ブランディングできる同梱物は、どのようにして制作するのか知っていますか?

通販ビジネスでブランディングできる「売れる同梱物の法則」のセットアップの方法をあなたにお伝えします!

・通販ビジネスでブランディングできる同梱物の作り方がわかる!
・大手の物流会社やフルフィルメントの会社が教えてくれないブランディングできる同梱物の制作方法がわかる!
・どこまで費用をかけたら良いかもわかる!
・反響が取れることとブランディングの両方を共存できる方法が手に入る!
・売れる同梱物の法則を知りたい!

「売れる同梱物の法則」でブランディングできる同梱物を導入したいなら

もし、「売れる同梱物の法則」を使ってブランディングできる同梱物の作り方がわからないなら何でもご相談ください!

一般社団法人インターネット通販協会 
        代表理事 西村公児

一般社団法人インターネット通販協会は、本店が東京都中央区銀座にある「年商1億円を2年目で突破させるため」の通販インフラ(フルフィルメントを含む)を提供している協会です。

大手の通販会社では、ネームバリューや資金力があるので、お金をかけて広告をガンガン打つことも可能ですが、2本目の柱として通販ビジネスを始める小さな会社では、小予算でしかもリスクを最小化にして始めたいものだと思います。

一般社団法人インターネット通販協会では、小さな会社が、2年で年商1億超え、4年で年商10億超えを叩き出すために必要なリソースを安価でしかも、成功確率が高い手法を使って目標設定をクリアーしていきます。

しかも、プロジェクトのディレクション形式をとりながら、チームビルディングを形成することを得意にもしています。

通販ビジネスの一つの悩みだけではなく、社長のワンマンにも頼らず、仕組みで通販ビジネスを構築することを目標にあなたの会社のお悩みやご要望にも対応いたします。

リテラシーが伴わない方や部下にも振れない方は、他のコンンサルや講座で
学んだことが実践できす、通販モデルを丸投げしたい方がいらっしゃるかと考えております。

そのためにプロデューサーである私が実施している中で重要なことをお話しします。

それは、プロデューサーの肝である、原石としてのアイディアを企画に高める方法になります。

このやり方を身に着けるだけで、あなたのビジネス“価値”は確実に何倍にも高まること請け合いです。

そのためには、
「◎◎しなければ、叶えたい未来を開くことはできない」というUVPに基づく価値観がなければなりません。
その上での全体設計図の戦略を作成するのです。

アイディアは浮かんだ!
企画にできそうだ!

そう考えても、 『企画=商品をどんな形で世に知らしめていくのか?』 
と言うビジネス構想思考がなければ、絶対にうまくはいきません。

言い換えれば、このビジネス構想の考え方を間違えたばかりに、
売れないだけではなく、マイナスイメージまでがついてしまうケースすらあります。

それを防ぐためには、正しいビジネスモデル(三段ロケット砲)&
正しい戦略を打ち手に落とし込まなければいないですし、それこそが肝です。 

マーケティングと言えば、“ドラッカー”や“コトラー”のような、
難解な理論を思い浮かべるかもしれませんが、実はそうではありません。

そのストーリーは、必ず
プラスマイナスのストーリー法則にしてください。

シナリオ1:【ピンチな状況】
シナリオ2:【新しい目標・ビジョン】
シナリオ3:【共通の敵からの今まで見えていない敵】
シナリオ4:【必殺のキャッチフレーズ】

です。
このストーリー理論を理解して、ストーリーをグリグリに磨いて尖らせてください。
ざっくり言えばある“ストーリーの絵図”を書くだけで、あなたの売れるは完成するのです。


    こんなお悩みはありませんか?

    • どのようにしたら通販の同梱物でブランディングができるのかわからない!
    • ブランディングできる同梱物の作り方を知らない!
    • 大手通販会社以外の同梱物のやり方を知らない!
    • 何種類の同梱物を一緒に送ったら良いのかわからない!
    • できるなら全ての運用を丸投げしたいけどやり方や業者さんを知らない!
    • 返品交換が面倒なので自社ではやりたくない!
    • クリックポストを使用して運送費を下げたいが出来ない!
    • 資材費用の単価を下げたいがロット数が足りず出来ない!
    • 社内リソースを割かずに運用できるやり方を知らない!
    • できれば、1件あたりいくらという明確な料金体系にして欲しいが交渉ができない!
    • 実際にどのような同梱物が効果的なのかわからない!

本当は、「売れる同梱物の法則」を使ってワンランク上のブランディングを構築する同梱物の作り方には興味はあるがやり方を知らない!

なぜ、通販ビジネスにおいてブランディングができる同梱物に取組むことが重要だ
と思っているのに自社内で取り組むと出来なくなるのでしょうか?

実は、99%の経営者は、わかっているようでわかっていません。

同梱物だけにフォーカスしていても、ブランディングを構築する
ための【最適化】にはならないのです!

なぜなら、同梱物も、お客さまに届くツール単位に分解すると9種類もあるからです。

・1)挨拶文:顧客に御礼やビジョンを伝える。手紙風、手書き風が効果的。
・2)注文ガイド・サービス案内:注文、返品などのサービスに関して案内。
・3)チラシ:商品やサービス紹介、クーポンやキャンペーン、定期購入の誘引。
・4)小冊子:商品のコンセプトや開発背景(秘話)など詳しく紹介。
・5)カタログ:商品カタログ・知識的コンテンツ・雑誌風コンテンツ。
・6)お客様の声:お客様の声を集めてまとめて掲載。
・7)お声ハガキ:お客様の声を募る目安箱。
・8)注文用紙:FAXや郵送での注文受付。
・9)商品サンプル・オファープレゼント

しかしながら、大手通販が実施している同梱物を
小さな通販会社が全て取り組む必要はないのです。

また、作業工程の側面で分解すると、

入荷→入荷検品→入庫・格納→保管→ピッキング→梱包→出荷→出荷報告
8つのプロセスがフルフィルメント(受注を除くと)に分解されます。

つまり、自社内ではツール管理や作業工程の運用が仕切れないからです!
仮に仕切っても単価増になり採算ベースに乗らないからです。

ですが、ここで通販の固定概念に固守しないで欲しいのですが、
同梱物って必ず販売のためで無ければいけないものなんでしょうか?

実は違うのです

同梱物は、「事前期待<事後評価 
を高めるための信頼構築」
を生み出しています!

端的に言うと、「共感が生まれるエンパシー同梱」、
価値を提供していないとダメ

なんです。

ブランディング構築のための同梱物は、お客様だけでなく
事業者様にとっても価値を伝えるための便利なツールです。

 単なる販促物やキャンペーンでなく
同梱物は、顧客育成にも活用ができます。

今後ますます通販の同梱物が多様化する
時代を迎える前に、昔ながらの同梱物の概念ではダメです!

残念ながら、通販においては、まだまだ同梱物は単なる販促ツール、
宣伝臭がする同梱物が主流です。

もし、ブランディングできる同梱物を作りたいと思っているなら
通販をスタートさせる前にブランディングできる同梱物も最初の
全体設計のシナリオの中に組み込むことが重要です!

組み込むことでどうなるのか?

小さな会社だからこそ、ブランディングできる同梱物を作っておかないとファン層が口コミを誘発してくれません!

【もはや同梱物は、販売のためのツールではないのです】

ファン客との絆を強固にする価値を提供するにあたり
あなたが不安に思っていることを
まとめて
公開します。


売れる同梱物の法則を使って
ブランディングできる同梱物を作ることができると
どうなるのか?

あなたの同梱物を勝手にソーシャルメディアに画像つきで紹介してくれる!
お客さまから「感謝」の声が増えているので社員のモチベーションがアップしている!
お客さまからこんな使い方ができるよと言って情報を教えてくれる!
商品やサービスの伝えたいことが思った以上に同梱物で伝えることが出来ている!
あなたの会社のビジョンを深く理解しようとお友達に紹介してくれる!
クレームの発生が少なくなりなり、お客さまからサービスのヒントをもらえる!

もしも、売れる同梱物の法則を使って「ブランディングできる同梱物の作り方を手に入れたい」と本気で思ったら

あなたからのお電話をお待ちしています!

03-6264-7435

※営業時間:10:00~18:00
※定休日:土曜・日曜日

一般社団法人インターネット通販協会
〒104-0061
東京都中央区銀座8-17-5
mail:info@online-shopping.or.jp


インターネット通販協会の想い

こんにちは、一般社団法人インターネット通販協会の代表理事
株式会社ルーチェ 売れる通販プロデューサーの西村公児です。

私はこれまで20年以上に渡り、600億円規模の大手通販会社で、数多くの通販のプロモーションや新規商品の立ち上げ、マネジメントに携わってきました。

2014年に開講した、通販ビジネス立ち上げを指導する「10億通販塾®」は、毎回、定員をはるかに超える通販経営者のお申込みが殺到し、選抜面接を行うほど、私の通販ビジネスメソッドは高いクオリティを誇っています。

「10億通販塾®」では、私の指導の結果、なんと参加者の76%が1年目で年商4,000万円を達成。

残りの24%は、課題を提出しなかったり、途中から塾に来なくなってしまった方やコンサルタントの方ですから、きちんと最後まで私の指導についてきてくださった塾生は、ほぼ100%目標達成しています。

「10億通販塾®」を通して、多くのケーススタディと出会い私のメソッドはさらに進化していき、「伝説の億超え通販100チェック」という成功メソッドを開発。動画や音声で自宅でも学べるコンプリートパックも制作しました。

また、昨年には、日本経済新聞出版社から【伝説の通販バイブル】というビジネス書を発刊したことで、私のメソッドは多くの通販に関わる方たちにお伝えすることができました。

ランディングページの 品質のクオリティが担保され、また納期通りに納品ができるディレクションが実現でき、あなたの会社の参謀として雇い入れることができるのが、一般社団法人インターネット通販協会となります。

しかし、ここで一つ問題がありました。

机上でいくら通販のノウハウを学んでも、実際に通販を始めるにあたって必要になってくるのは、ランディングページやサイトです。

しかし、そのランディングページなどを作る上で不可欠なコピーライターやデザイナー、コーダーなどの制作チーム全体をまとめるディレクターの存在が必要ですが、それらをどこでどのように見つけてきたらいいのか分からないのです。

もともとは10億通販塾生のためにつくった「仕組み」ですが、より実践的でより多くの方にご利用いただき、通販ビジネスの成功に貢献したい!という強い思いから2016年3月25日に設立することを決意しました。

この協会のビジョンは、
【小売業の変革を通販で実現する】です。

今、多くの小売業は、価格競争に巻き込まれ、大手しか生き残れない状況になっている、といわれていますが、この状況を変える
唯一の方法が「通販」です。

価格競争から抜け出すには、高付加価値かつ高価格帯でビジネスをする必要があるわけですが、通販ビジネスは、小さな会社が実現できる唯一の方法だと私は信じています。

是非、あなたの夢を実現したいと思っています。