経営計画プロデューサー金村の思い

この度、中小企業応援企画「コロナ対策緊急キャンペーン」を開催いたします。

この環境の中で何かできることはないかと考えました。

日本を支える中小企業の社長の意思決定の参考になればと

出版用にまとめておいた原稿を急遽公開することにしました。


社員とその家族を幸せにする為に、今の状況をなんとしても乗り越えましょう。


今回のコロナのような緊急事態でも、つぶれにくい会社である為に中小企業最強のツールである、『経営計画書』の作成方法を経営計画書プロデューサーである私が全110ページでまとめさせていただきました。


通常なら39,800円のところ今回期間限定で無料にてダウンロードいただけます。



100年塾の経営計画書とは


100年塾の経営計画書は、

経営計画の第一人者である一倉定先生の教えをベースとした『未来逆算経営』から

つくられた会社の数字、方針、スケジュールを

まとめた会社の”強化書です。

”強化書”と言われる所以は、

経営計画にはその会社の未来の姿が書かれており、

内容を社員と繰り返し繰り返し共有することで

会社が確実に強くなっていくためです。

なぜ経営計画書は必要なのか?


社内にはいろいろな価値観の社員がいます。

もちろん価値観がバラバラですから、考え方も行動の仕方も違います。


しかしながら、その状態のままではお客様を満足させることができません。

社員の考え方や行動を整えるためにルールである方針が必要です。

実はどこの会社にもこのルールが存在しています。

しかしそれは社長の頭の中にあります。

ですから、誰にも見ることができません。

確認するためには社長に聞くしかありません。

ここで社長に確認しても回答はあやふや。

これら社内のルールを文字と数字にすることで、初めて社内で共有できるのです。
  期間限定の無料公開! 
経営計画書の作り方を
経営計画プロデューサーが公開!



100年塾とは?

経営には限らず、
物事を学ぶ際には必ず『知識レベル』と『実践レベル』があります。
両方を高める必要があり、
双方を高めない限りどんなジャンルであっても成果を得ることはできません。


さらに経営とは、
自分一人の力だけでなんとか成果を出そうと苦しみもがくよりも、

誰かに教えてもらった方が圧倒的に早く成果が出ます。


この『知識レベル』と『実践レベル』双方を同時に高め、
ライバルとの差別化に成功し、

成功し続けることができる強かな経営を実現することができるのが
この100年塾なのです。



さらに100年塾では経営相談が充実していることで、
イレギュラーなことや想定外の事態に直面しても、
すぐに軌道修正をしてもらうことができる。

実践が途中で止まることなく、
効果的に技術レベルを上げ経営のスキルを上達させることができます。 


100年塾に入塾してみて
会社で起こった変化とは?

お客様からの声

社員がやること自分がやることが明確になったため勉強をしてて成長を実感できました!

社内にルールができたので、私が決めたことをスタッフが実行しやすくなりました!

1年間やることが明確になったため決めたことが実行できる!

周りの社長方から沢山のことを学ばせて頂いています!



プロフィール


経営計画プロデューサー/100年塾塾長
金村 秀一

2代目・3代目の社長のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾『100年塾』を主宰。

様々な業界の社長が全国各地から参加している。

経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する高収益体質の会社づくりをサポートしている。


主な著者に『赤字社員だらけでも営業利益20%をたたき出した社長の経営ノート』(KADOKAWA中経出版)、『部下には「あいさつ」だけ教えなさい』(廣済堂出版)、『社員29人以下の会社を強くする50の習慣』(明日香出版)、『右肩上がりの会社が必ずやっている現場ルール』(自由国民社)などがある。著書累計部数3万部。

お問い合わせはこちら

お電話でもお気軽にお問い合わせください
03-6802-7700
受付時間 9:00〜18:00(土日祝を除く)
メールでのお問い合わせ