文字ばかりのビジネスパーソンや
講師のその悩みとは?

ファシリテーション、プレゼンテーション、セールス動画・レター、VR、講座映像、コンテンツ教材、会議、ブレスト、ミーティング、対話、facebook、メルマガ、Blog・・・。

情報発信・シェアをする機会において、そのツールや手段が増えてきた今、

【 伝わる/伝わらない】の差 で、

あなたのビジネスの結果に直結する時代となりました。 

多くの悩みが…

  • 社員やメンバー、受講者にアイデアやビジョン、イメージが伝わらず、浸透しない
  • 商品やサービスの強み、事実やデータを羅列するも、売れない
  • 自慢のコンテンツにもかかわらず、文字や言葉ばかり。受講者や生徒の学習効果が低い
  •  画像の素材をダウンロードするのでは、時間はかかるし、他で使用されているものばかり

  • 社員やメンバーとの会議で、突破口となるアイデアが欲しいのに、

    「これだ!」というやる気やアイデアが湧いてこない

  •  文章術を学んで、セールスレターや小冊子を書いてみたものの、反応がない

情報の発信者が増え、溢れている中、
これまで通りの伝達手段だけでは・・・

注目されない…

ありきたり…

記憶されない…


このような状況に拍車がかかってきています。

そんな時、

【パッ!と目に止まり、惹きこむ】

【感情を動かし、行動させる】

自分のイメージやアイデア、
相手のメリットや意図を「絵」にして、
相手の脳と心に優しく瞬時に
届けることができる【イラスト】の力があれば、
とてもパワフルな“共感”と“結果
生み出してくれます。

絵の苦手なビジネスパーソン、“誰しも”が、
経験ゼロから、イラストを描けるようになり、

あなたのポテンシャルを最大化させ、
結果を生み出す新講座。

それが、イラスト思考です。

 

今、ビジネスリーダーにイラスト思考が必要な理由

昨今では、イラストの効力
ビジネスや思考ツールに与える影響として、

Google 本社内の壁一面のホワイトボード
いつでも落書きができ、
社員のアイデアを
いつでも描き足すことができることは、有名な話。


描きながら考える力 ~The Doodle Revolution~
TED のサニーブラウン氏

「落書きする人集まれ」でも語られ、


ビル・ゲイツ氏
も重要な会議の最中、
落書きしてアイデア練っていたともいわれています。


宇宙ロケット、超高性能の電気自動車まで
不可能を次々と実現させてきた天才経営者の
イーロン・マスク氏
5・6歳の頃から、よく“白昼夢”をみて、
世にまだ存在しないものをイメージして、
細部まで捉えて、表現した、といいます。


ドゥードゥル(イラストの落書き)

というコンセプトは、

世界を代表するビジネスリーダーや
世界で活躍するファシリテーターの
グラフィック・レコーダーとしても、
その効力が、知られてきました

マーケティングや教材としても、
【スタンプ】の  LINE@ や、
ホワイトボードアニメーションさんような
動画の使われ方も、増えてきました。


このように、
なぜ、ここまでイラストの活用が、
広まってきたかというと、

【イラストの力】
得たい結果を得ているから。

というのは、言うまでもありません。

イラストは見た瞬間、
“感情”体験 を瞬時にもたらしてくれ、

あなたのビジネスやコンテンツに乗せることで、
そのポテンシャルを何倍にも
引き伸ばしてくれます

イラスト思考を身につけると、
ファシリテーション・グラフィック、
イラスト付プレゼンテーション資料、
セールス動画・レター、VR、
講座映像、コンテンツ教材での
イラスト・アニメ−ション、

会議内グラフィック・レコード、
facebook、メルマガ、Blogでの
イラスト画像などに、
活用できるようになります。

つまり、以下の
あなたの7つの「ポテンシャル」
全て、飛躍的にあがります。

そして、イラスト思考を手にしたあなたは…、

  • プレゼンやチラシでイラストを活用し、反応率があがり、売上が上がる
  • 自分だけ、自社だけのオリジナルイラストで、共感を得られ、ブランディングにつながる
  • 受講者にイメージがダイレクトに伝わり、言葉だけよりも共感してもらえる。
  • 文字だけでは無機質な印象だった資料にイラストを入れることで「あたたかみ」が出る。
  • 講座後、Facebook、ブログ、ホームページにイラストを投稿、反応率があがる
  • イラストが描くことで、ビジネスアイデアが創出される
  • 企画の打ち合わせ時にサッと必要なイラストが描けイメージがズレなく共有できる
  • 絵コンテが描け、サービスや商品を感情・ストーリーで伝えることができる。
  • セールスレターに取り入れると、より読まれ、より大きな反響をえられるようになる。
  • 年間計画や目標にイラストを加え、視覚化させることで目標達成率が上がる
  • ファシリテーション、教授法に独自性をもたせ、受講生の学びを深めることができる。
  • ファシリテーション、教授法にエンタメをもたせ、評判を得られ、受講者ファンが増える
このように、イラストが描ける様になり、
ビジネス効果も、すぐに実感でき、
周囲の反応が目に見えて変化することに、
大きな喜びを感じることができます。

売上アップ!

今までの商品の説明に「イラスト&ストーリー」を盛り込みました。
視覚に訴えながら、お客様に事実やデータを提示したら、共感されながら、自然と売れるようになりました!

イメージの共有

プレゼンテーションのホワイトボードに、イラストを取り入れることで、受講者が前のめりになり、楽しみながらイメージを共有できました。
教室の空気も、すぐにあたたまり、急速に講師と受講者の距離が縮まりました

アイデアの創出

新しいアイデアが出ず、沈黙した会議中のこと。「お客さんが笑顔になるストーリー」を、イラストで描いた瞬間・・・、チームメンバー全員が、そのイメージの達成に向けて、共通認識を持てました。
その結果、チームが一体となり、フロー現象のように次々とアイデアと結果が出ました。

成約率が上がった!

内容は変えずに、イラストを描き加えただけなのに、セールスレターや小冊子の成約率が一気にアップしました。伝えたいことがお客様の心に届くようになりました。

スキルアップ

学んできた「マインドマップ」や
「ジーニアスコード」「フューチャーマッピング(全脳思考)」などの自分のスキルに変化が!イラストを描き楽しみながら、思考を整理でき、どんどん浮かぶアイデアをアウトプット出来るようになりました!

人と繋がる

むずかしい内容の会議中に
「イラスト」を取り入れたところ、
周りの社員の反応が変わりました
言葉に加えて図解や絵で説明すると
ダイレクトに伝わることを実感しました。

イラスト思考講座 推薦者の声

『絵に苦手意識を持っている人にもお勧め!これは強い武器になります』

  • 写真
  • ◆◇◆・・・・・・・・◆◇◆
    【前田 出さま】

    一般社団法人 生涯学習認定機構代表理事   
    神戸山手大学 現代社会学部客員教授
    ◆◇◆・・・・・・・・◆◇◆

    苦手なことが2つあります。絵を書く事と、英語です。 
    今日、一つの苦手意識が消えました。

    「絵をうまく書こうと思わないでください。
    楽しみながら書くコツを教えます。
    才能ではなく、スキルです。」

     絵を書くにしても、英語をしゃべるにしても、
     上手く見せようという意識が働くので、
    格好つけてしまい苦手意識を持っていました・・・。

     
    9時間。朝からビッシリ、絵を書きまくりました。

    マインドブロックが、ドンドンはがれていきます

    「もっと書きたいな。」

    「これはどのように表現すれば伝わるだろう?」

     一日で、絵を書く事が好きになりました

     松田純さんのイラスト思考講座。

    とても、楽しい9時間でした。

     絵に苦手意識を持っている人にもお勧めです。
    勿論、得意な人はこれは強い武器になりますよ。

▼プロフィール
女性起業支援として、「好きを仕事に!」をテーマに公益財団法人 日本生涯学習協議会(所管:内閣府)の監修・認定で「認定講師」を作る講座を開講。ホビークラフト業界を中心に、13年間で47,000名の「認定講師」を養成。2008年公益法人制度の改革を機に、ビジネス業界に「新・家元制度」協会ビジネスモデルを提唱。協会ビジネス構築講座等を受講して協会を設立した理事長は200団体を超える。「社会に良いことをしながら儲ける」ビジネスモデルとして、ソーシャルビジネスの一端を担う。2020年度中に年商1億円超えの協会を200協会設立を目指す。東京FM傘下の全国63のコミュニティーFMミュージックバードで「0から1を生む力」のパーソナリティーを5年間務め、毎週放送中。
【著書】一気に業界No1になる「新・家元制度」顧客獲得の仕組み(ダイヤモンド社)・「学び」を「仕組み」に変える新・家元制度 (アチーブメント出版 )

『「対話」の場で頼りのなるのは「イメージ」の力。イラストが力強く、あなたの対話をガイドします!』

  • 写真
  • ◆◇◆・・・・・・・・◆◇◆
    【野村恭彦さま】
    株式会社フューチャーセッションズ代表取締役社長 
    イノベーション・ファシリテーター
    ◆◇◆・・・・・・・・◆◇◆

    私が主宰するイノベーション・ファシリテーター講座では、
    その不可欠なコンテンツとして、「イラスト思考」を組み込んでいます。

     なぜファシリテーターが、イラストなのでしょうか?

    変化を生み出すイノベーション・ファシリテーターには、
    未来の姿を「目に見える形」にする力が求められるからです。

     対話の場では、いまグラフィック・レコーダーという新たな役割が、
    すごく注目されています。対話のログをぜんぶイラストで残す仕事です。

     対話から出てきた新たな視点やアイデアが次々と目に見える形になると、
    そこから刺激を受けて、次のアイデアがまた生まれてきます。

     偏見を取り去り新たな視点を得る上で、対話はパワフルなツールですが、
    そうして広がった考えを素早く再構築するツールが、イラストなのです。

    「イラスト思考」の講座ほど、子ども心に戻れる時間はありません。
    こっそり似顔絵を描いていると、小学校の授業中の落書きを思い出します。

     その似顔絵を漫画にして、生き生きとストーリーを語らせることも楽しい。
    絵を描くと、どうしてみんな、こんなに笑顔になるのでしょうか。

     
    自信のない人もみんな、「描けると楽しい!」となってしまう。

     

    松田さんの講座は、まさにライブ!

     すべての内容をホワイトボードに描きながら語ります。(描き語り?)

     特訓のように繰り出される、「描いて、描いて、描いて」の課題も、
    そのリズムに乗せられて、いつの間にか身体が動いてクリアします。
    人の顔を描きたくなります。
    どんなモノでも、描こうかなと思うと、スマホを取り出し、
    デッサンするようになります。

    1日でうまくなります、と聞くと「うっそー」と思うでしょう。

    でも、うまくなります。なぜなら、描くことが好きになるからです。

     

    好きになると、対話をしていても「サササ」って描いている自分に、
    気づくでしょう。
    イラスト思考を受ける前に比べて、
    10倍も100倍も、
    イラストを描く機会が増えるでしょう。
    だから、うまくなるに決まっているんです。

    イノベーション・ファシリテーターは、対話の場をつくることで、
    会社や自体体などの組織変革や、社会の課題解決を行います。
    対話の場には、組織を越えて、セクターを越えて、世代を越えて、
    様々な人を招き入れます。

    価値観や前提の異なる、多様な人たちが集うと、
    頼りになるのは、イメージです。

    イラストが、対話を強力にガイドします。

     みんなが漠然と描いている未来像をファシリテーターが、
    パッとイラストで目に見えるようにするシーンを想像してください。

    なんてエキサイティングなのでしょうか!

▼プロフィール
株式会社フューチャーセッションズ代表取締役社長。
博士(工学)。K.I.T.虎ノ門大学院教授、国際大学GLOCOM主幹研究員を併任。
慶應義塾大学大学院理工学研究科 開放環境科学専攻後期博士課程修了。富士ゼロックス株式会社にて同社の「ドキュメントからナレッジへ」の事業変革ビジョンづくりを経て、2000年に新規ナレッジサービス事業KDIを自ら立ち上げ、シニアマネジャーとして12年にわたりリード。2012年6月、企業、行政、NPOを横断する社会イノベーションをけん引するため、株式会社フューチャーセッションズを立ち上げる。「知識創造型組織づくり」の専門家として、ワークスタイル変革、知識創造の場の設計、社会イノベーション、フューチャーセンターなどを通して「ダイナミックな知の生態系」をデザインする。
著書に『イノベーション・ファシリテーター』、『フューチャーセンターをつくろう』、『サラサラの組織』(共著)、『裏方ほどおいしい仕事はない!』、監修/監訳書に『コミュニティ・オブ・プラクティス』、『ゲームストーミング』、『コネクト』、『シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する』などがある。

『イラストの活用は、感情を動かし、学習の記憶の定着に役立ちます!』

  • 写真
  •  ◆◇◆・・・・・・・・◆◇◆
    【望月俊孝さま】
    夢を叶える宝地図」提唱者・著者
    ◆◇◆・・・・・・・・◆◇◆

    「セミナーの板書や配布資料にもイラストを活用することで、
    受講者さんのアイスブレイクや、学習の記憶への定着に一役買ってくれています。

    また、ストーリーマップを意識しながらセミナーや講演の構成を考えることで、
    受講生の感情をより深く動かすコンテンツにブラッシュアップできそうです。」

▼プロフィール
昭和32年・山梨県生まれ。36歳で返済を諦めかけるほどの借金を抱え、しかもリストラされる。しかし、その後、宝地図でv字回復を遂げる。現在、宝地図、レイキ、フォトリーディング(R)を主体とする人材教育に関わり10万人以上の人材育成に関わる。NPO法人読書普及協会理事著書に『飾るだけで夢が叶う「魔法の宝地図」』(マキノ出版)、「幸せな宝地図であなたの夢がかなう」、『ワクワクしながら夢を叶える宝地図活用術』(ゴマブックス)、『[図解]夢を引き寄せる宝地図』(三笠書房・知的生き方文庫)「幸せの法則」(中経出版)、「ようこそ、成功指定席へ」(サンマーク出版)、「癒しの手」(たま出版)、「本調子」(総合法令斎藤一人氏、本田健氏、七田眞氏らと共著)など、最新刊に『小さな偶然が幸運に変わるハッピー・シグナル』(青春出版社・CD付き)がある。累計発行部数が間もなく75万部を突破する。

『たった数時間で表情豊かな顔が描けるようになり,オリジナルキャラクターもできました!』

  • 写真
  •  ◆◇◆・・・・・・・・◆◇◆
    【吉野真由美さま 】
    営業大学 学長 プレゼンハナシカタ研究所株式会社
    ◆◇◆・・・・・・・・◆◇◆

    「自分の講座で使用するパワーポイントの資料にイラストを取り入れたいと思い受講しました。

     これまでは、プロの方にお願いしてはみるものの、
    正直、自分のイメージと違うものになることが多く
    困っていたんですね。 

    それが、たった数時間の講座で、
    自分がイメージした通りのことを、
    イラストで表現することができるようになりました!」

▼プロフィール
営業コンサルタント、ビジネス書作家、プロ講演者、営業研修講師、コピーライター。
営業界でトップセールスとして活躍しながら、「売れる営業のプレゼン術」を独自に開発し、ゼロから立ち上げた営業組織を5年で売上20倍(年商20億)に拡大した経験を持つ。営業やプレゼン、テレアポに関する18冊の著書を発表し、日々、全国各地で講演や営業研修をおこなっている。
その研修は、「満足度98.6%」と高い評価を得、「即、売上アップにつながった」「今日からすぐ使えて実践的」と、高い評価と信頼を得ている。
アマゾン総合と紀伊國屋新宿本店で1位になった代表作「商品がなくても売れる魔法のセールストーク」を始めとする15冊の著書を発表し、うち7冊は中国や台湾、韓国など海外に翻訳出版されている。

『絵の描き方教室かと思ったら大間違い!自分の「深い部分」も確認できる時間でした!』

  • 写真
  • ◆◇◆・・・・・・・・◆◇◆
    【白石まるみさま 】
    女優 個性心理学認定講師
    ◆◇◆・・・・・・・・◆◇◆


    「イラストの基本がわかりましたが、
    単純に「絵の描き方教室かな」と思ったら、大間違い!

     

    自分の深い部分も確認できる「あっという間」の楽しい時間でした。
    ワークに取り組み「自分の良さ」を確認出来ました。

     

    スケジュール帳が文字ばかりなので、
    毎日の出来事に習ったイラストを入れようと思います。」

 ▼プロフィール
S53年4月10日女優デビュー。TBS「水曜劇場」ムー一族 郷ひろみの恋人役募集で4万人の中から2位で選ばれ同番組の「居酒屋ひろみ」の女将の妹、まるみ役にてデビュー出演。CM、舞台、ラジオ、ドラマに多数出演し、TVではお馴染みの日本テレビ「ニュースプラスワン」やテレビ東京「土曜スペシャル」リポーターとしても、多数の人気番組に出演し活躍中。タレント守永真彩との、母娘の夢の共演が話題になる。芸能人初のインド式セラピー講師、個性心理学講師としても著名。

イラスト思考 お客さまの声

『単なるイラスト講座じゃない!これはとても深い!
「やり方」だけではなく「在り方」を教えてくれる講座でした』

●佐藤克紀さま  社会保険労務士 コンサルタント

松田先生の伝えること、伝え方は、素晴らしいですね。
僕みたいに、「イラストやまんがに縁遠いと思っていた人間」にとって誰から最初に指導いただくかということは重要です。
松田先生の講座は、「やり方」だけではなく「在り方」を教えてくれる講座ですね!
「What(作品)」や「How(方法)」で人は戦いますから、やり方でもめているようなもんです。
コンサルティングしていてそれを強く感じています。
やっぱり根本の「在り方」が大切ですね!
イラストを描くだけでなく、深い領域の楽しいお話も良かったです。
イラストを通じで根本を伝えられている松田先生は素晴らしいと思いました。

『自分とつながる感動体験!イラストを描くだけで、
自分のライフワークや情熱にアクセスできるなんて衝撃でした』

●梶由紀子さま  講師

とても深い体験でした。自分とつながる感動体験!
イラストを描くだけで、自分のライフワークや情熱にアクセスできるなんて衝撃でした。
楽しくて、参加者にフィードバックももらえて素晴らしい体験に目から鱗です。
自分のセミナーにもイラスト自己紹介を取り入れ、自分も相手も理解し合える楽しく深いセミナーにグレードアップさせます!
先生の純粋な思いとつながっているセミナーは本当に学び深いです。まだまだよろしくお願いします

『一人一人が持っているライフワークを発動できる
素晴らしい内容でした』

●林 亜都さま

松田純先生は今千葉県の公立の小学校で、次世代キャリア教育プログラムの一環として子供達に、【まんが教育】に望月俊孝氏の【宝地図】をコラボさせる興味深いクラスをつい先頃完遂されました。描く事で、ユニークな自分と繋がり、それぞれの創造性という可能性を「見える化」する事で、、子供達が力強く自分の能力を伸ばし、可能性に満ちた未来を歩いて行ける、夢の様な授業です。
子供達が受けたい授業No.1。親達が子供に(自分も)受けさせたい授業No.1。この取り組みが全国に拡がって行きますようにと願って止みません。

●村岡 昭和さま  会社員 
『人生の成長の加速のため、必ず何か素敵なモノを得られる、安心の場所!』

「イラストなんて描けないよ。ましてや1日でなんて無理だよ」と思っていました。
講座を通して『イラストはスキルなんだ』とわかったことをはじめ、様々な講座内容を通し、
「描けるかも!!ちゃんと練習をして、もっと描けるようになりたい」と思いました。

「できない」「下手だし…」「私なんて…」と、そう思ってしまう方へ
『ここは安心安全の場です。一歩踏み込んで、人生の成長の加速のため、必ず何か素敵なモノを得られますよ』
とお伝えしたいです。



●長谷川詩菜さま  カウンセラー
『絵を描くと自分を解放でき、楽しみながら心のブロックを外せる講座でした』

受講前は「絵を描く」ということへの抵抗がありましたが、
「私は絵が描けない」というブロックが外れました。
「絵画セラピー」のように心の深いところを見れて「絵で表現する楽しさ」をゲットできました。



●小川慶一さま  研修講師
『講座を終えた瞬間から世界が一次元か二次元くらい、深く味わい深いものになります』

「型を学ぶこと」の大切さと、自分と繋がった表現の楽しさを学びました。
順序を踏めば、どんなスキルも手に入ると改めてわかりました。
最後に描けたイラストに自分でびっくりするほどです。
右脳的なスキルを理解するための仕組みも学べ、楽しめましたし、
自分の講座でも応用したいと思います。



●匿名希望 Hさま  会社役員
『絵にコンプレックスのお持ちの方、必ず1日で絵に自信を持てるようになります』

「そうはいっても・・・描けるようになるのか?」と思っていましたが、本当に絵が描けるようになりました。
今日作ったキャラクター(イラスト)を早速資料に入れたいと思います。
絵を描くのは、生まれ持った才能ではないこと、○△□などでほとんど描けてしまうことには驚きです。
こんなにエネルギーを使う研修(講座)は、初めてで、充実しました!
企業研修をお願いしたいと思いました。



●広瀬 知哲さま  映像クリエイター
『絵を描くことの意味、楽しさを再確認できました!』

自分の内側を通って出てくる絵を大切にしようと思いました。
絵を描くことは、自然や宇宙と繋がっていることだとも学べてよかったです。
絵を描く前に坐禅(心をクリアにすること)をすると、より効果的だと感じました。



●セミナー講師 Aさま

「自分の中にある絵心を引出し、
自己表現方法として活用できるようになるだけでなく、
相手から創造以上に共感を得れるようになってしまう。
そんな講座です。自身の講座や研修の中でフルに活用します。」



●会社経営者 Hさま

「右脳派なのに、絵が下手だったのは、
描き方を知らないからだけが原因でした。
たった6時間で、人に伝わるイラストが書けるようになり、
なにより、イラストが大好きになりました!」

《講師紹介》

講師は「イラスト思考」の開発者でありまんが教育家の松田純さん

学生時代に角川書店から漫画家としてデビューされ、その後学習研究社、NPO法人、大手企業や教育機関との連携で「まんが教育家」として、ビジネスや教育の現場で、人の能力を開発するツールとしての「イラスト」や「まんが」の可能性を追求してこられました。

この講座には、プロとしてのイラストと漫画制作のノウハウ以外にも、約20年以上の禅修行経験で得たエッセンス、全脳思考、キャリアプランニングやコーチング、心理学、脳科学等が融合され、ギュッと凝縮されています。

講師 松田 純 

●「イラスト思考」開発者/まんが教育家
●『国際まんが教育協会』代表
●内閣府支援『まんが教育プロジェクト』代表
●株式会社月笛クリエイションズ 代表取締役

1977年 熊本県生まれ。 都立大学在学中に角川書店よりまんが家としてデビュー。その後、学習研究社、NPO法人、トヨタ自動車や三菱商事などの大手企業、教育機関との連携で「まんが教育家」としての道を歩む。その著作は、全国で30万部以上が読まれ、近年では世界的なベストセラーである『7つの習慣』のまんが講座企画なども手掛ける。
約20年間の禅修行の経験をベースに、教育まんがとキャリアデザインを融合させた「心の探求のツール」としての『まんが教育』メソッドを開発。企業研修などのビジネスシーンや、大学でのキャリア教育、 地域・全国の小中学校でも精力的な講座活動を行う。
2014年に『国際まんが教育協会』を設立。日本のトップマーケター神田昌典氏のALMACREATIOSNで『イラスト思考』講座を開催、大きな反響を呼ぶ。
【地球の未来を教育で描く】をミッションに、次世代思考ツールとしての『イラスト思考』『まんが思考』の講座を全国で開催、次世代教育の普及に注力している。

とは言っても…
絵が苦手な私に、
イラストが描けるでしょうか?


はい、大丈夫です。

イラスト思考開発者である松田さんの研究の中で
秀逸な点、最大の発見の一つは、
”絵は才能ではなくスキルとして身につけることができる”ということです。
どれだけ絵を描くことが苦手だという人でも、受講後にはスラスラと描けるようになります。
スラスラと描き上げた自身の絵を受講者たちは、互いに見せ合い、
思わず「うわー、分かるー!すごい!」「楽しいです!」と、
感激の声がもれるほど!
ポイントは、脳と神経回路の学習メカニズムに即した、
「正しい基本スキル」を学ぶことにあります。

イラスト思考・講座プログラム

絵を描く能力は「才能」ではなく「スキル」という秘密!

イラストを上手に描くことよりも●●することが大切な理由

潜在意識にアクセスし、心のブロックを外す「魔法」のワーク

絵を使った、10倍「共感される」コミュニケーション体感ワーク

描きたいモノの特徴をズバリ捉える、プロの「観察術」とは?

どんなイラストもスラスラ描ける、日本発の鉄板メソッド!
 「イラスト魔法の 3 ステップ」

自分だけの「オリジナルのイラスト」を創る、描き方・虎の巻

相手の感情にダイレクトに届く!感情表現「6パターン」のマスターメソッド

「共感」を生み出し、相手に「行動」してもらうためのイラスト活用法

イラストで相手の心と頭にアクセス!伝えるための右脳と左脳の使い方

イラストやまんがは、なぜ、一瞬で人を魅了してしまうのか?

自分の意識の持ち方が根本から変わる!「禅の3ステップ」!

イラストを上手に組み合わせて、あなたのビジネスの幅を大きく広げる方法

10倍伝わるを実感!問題解決のための「イラストプレゼンテーション」

イラスト思考・講座プログラム

絵を描く能力は「才能」ではなく「スキル」という秘密!

イラストを上手に描くことよりも●●することが大切な理由

潜在意識にアクセスし、心のブロックを外す「魔法」のワーク

絵を使った、10倍「共感される」コミュニケーション体感ワーク

描きたいモノの特徴をズバリ捉える、プロの「観察術」とは?

どんなイラストもスラスラ描ける、日本発の鉄板メソッド!
 「イラスト魔法の 3 ステップ」

自分だけの「オリジナルのイラスト」を創る、描き方・虎の巻

相手の感情にダイレクトに届く!感情表現「6パターン」のマスターメソッド

「共感」を生み出し、相手に「行動」してもらうためのイラスト活用法

イラストで相手の心と頭にアクセス!伝えるための右脳と左脳の使い方

イラストやまんがは、なぜ、一瞬で人を魅了してしまうのか?

自分の意識の持ち方が根本から変わる!「禅の3ステップ」!

イラストを上手に組み合わせて、あなたのビジネスの幅を大きく広げる方法

10倍伝わるを実感!問題解決のための「イラストプレゼンテーション」

受講者への大特別プレゼント!

今回、講座を受講された方限定で、
「イラスト思考」を最大限にご活用いただけるための
非常にパワフルな「3大最強ツール」を無料プレゼントいたします。

特典1

すぐに使えて瞬時に伝わる!
18の感情を自在にイラストで表現する最強ツール
「エモーショナルマップ」
  サンプルシート(完全版)

特典2

どんな人物の表情もイメージ通りにスラスラ描けるパーツを組み合わせる最強ツール!
「パーツコレクト早見表」

特典3

絵を描くスキルを繰り返しあなたの脳にインストールできる!
「イラストの3ステップ」
  魔法のプロセスシート

今回、お客様からのリクエストにお応えして、
神戸にて 初開催決定!
ぜひこの機会にお越しください!

ファシリテーターの間では、既に、受講者続出

 次は、まだか、まだか、と注目を集めております。

イラストが描ける様になり、
ビジネス効果も、すぐに実感でき、

周囲の反応が目に見えて変化することに、

大きな喜びを感じることができるようになります。

じっくり学んで頂く為に、少人数募集にしており、

 毎回満席の、この講座。

 すぐにお席が埋まりますので、今すぐ、お申し込みください。

講座概要

【日時 及び 会場】

 2017年1月15日(日) 10:00~18:00

 Action Center of Business and Humanity(ALMACREATIONSセミナールーム)

  東京都渋谷区 神宮前4-11-13 バルビゾン30

~最寄駅~

東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」A2出口徒歩2分

千代田線「明治神宮前駅」徒歩5分

【受講料】

 54,000円 (税込)

 【お申込みについて】


※イラスト思考講座のお申込みは下記のボタンよりお申込みください

『ある小学校で起きた奇跡のストーリー』

それは「イラスト思考」を使った、イラスト講座で、
私たちが千葉県のK小学校を訪ねたときのこと。

体育館に集まった小学校5年生、約120名。

90分間の授業を終えて「何か質問ありますか?」と聞くと、
いちばん後ろに座っていた男子生徒が手を挙げて、
スクっと立ちあがり、こう言いました。


『先生、僕にこんな才能があることを気がつかせてくれて、ありがとうございました』


授業を見学に来ていた校長先生は、この言葉に驚き、涙ぐんでいました。

私たちは理由を聞きたくて、授業後に校長室に立ち寄りました。

・・・・・・

「実は、あの子はね。2年前にお母さんが亡くなって以来、

宿題はやってこない、テストは白紙で提出する、

授業中はじっと座っていられず、フラフラしてしまう。

我々大人がどんなに言っても、誰の言うことも聞かない、

そういう子になってしまったのです。

それが、今日は90分、じっと座って、楽しそうに授業(講座)に取り組み、

あんな姿を久しぶりに見ました。

さらに、あのような言葉が本人から出たのには感動しました。」

・・・・・・

私たちは、さらに、その子が描いたイラスト作品を見ました。

その作品には、今までうまく言葉に出来なかった深い悲しみや、行き場のなかった怒りなどが、絵や色に現れ出ていました。

きっと、その子の中で、絵を描くことで心のブロックを自分で解放でき、繋がることが出来たのでしょう。

内側の深い部分を引き上げて解放することが出来たのです。

私たちは、その絵を見て、思わず涙がこぼれました。

このように純粋な子どもたちの心の奥へ、自然に深い影響を与えることができる「イラスト思考」。

これはあくまでも一例ですが、

今までの受講者(大人)も、「イラスト思考や、まんが思考のプログラム」に中で、
心のブロックやトラウマが外れ、講座中にブレークスルーが起き、泣きだしたり内側の変化が起きた方が、実は沢山いらっしゃいます。

絵のスキルアップだけではなく、心とつながる体験。

あなたにも、この素晴らしい「イラスト思考」を体感していただきたいと思います。