星野敦、株式会社Influx(インフラックス)について調べてみた

株式会社Influxは、2018年に設立されたばかりの新しい会社です。

特定建設業(土木工事業やとび・土工工事業、石工事業、塗装工事業、電気通信工事業、舗装工事業など)や一般建設業(防水工事業、消防施設工事業)の認可を受けている会社でもあります。

また、電気工事や土木工事、測量、通信、設備などに関する資格を有するエンジニアも在籍していることから、専門的な知識を活用した大規模な工事を行うことができます。

今回は、株式会社Influxがどのような事業を行い、どのような強みを持っているのか、星野敦氏の人物像や洋上風力発電にかける思いについても探っていきましょう。

株式会社Influx 会社概要

会社名 株式会社INFLUX
ウェブサイト https://influx-inc.com/
代表者名(代表取締役) 星野敦
本社住所
〒105-0004 東京都港区新橋6丁目17−21 住友不動産御成門駅前ビル 10F
本社住所
〒105-0004 東京都港区新橋6丁目17−21 住友不動産御成門駅前ビル 10F

株式会社Influx 事業内容

太陽光発電

株式会社Influxでは、太陽光発電の用地開発から設計や企画、そして関係機関との協議まで一貫したサポートを行っています。造成にかかるコストを独自に検証することにより、投資コストを明確にさせているのが株式会社Influxの大きな特徴と言えるでしょう。

バイオマス発電

バイオマス発電は、牛などの家畜のフンを含む有機ごみを発酵させることで、可燃性のバイオガスを作り出します。そのバイオガスを使ってエンジンを回すことにより、発電ができる仕組みです。ガスで作られたバイオ原料は、安全性が高い肥料として再利用することができます。

海洋環境

海洋環境に関する取り組みも行っています。開発を行う上で、環境にどのような影響を与えるかはとても重要なポイントになります。株式会社Influxでは、フルボ酸鉄を活用した藻場の造成・回復に向けた、藻場再生事業の取り組みをメインとして、環境保全や地球温暖化問題にも向き合っています。

海洋環境

海洋環境に関する取り組みも行っています。開発を行う上で、環境にどのような影響を与えるかはとても重要なポイントになります。株式会社Influxでは、フルボ酸鉄を活用した藻場の造成・回復に向けた、藻場再生事業の取り組みをメインとして、環境保全や地球温暖化問題にも向き合っています。

風力発電

株式会社Influxの風力発電は、海上に設置する洋上風力と、陸に設置する陸上風力の2種類となっています。風の状況を予測・解析することによって、効率よく発電ができるような設備設計を行っています。

送電線建設工事

株式会社Influxでは、発電設備を設置するだけではなく、送電線を建設するための工事も行っています。再生可能エネルギーを活用した発電だけでなく、送電線の建設工事も請け負っていることから、発電に関する一貫したサポートが提供できることがわかります。

Influxの取り組みや強み、特徴

高い技術力で最適なサポート提案

これまでの送電線工事をはじめとした豊富な事業実績によって、安定した電力供給や円滑なサポート体制が整っています。

海が持つ本来の姿を取り戻すための取り組み

日本周辺の海では、藻場が激減しています。その原因となっているのが磯焼けという現象です。磯焼けによって、海の生態系や漁業に大きな影響を与えているため、フルボ酸鉄を使った海洋環境回復に向けた取り組みを行い、海が持つ本来の姿を取り戻そうとしています。

有資格者が多数在籍している

株式会社Influxには、国内資格を有するスタッフが多数在籍しています。具体的にどのような資格を持っているのか見ていきましょう。

【電気工事に関する資格】
  • 第1種電気工事士
  • 第1種電気施工管理技士
  • 第2種電気工事士
  • 1級電気工事施工管理技士
  • 電力土木技術士
  • 第1種ダム水路主任技術者

【土木工事】
  • 1級土木施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士
  • 林業技師(森林土木)
  • 1級造園施工管理技士
  • 建設技術士
  • 建設技術士補

【測量】
  • 測量士
  • 測量士補

【通信】
  • 第1種伝送交換主任技術者
  • 監理技術者
  • 工事担当デジタル1種
  • 第3級陸上特殊無線技士
  • 第4級アマチュア無線技士

【設備】
  • 消防設備士
  • 防火管理責任者
  • 危険物取扱者乙4種

【その他】
  • 第2種放射線取扱主任者
  • 特別管理産業廃棄物管理責任者
  • クレーン運転免許
  • 大型特殊免許
  • 安全衛生主任者
  • けん引自動車免許
  • 車両系建設機械7種運転
  • 高所作業車運転作業主任者
  • 太陽光発電アドバイザー
  • 再生可能エネルギーアドバイザー

Influx星野敦氏の人物像・経歴

現在、株式会社Influxの代表取締役は、星野敦氏が務めています。星野敦氏がどのような人物なのかを知るために、プロフィールや経歴をチェックしていきましょう。

星野敦氏は、再生可能エネルギーの分野において、およそ10年の経験を持つ人物です。現在は、アジア全域を対象とした太陽光発電、風力発電の開発を行っています。アジア全域では、1.5GW以上の発電能力を有するプロジェクトの開発に携わっています。それだけではなく、機関投資の代表という立場になり、日本国内でも400MW(全12プロジェクト)の太陽光発電の運営も行っていることから、この分野で専門性の高い知識と実績を持っている人物だということがわかるでしょう。

日本の市場においては、これまでに550MW以上ものソーラーアセットを開発してきたという実績も持っています。最近では、小規模なバイオマスプロジェクトの開発指導を行い、循環型のバイオマス事業にも取り組んでいます。今後も、さらに活動の幅を広げていき、再生可能エネルギーを活用した発電に注力していくと考えられるでしょう。

Influx星野敦氏の洋上風力発電への思い

星野敦氏は、現在、特に洋上風力の開発に力を入れている人物でもあります。最後に、洋上風力にかける思いをみていきましょう。

星野敦氏は洋上風力が普及していくことで、脱炭素社会を実現できるのではないかと考えています。脱炭素とは、地球温暖化の原因となる炭素の排出を防ぐ目的で、化石燃料からの脱却を目指す取り組みのことです。脱炭素社会を実現することが、アフターコロナの世界において経済成長の源になると考察しているのです。洋上風力発電は大規模な自然電源であり、雇用の創出などから地域の経済性が確保しやすくなり波及効果をもたらすとも言われています。このことから、洋上風力が普及していくことは社会全体としても非常に有益であると考えられるでしょう。

それ以外にも、漁業との共存や共栄を図りたいという思いも星野敦氏は抱いています。森の腐葉土に含まれている鉄イオンを活用したフルボ酸鉄を使用することで、磯焼け対策と藻場の再生をするという実証実験も株式会社Influxでは行っています。この実験から、フルボ酸鉄の効果が期待できるという結果が出ているため、風車の基礎部分にそれを使用することで、漁礁効果も期待できるというわけです。

Influx星野敦氏の再生可能エネルギーへの強い思いから実現するビジョン

2018年に設立された株式会社Influxは、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーを活用した事業を行っています。それだけでなく、海洋環境の改善に関する取り組みも行っているのです。その背景には、代表取締役である星野敦氏の再生可能エネルギーへの強い思いがあると考えられます。

脱炭素社会を目指すことで、環境や経済に対する大きな影響力を期待し、フルボ酸鉄を使った洋上風力発電によって、漁業と発電の共存・共栄の道を画策しています。これらを実現するために立ち上げられたのが株式会社Influxであり、その大きなビジョンに向かって、常に邁進している会社だと言えるでしょう。