”ビジョナリー経営の
ちょっとしたヒント”
~アフターコロナに向け社員と共に飛躍するために~

V字研定期無料セミナー(8月)
2021年 8月17日 (火)18:30〜20:30
2021年 8月19日 (木)18:30〜20:30
(どちらも同じ内容です)

こんなお悩みはありませんか?

  • ・ビジョンの必要性はわかるが、自分で将来をのことを考えるのが苦手
  • ・「貴社のビジョンは?」と尋ねられて困ったことがある
  • ・先代から「ビジョンなどなくても経営はできる」と言われている
  • ・ビジョンと言っても何年先のビジョンを考えればいいのかわからない
  • ・自分がビジョンを描いたとしても、社員に落とし込めるか不安だ
  • ・士業だが、お客様に「貴社はこうするべきだ」と伝えても拒絶れた
  • ・ビジョンを描いたところでどんどん狂うから考えるだけ無駄だ…など
  • ・「貴社のビジョンは?」と尋ねられて困ったことがある

開催の狙い

会社をもっと良くしたい。社員を幸せにしたい。
そう強く願うビジネスマン程、上記のような悩みを抱くのも無理はありません。
なぜなら…

・学校では「未来の描き方」を教えてくれませんでした(なのに作文は書かされましたね)
・未来を語ったときに「そんな夢みたいなこと、できるわけないじゃないの」と否定され、
 夢を描くこと=無意味なことと考え、妄想することを止めてしまった

・「ビジョンなんかなくても経営はできる」という社長が近くにいる、または本で読んだ
 (現に私のクライアントにもいます=時代や業種によります)
・ビジョン=数字と考え、数字ばかりを追う日々に疲れ果てた経験がある


ビジョンにはいろんな考え方があると思います。
本セミナーでは、「未来を描くこと」=苦手の意識を怒置の方を対象に、

苦手意識を克服し、どこから最初の一歩を踏み出したらいいかをお伝えします

主な内容

  • ・ビジョンが絶対に必要な会社、不要な会社は?

  • ・ビジョンとは、どのくらい先を指すの?

  • ・ファミリービジネス特有のビジョンの形とは?

  • ・ビジョンは誰が創る?どうやって創る?

  • ・ビジョン創りに社員を巻き込む方法は?

  • ・ビジョンを現場にどうやって落とし込めばいいの?

    など、ビジョン開発にまつわる基本をお伝えします。

  • ・ビジョンとは、どのくらい先を指すの?

講師紹介

V字経営研究所 代表 酒井英之

「暗夜に一燈を灯す」をミッションに、中小企業のビジョン開発を支援するこの道30年の経営コンサルタント。個別企業のビジョン開発を一体感醸成と次世代人財育成の機会と捉え、社員を巻き込む全社員参加型で指導している。毎日新聞社主催『経営革新塾』をはじめ『中小企業大学校』『理念経営協会』他でビジョン開発を指導。自らも『経営者のためのビジョン開発講座』を主催。指導先の中にはコロナ禍の2020年度、史上最高益を達成した企業多数。その理由を「全社員でビジョンを共有していたため、ぶれずに迅速に環境変化対応できたから」と分析している。
お客様の声
https://vjiken.com/voice/index.html

開催概要

名称 V字研定例無料セミナー(8月)
日時 2021年8月17日(火) 18:30〜20:30
2021年8月19日(木) 18:30~20:30
場所 オンライン(zoom)
定員 各回定員10名
(定員なり次第締め切ります)
参加費用 無料
カリキュラム 1830~2000 
 講義
2000     
 中締め
2000~2030 (希望者のみ)
 弊社ビジョン開発関連サービスのご案内
場所 オンライン(zoom)

お申込み

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。