若者だって、当然、地域の一員だから

「まだ若いから、大人から頼られる存在じゃない。だから、自分の考えを大人に伝えることも、まちの一角を担うこともできない」

こんな見方が、いつから当たり前になったのでしょうか。様々な縁に導かれてその土地に暮らす高校生をはじめとした若者たちも、もちろん地域の一員のはず。

若者だって、自分の暮らす地域の一角で、やりたいことをやっていい。若いうちから、夢を叶えたっていい。大人も子どもも分け隔てなく入り混じり、一人ひとりが生きたいように生きる。それがきっと、まちの健やかな在り方なんだと思う。

IKKAKU HACKは、地域で活躍する様々なプレイヤーの力を借りて、秋田に暮らす高校生等のやりたいことの実現をサポートします。

応募はこちらから

IKKAKU HACKとは

「IKKAKU HACK」とは、秋田の高校生をはじめとした若者たちが、様々な技術やノウハウを持つ地域の先輩や共に活動する仲間とつながり、やりたいことをこの秋田で実現するためのプラットフォームです。

◎自分たちだけで活動してもなかなか形にならず、成果が出ない
◎いつもアイデアの提案で終わってしまい、実現に至ったことがない
◎何かやりたいんだけど、誰を頼ったらいいかわからない
◎すでにやりたいことはあるのに、活動の予算がない

IKKAKU HACKは、そんなみなさんの声に応えます。

【IKKAKU HACKが提供する機会】
〇1泊2日のキャンプを通して仲間をつくり、アイディアを磨き上げます
〇みなさんと地域の大人をつなげ、アイディアの具体化を後押しします
〇学校外の活動でも定期的に相談に乗り、最後まで活動を応援します

〇活動をより良いものにするために必要な経費を負担します(※)

※審査会で採択された取組が対象です。
□一般・団体枠・・・若者グループ単独または団体と連携した取組
 1組当たり最大10万円
□企業連携枠・・・企業と連携した取組
 1組当たり最大20万円

IKKAKU HACKの流れ

①エントリー(参加者の募集)   5月27日(月)~7月12日(金)
「応募はこちらから」のリンク先のフォームからお申し込みください。
対象は2名以上の高校生で構成されるグループです。
※県内の専門学校、大学等に在学中の方、県内在住者で30歳未満の方も可
※エントリー時点では個人の申込も可とします

②協力企業、団体の募集     5月27日(月)~7月12日(金)
高校生等と一緒に何かしたい秋田県内の企業・団体も募集しています。

③IKKAKU CAMP(集中ワークショップ)
<県北編>【日程】8月3日(土)~4日(日)
     【会場】能代山本スポーツリゾートセンター「アリナス」
     【定員】最大30名
<県南編>【日程】8月8日(木)~9日(金)
     【会場】保呂羽山少年自然の家
     【定員】最大30名
集まった若者どうしが刺激し合い、共にやりたいことを具体化する1泊2日のキャンプです。
※県北編、県南編はいずれも同内容です。いずれか都合のつく回にご参加ください。
※IKKAKU CAMPへの参加は任意です。応募多数の場合は抽選となります。 

④IKKAKU PITCH(審査会)     8月下旬(県北/県南各1回開催)
公開プレゼンテーションを経て採択された活動には、必要経費の一部を県が負担します。

⑤IKKAKU HACK(活動実践)   9月上旬~3月上旬
やりたいことの実現に向けて、サポートを受けながらまい進しましょう。

⑥IKKAKU MEETUP(成果発表会)  3月中旬
半年間の活動の成果、そして成長の軌跡を共有し、学び合うコミュニティを育みます。

たくさんの人がみなさんの活動を支えてくれます!
★高校生等=みなさん★
地域でやってみたいことを持ち寄る張本人、つまりみなさんのこと! どんな些細なことでも、まずは気軽に持ち寄ってみてください。
例:レシピ開発したい!/空き家改修したい!/とにかく何かやりたい 等
★企業・団体★
みなさんの活動のパートナーとして、やりたいことの実現をサポートしてくれます。みなさんのやりたいことを参考にマッチングします。
例:新商品の共同開発/設備やノウハウの提供/活動のコーディネート 等
★他の参加高校生等=仲間★
1泊2日のキャンプやオンラインメンタリングを通じて、この秋田で何か仕掛けようとする仲間と出会い、お互いに切磋琢磨し合いましょう。
★まちの"一角"★
みなさんの活動における地域との接点です。場所、資源、知恵を借りることが、みなさんのやりたいことを地域で実現する近道になります。
例:お店の一角に商品を置いてもらう/活動場所として空き家を借りる 等
★まちの"先輩"★
みなさんのやりたいことに専門的なサポートをしてくれる地域の頼れる"先輩"。経験豊富な"先輩"に学び、活動をレベルアップさせましょう。
例:写真のコツを教わる/イベント講師をお願いする/活動の相談役 等
★事務局★
全体の取りまとめ役。みなさんの想いと活動状況に沿って、人をつなげたり、相談に乗ったり、手伝ったりします。どんどん頼ってください。

運営体制
相内洋輔(あいない・ようすけ)
IKKAKU CAMP(集中ワークショップ) 講師
ファシリテーター・ワークショップデザイナー
2008年株式会社リクルートに入社。震災を機に公益財団法人東日本大震災復興支援財団に転職。2015年よりソフトバンク株式会社に兼務出向。2018年5月から地元仙台でフリーランスとして活動を始め、ワークショップ等を通じて人の前進を応援している。
髙山育実(たかやま・いくみ)
IKKAKU HACK メンター
シーズアンドグロース株式会社
秋田県湯沢市出身、社会人3年目。 2017年に組織人事コンサルティング企業へ新卒で入社し、 IT、小売、保険、マスコミなど多様な業界のお客様を担当。 並行して自社の採用担当も経験。 自社を実験台として柔軟な働き方を追求し、 現在では定期的に秋田でリモートワークしつつ、実家の農業を手伝っている。
松嶋駿(まつしま・しゅん)
IKKAKU HACK メンター
一般社団法人CRoots 代表理事
2016年から秋田県内でキャリア教育・プログラミング教育・まちづくり各領域でワークショップのファシリテーター等を担当。2018年に奈良県へ移住、大阪府のNPO法人で事業統括を担う。2019年より東京・秋田の2拠点で高校生~大学生の運営する様々な組織運営をサポート。趣味は放送・アマチュア無線・旅行。
高橋新汰(たかはし・あらた)
IKKAKU HACK メンター
おこめつ部 1期生/ReflecTravel 代表
1995年生まれ。2019年に秋田県立大学を卒業後、秋田で個人事業主として活動中。「秋田の大学生にやりたいことを見つけてほしい」という思いから、おこめつ部1期生として大学生向けサービスReflecTravelを開発中。他にも秋田ソーシャルデザインの学校運営事務局などキャリア教育にまつわる活動をしている。
工藤成仁(くどう・なるひと)
IKKAKU HACK メンター
おこめつ部 1期生/起業準備中
秋田市出身。秋田高校及び秋田大学卒業。若者のキャリア形成の悩みに課題意識を持ち、シェアハウスや高校生向けキャンプなど、人の繋がりとコミュニケーションの変化から支援をしてきた。現在、会話のある食事の時間を生み出す事業を創造中。
秋元悠史(あきもと・ゆうし)
IKKAKU HACK 事務局
(一社)ドチャベンジャーズ 事務局長

秋田県大仙市(旧神宮寺)出身。2010年秋に島根県の離島・海士町に移住、「隠岐島前高校魅力化プロジェクト」に参画。2016年に秋田県にUターンし、五城目町を拠点に県内の高校生や大学生等を対象としたプログラムの企画運営等に関わる。

高橋新汰(たかはし・あらた)
IKKAKU HACK メンター
おこめつ部 1期生/ReflecTravel 代表
1995年生まれ。2019年に秋田県立大学を卒業後、秋田で個人事業主として活動中。「秋田の大学生にやりたいことを見つけてほしい」という思いから、おこめつ部1期生として大学生向けサービスReflecTravelを開発中。他にも秋田ソーシャルデザインの学校運営事務局などキャリア教育にまつわる活動をしている。