、躁うつ、認知症、不眠、慢性疲労、燃え尽き症候群、強迫症、神経症、心身症、LGBT、摂食障害、パーソナリティ障害、対人恐怖、悲嘆・遺族ケア、依存症(アルコール・ギャンブル・ゲーム・セックス・薬物)、性違和・不一致、適応障害、愛着障害、自傷行為、孤独感、トラウマ、PTSD、アダルトチルドレン、発達障害(ADHD・自閉症・アスペルガー)、HSP、不登校、チック、夜尿、医療機関受診の見極め


御相談の対象となる方

年齢・性別・職業・信仰・思想信条に関わらず
どのような方でも可能な限りご対応させて頂きます。

◎スーパーバイズとは◎
対人援助の仕事に関わる方(スーパーバイジー)が
見立て・治療の能力を高めるために
指導者(スーパーバイザー)から指導を受ける過程です。
継続的な訓練を受けることで専門的スキルを
向上させることを目的としています。

◎方法◎
スーパーバイジーは自分が担当したケースを
スーパーバイザーに報告し面接過程についての意見を求め
今後の面接・指導・治療に活用します。


◎進め方◎
1回のセッションは1時間です。
ペースは相談のうえですが
2週間~1ヶ月に1回の方が多いです。
(20回/1クールです)

※料金等の詳しいご案内は
 直接お問い合わせ下さいますよう
 宜しく御願い申し上げます。

ご利用料金につきましては
お電話にて直接お問い合わせを
頂ければと思います。

※初回ご予約後のキャンセルをされる場合
 カウンセリング料金と同額のキャンセル料を頂きますので
 じっくり考えて御予約をお取りください。
(他の方の御予約を断って、その枠の確保・維持に務める必要があるため)


    
【単著】

思春期における不登校の子どもとその家族との付き合い方に関する実用書。病院臨床における事例をもとに、現場にいる援助者が臨床のなかで応用できる治療的アプローチを紹介。同時に、方法の根拠となる原理原則についても問いなおす。2017年公刊。

詳しい内容紹介ページ(Amazon書籍コーナー内)

【情報誌】

人の心に向き合うための情報誌「ケアメディア」2018年新春号 掲載「著者に会うー臨床心理士 中西康介さん」
「行かせるべきか」「休ませるべきか」ではなく不登校をめぐる新たな問いを探して

ケアメディアホームページ

【新聞】

東愛知新聞2017年11月4日社会面に掲載

<不登校と向き合う極意>
「最近はいじめた子は誰かなど、単純な犯人探しに走る傾向がある。学校に行けない理由が分からない子も多い。思春期の特性を理解し、不登校になるまでの物事の積み重ねや環境に目を向ける必要がある」

【新聞】

愛三時報2017年9月2日第二面に掲載
不登校について、最新のトピックや歴史的変遷、海外との比較、不登校の予後、保護者との積極的な関わり、登校復帰へのアプローチと出来なかった後の対応など、10年間に及ぶ様々な経験と研究成果を一冊にしている。

建物の外観

閑静な住宅街にあります。
駐車場は2台分あります。

建物内から見る
外の風景

敷地内は緑に覆われており
日向ぼっこにも最適です。

カウンセリングルーム
(近距離から)

以前はパッチワーク教室や
トールペイント教室に使われていたため
それらの作品をオブジェに用いています。

カウンセリングルーム
(室外から)

左隅にある「他力」の習字は
誰もが「助けて」を人に言える社会を
実現したいという願いでもあります。

ご予約方法について

完全予約制
・お電話(8時~21時)
・申し込みフォーム(24時間受付)
にて受け付けております。

※カウンセリング中などにより
 留守番電話になった場合

お手数ですがメッセージを
残していただくか
申し込みフォームまたは
お電話にて直接ご連絡ください。

折り返しのご連絡は24時間以内
必ず対応致します。

※折り返しのご連絡は電話のみ可能です。
(メールのみでの御予約は受付ておりません

万が一、24時間を過ぎても
返信のない場合には
何らかのトラブルが
発生している可能性がございます。

恐れ入りますが
再度お電話かメールにてご連絡いただけますよう
宜しくお願い申し上げます。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
所在地:〒441-0211 愛知県豊川市御油町西沢151
駐車場2台スペース有
・「メナード化粧品」の左隣
・御油小学校南門から徒歩1分

お近くまで来て迷った場合
遠慮なくお電話下さい。

名鉄本線国府駅よりお車で8分
(徒歩25分)

名鉄本線御油駅よりお車で5分
(徒歩15分)

相談室の環境・私自身の心の状態
全て整ったうえで
利用者の皆様をお出迎えしたいため
早めに到着した場合でも
定刻までお待ち頂いたうえでチャイムを鳴らしてください。


その他ご不明な点等ございましたら
下記電話番号にご連絡下さい。

090-5663-0500