このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
0573-26-0515
10:00〜19:00(土日祝を除く)
トップページ

不動産のことでしたら池戸建設にお任せください

岐阜県恵那市・中津川市を中心に土地・建物の売買のお手伝いをさせていただいています。
人生の中で不動産に関する決断は、決して小さなものではありません。
お客様それぞれの立場に立ち、お客様の大切な決断の一助となれるよう取り組んで参ります。
ご購入、ご売却、土地の有効活用をご検討されている方、不動産のことでしたらまずはご相談下さい。

池戸建設株式会社

お電話でもお気軽にお問い合わせください
0573-26-0515
受付時間 10:00〜19:00(土日祝を除く)
メールでのお問い合わせ
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください

快適に住むためのチェックポイント

不満を解消し、希望をかなえられる物件か?
一戸建て住宅には、販売されている段階ですでに建っているものとそうでないものがあります。
中古、完成済みの新築といったすでに建っている物件を見学するときには、今の暮らしと照らして、実際に暮らす姿をイメージしながら、具体的にチェックすることができます。
いざ生活するとなれば、手持ちの家具や家電をその物件の中に配置しますよね。
その場合、どこに置くのか、置いても窓やコンセントが隠れたりしないか、また現在持っている生活用品を収納できるスペースはあるかなどの確認は大切です。
アフターサービスが充実している会社を選ぼう
建売住宅は住み心地や使い勝手より売れることを最優先に宣伝することが多いものです。
購入者もチラシなどで「いいね、安いね」と決めてしまう事が多いので、収納が少なかったり、生活動線が不便など購入後、不満が残るケースは少なくありません。
見た目や低価格だけでなく、お客様本位の住み心地を考え、販売後も心のこもったアフター・ライフサポートサービスを提供する建売住宅を選びましょう。
変えられない周辺環境は慎重に!
新築一戸建てを購入すると、内装や設備などはリフォームで変更可能ですが、変えたくても変えられないのが物件周辺の環境です。
近隣に臭気を伴う飲食店や工場がある場合、気になる程度は個人差があるので、家族同士で確認しておきましょう。
家の前にある道路の交通量が多いと、排気ガスやガソリン音といった騒音も気になる場合もあります。

住宅購入検討時のポイント

耐震
耐震

近い将来起こると想定される震度6強に耐える構造であるべきです。
建築基準法の基準は震度6弱に相当します。
建築基準法は「最低基準」という考え方なので、これ以下は建ててはいけないということで、これより強くなければいけないということです。
これは性能評価の耐震等級で言えば「2」に相当すると言えます。構造計算書や性能評価書で確認できればいいですが、それがなければ建築した会社に確認しましょう。

地盤
地盤

液状化による不同沈下が起きない住宅でなければダメです。
行政のハザードマップで液状化が起きる可能性が高いかどうかを確認し、もし対象地域に入っていれば、地盤対策を行う必要があります。
まず地盤調査をして、それに必要な地耐力を持たせる必要があります。
摩擦杭などを打つ方法が一般的ですが、絶対安全なのは支持層まで杭を打つことです。

構造
構造

新築一戸建ては「木造軸組工法」が多いです。
これは木を構造材として使っているのですが、その木をプレカット加工したものがほとんどです。CAD設計をしてそれを工場の機械で加工しますから、加工間違いやミリ単位以下の狂いがほとんどなく、木の軸組の精度が飛躍的に向上しました。
工事現場ではそれを正しく組み上げるだけで、寸分の狂いのない住宅ができます。

省エネ性
省エネ性

次世代省エネ仕様が望ましいです。
壁の省エネ性と窓の断熱性があり、床断熱に天井断熱がついているとベストです。
こうなると結露もなく、安心して暮らすことができます。
それに高効率給湯器がついていて、魔法瓶浴槽があると月々のガス代が助かります。
太陽光発電は設置費用が100万以上と高く、備え付けだとその分販売価格に上乗せさせられている可能性があります。

地盤
地盤

液状化による不同沈下が起きない住宅でなければダメです。
行政のハザードマップで液状化が起きる可能性が高いかどうかを確認し、もし対象地域に入っていれば、地盤対策を行う必要があります。
まず地盤調査をして、それに必要な地耐力を持たせる必要があります。
摩擦杭などを打つ方法が一般的ですが、絶対安全なのは支持層まで杭を打つことです。

池戸建設株式会社

お電話でもお気軽にお問い合わせください
0573-26-0515
受付時間 10:00〜19:00(土日祝を除く)
メールでのお問い合わせ
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください

会社概要

会社名 池戸建設株式会社
住所 〒509-7205
岐阜県恵那市長島町中野1183-10
代表 池戸 正俊
TEL 0573-26-0515
FAX 0573-26-3328
免許番号 岐阜県知事免許(8)第3112号
所属団体 (公社)全日本不動産協会会員
東海不動産公正取引協議会加盟
保証協会 (公社)不動産保証協会
リンク ホームページ
TEL 0573-26-0515

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。