iLS(統合リスニングシステム)で 
 音楽を使い耳より脳への刺激

自閉症・発達障がい・学習遅滞・多動・感覚障害・
識字障害等に有効な療法です。2007年にDr Rom Mison 他2人によって開発されました。

すでに6年に渡って7000人以上の人が30か国でiLSプログラムを受けその効果を認めています。Dr Rom MisonがiLSを開発した経緯はに書籍「脳はいかに治癒をもたらすか」の第8章(音の橋)紀伊國屋書店出版記載されているいるので、参考にしてください。日本でiLSを行っているところは数か所で、去年からスタートしたばかりです。iLSが日本でも広がり、苦しんでいる子供たちやその両親に希望の光を届けることができたら、幸いです。



   」

はじめまして 統合リスニングシステム・阿久比センター です
(自閉症・発達障がい・多動・学習遅滞・感覚障害の教室)
iLSプログラムの構成部品(気導及び骨導ヘッドホン・iPod(プログラム入力)・アンプ)


iLSプログラムの基本の考え方は「刺激を与えれば脳は変化するつまり脳神経可塑性」に基づいています。iLSはフィルターのかかった音楽を使って優しく、特別な刺激を与え、脳の感覚処理を訓練しながら、脳神経回路を活性化します。そして、結び付きを強くしたり、新たな回路を作ったりします。
音楽はクラッシク音楽を多く含んでおり、曲によってある特定の周波数を強調したり、フィルターをかけたりしています。
その各々特定の周波数帯は脳の各部分の働きと相関関係がある
と考えられています。

運動のための器具

運動のためのkitとして、プレイブック・バランスボード・
追跡ボール・ラケットボール・お手玉が用意されています。
上記のヘッドホンを付け、音楽を聞きながら、kitを使って
同時にからだを動かします。楽しく、愉快にまた時として
少し難しい動きに挑戦するように組み立ててあります。
耳からの音の刺激と同時にからだの動きの感覚をつたえ、
統合的に脳に刺激を与えることになります。

どのように音楽が、皮質下に伝わり、改善するかを示した図
iLSの考え方の基本となっているのは皮質下を対象とし、脳の組織をボトムーアップで改善するこです。皮質下領域に障害があり、入力される感覚刺激を処理できない人は聴覚皮質が明確な
信号を受け取ることができません。皮質下に機能の低下した組織が存在すると皮質のあらゆる資源を動員してその組織の機能を代行しなければなりません。脳科学者の多くは注意の働きを
「高次の皮質の機能」としてとらえていました。つまり脳の一番外側の薄い層で処理されると考えていました。
特に前頭葉がその役割を果たしていると信じられていました。iLSの創設者のロン・ミンソン博士は皮質下領域を刺激することで、注意力の問題を改善することを解明しました。。サウンドセラピーではとりわけ運動と結びつけられると、皮質下領域(小脳・大脳基底核・網様賦活系)に最初に刺激を入れることができ、注意力の問題を矯正します。


耳の外耳道と内耳の神経との関係図
左記に耳の神経分布図を示しましたが、この小さな器官に多くの神経が関わっていることが分かります。外耳道と鼓膜には迷走神経が分布し、サウンドセラピーは感覚性迷走神経を刺激することになります。迷走神経には多数の分枝があり、副交感神経系を活性化し、落ち着かせることになります。中耳には二つの筋肉があり、突然の大きな音から耳を守ってくれる働きがあります。またそれらは特定の音に焦点を絞ってノイズを排除する、いわばズームインレンズのような働きもします。これらの筋肉が弱くて充分に機能していないとノイズを過剰に受け取り、高周波の音声を充分受け取れなくなります。サウンドセラピーは音楽を聞くことで、私達がダンベルの上げ下げで腕の筋力をつけるように、緊張させたり、緩めたりして、同じように鍛えることになります。

ボトムアップで脳を再構築
長い間、子どもの精神疾患の多くは「高次の」能力に影響をおよぼすので、治療は前頭皮質の構造を目標に定め、考えられていました。しかし、その効果が大きかったというわけではありません。すべての高度な思考能力は、皮質でのみ、作用すると考えられ、複雑な思考活動をおこえない人は、必ず皮質に障害があるとみなされていました。しかし新しい皮質脳と古い皮質下は全体としてともに機能し、皮質下かの改善、成長は皮質の改善・成長にもつながることが、サウンドセラピーによって、証明されつつあります。iLSの創始者のロン博士は自身が精神科医でありながら、自分がもっとも助けたい人(抑うつ症の娘)を助けられないことに苦しみました。しかし、トマテスの弟子のポール・マドールの講演をきっかけに、サウンドセラピーを受け、回復しました。これを機に開発を進め、ポールのLliFTに類似する携帯式の装置を開発しました。これにより、運動、平行感覚、視覚の訓練をリスニングに統合し、複数の感覚系からの入力を同時に処理させて脳をさらに刺激し、鍛練できるiLS(統合リスニングシステム)を完成させました。




次のステップのVoice Proの役割

VoiceProはクライアント(患者)の多彩な聴覚処理のスキルを改善させるために用意された特徴ある機器です。二つのヘッドホーンにマイクが装着され、クライアントとトレイナーが双方向に会話ができるようになっています。付属のiPadには器具の使用法や子供あそび歌、発音がむずかしい音声などが収録されており、会話と同時に聞けるようになっています。またトレナーの声を聴きながら、運動、読み、書きの課題も行います。これは一つの感覚だけでなく、同時にいくつかの感覚を使い、多課題を行うことになります。実際の生活の場では一つの課題が孤立して起こるのではなく、複数のことが同時に起こっています。それに合わせ、他のことをしながら、個別の能力を獲得する本当の能力を目指すことになります。

脳に多感覚を入力して、刺激をあたえよう

上記で示したiLSプログラムの基本的な様子です。ヘッドホンよりこの子に合わせた音楽を選択し、聞かせながら、バランスボードでバランスをとり、手で上下にお手玉を落としたり、受け取ったりしています。お手玉を目で追うことも要求しています。大事なのは、楽しくやることです。飽きたり、疲れたりした様子がみられた時は別のアクテビティに移ります。アクテビティは固定したものでなく、その子が普段から楽しくしているものがあれば、それ取入れても構いません。

Dreampad(ドリームパッド)

聴覚過敏、接触過敏のためヘッドホンを付けたがらない子のために、不安を取り除き、よりよい眠りを獲得させるために用意されています。枕の内部にスピカ―が埋め込まれており、その為に選択されたゆっくりのテンポで静かでぼんやりとしたメロディラインを主とした音楽を骨導で効くようになっています。ヘッドホンを付けたがらない子にはiLSプログラムをスタートする2週間前から使用することをお勧めします。

身体の構造化と脳の構造化によ
る学びのトライアングル

この図はまず身体の構造化がまずあり、次に脳の構造化が続きます。iLSはすべての基本は身体の構造化を第一にしています。身体・脳の構造化が確立されたうえで、学び・行動・感情の統制とむかっていきます。

学びのピラミッド

このピラミッドは7つの感覚(触覚・前庭・空間感覚・臭覚・視覚・聴覚・味覚)が基底にあり、学びの高次の感覚が最上階にあることを示しています。これは最上階の認知・学習の問題がある場合もまず基礎となる7つの感覚がきちんと発達しないかぎり上位の認知機能は正常に発達しないことを示めしています。上位の認知機能をターゲットに訓練することは、砂上の楼閣のようなものです。
iLS阿久比センター の特徴
週3回、各1時間のプライベート訓練
iLSが提案しているベストな訓練回数は週3回、
各1時間=12時間/1か月を提唱しています。1タームは3ヶ月で、脳を休ませるため、1ヶ月の休みを入れます。3ヶ月の1タームの後、改善の評価を行った後、次のプログラムを考えます。すべてのプログラムはその子、その子に合わせ個別のものを考えます。
うれしい3回の無料体験レッスン
iLSてどんなもの、本当に効果があるの?と思っている方に3回(1時間×3回)の無料体験レッスンを受けることができます。お気軽に連絡してください。
子供と一緒に学べる安心感
全てのレッスンプログラムは、両親がいつでも側で見ることができますし、一時間後に迎えに来てもらってもいいです。また側で見ていて、訓練のやり方がほぼ理解できたら、1ターム(3ヶ月)後,機器を購入するか、借りるかして、お家で訓練してもかまいません。当センターへは質問、助言やプログラムの構成のために適時にきてもらっても構いません。iLSの特徴のひとつは訓練所だけで行うだけでなく、家庭、施設や学校で行うことを推奨しています。
定期的なiLSの勉強会
iLSを一人でも多くの方に知ってもらい発展させたいと思います。
勉強会を 毎週金曜日(6月9日・16日・23日)阿久比公民館102室 
17時~19時の間に行いますので
お気軽に参加ください。連絡お待ちしております。(参加費無料)



定期的なiLSの勉強会
iLSを一人でも多くの方に知ってもらい発展させたいと思います。
勉強会を 毎週金曜日(6月9日・16日・23日)阿久比公民館102室 
17時~19時の間に行いますので
お気軽に参加ください。連絡お待ちしております。(参加費無料)



スタッフ紹介

 代表 道脇 金蔵(みちわき きんぞう)

資格 日本語教師・言語聴覚士・鍼灸師・子供英会話 その他建築関係
履歴 タイのバンコックで6年間、日本語教師をした後、最良のことばの教授法を追求したいとの想いで、言語聴覚士の道に進みました。その後、回復期の病院に勤務しましたが行われている治療や対応に矛盾を感じ、他に方法がないのかと悩み、東洋医学を基本としている鍼灸を学び、今年資格を取りました。成人の病気に関しては、食事・運動・生活リズムでほとんどの疾患は予防できるではないかとの結論に達しました。しかし、子供の場合は自分で自分を守ることはできません。将来のある子供にこそ全力で私の今までの経験と知識ををもって治癒にあたるべきだと思いました。
iLSは日本では知らない人がほとんどですが、ロン博士の提唱している、からだの構造化が訓練の基本であるとの理論はまぎれもない真実だと信じています。そのからだの構造化なしにいろいろな訓練が行われているのが今の現状のような気がします。砂上の楼閣のようなものです。直接皮質下脳を刺激しからだの構造化することができることがilsの最大の特徴です。
プログラムの内容やコース・料金。空き状況についてお気軽にお問い合わせください
連絡先 携帯090-7684-1239 メール ils62@rakuten.jp
パソコンメール kinzoumichiwaki62@hotmail.com
場所 宮津郵便局横 宮津ハイツ16棟202号
会社名 iLS(統合リスニングシステム)・阿久比センター
創業者 道脇 金蔵
設立年月 2017年5月
会社住所
愛知県阿久比町宮津新海山1-21宮津ハイツ16棟202号室
設立年月 2017年5月