『ランニングで
生活リズムを整える』

私にとってランニングは
“生活のルーティン”のようなもの。
心身共に安定した状態を維持する事に繋がっています。
            坂本 仁
◼︎ランニング始めたきっかけは?
社会人になっても好きな事を継続させたいと思ったからです。
幼い頃からスポーツ(野球、水泳、相撲など)をしていたので、身体を動かす事は全般的に好きでした。
ただ、新卒で入った会社が平日休みだったので、ずっと一緒にスポーツをしていた友人と調整がつかず、スポーツする事が極端に減ってしまいました。
このままだと、「体が動かなくなってしまう。」「スポーツする事が嫌いになってしまう。」と不安に感じた事がきっかけで、一人でも気軽にできるランニングを始めました。

◼︎始めてから何か変化はありましたか?
意思が強くなりました。
私はランニングを始めるまで、喫煙者でした。
吸い始めたきっかけは、周囲が吸っていた事もありますが、一番は、ちょっと悪っぽく見られたい願望があったからです。(笑)
お金や時間、体への影響を考えて、禁煙を試みた事は何度もありましたが、意思が弱く、いつも三日坊主を繰り返していました。
ランニングを継続できた事で、「もしかしたら、継続させる事が得意かも。」と思う事ができ、「きっと禁煙も成功させれられる!」と自信をつける事ができました。
今思えば、ランニングと禁煙は感覚が似ていて、始めはとても辛いけど、慣れてくると自然とこなせるようになってくる、そして心地いいものに変化していくものだと思います。

◼︎今後の目標はありますか?
個人的な目標は、フルマラソンで3時間半を切る事です。少しずつですが、達成に近づいているので継続して頑張りたいと思います。
今の目標を達成しても、新たな目標を立てて、モチベーションを維持したいです。
SRCの運営としての目標は、ランナー同士の出会いを増やす事です。
普段から走っている人やこれから始めようとしている人の多くは、何かしらの目標を持っていると思います。
そういう人達との出会いは、吸収する事がたくさんあり、私にとって、とても有意義な時間になっています。
SRCの活動においても、参加者の人達にとって有意義な時間になるように、食事会やイベントなど、ランニング以外でも交流できるような企画をしていきたいと思っています。