山口県山口市仁保下郷2926
TEL:083-929-0048

SDGsとは

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで150を超える加盟国首脳の参加のもと、全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。
SDGsはすべての国の社会課題を対象とした17のゴールと、その課題ごとに設定された達成基準である169のターゲットから構成されます。このゴールとターゲットによって、包括的で持続可能な社会の構築を目指すものです。

SDGs NOW! 17 Goals to Transform Our World

外務省がSDGsについて分かりやすくまとめた動画があるので詳しく知りたい方は
下記ボタンを押してリンク先にてご覧ください。

池田建設はSDGsにどう取り組むのか


5つの目標

貧困社会に未来はない
・こども明日花projectへの参加


多様な働き方を推進
・管理職の女性比率の増加
・ダイバーシティー(多様性)やWLB(ワーク・ライフ・バランス)の推進
未来の子供たちに美しい環境を
・ZEH対応住宅の建設を増加し、全体でのエネルギー消費量の減少及び電力自給率の増加

楽しくなければ仕事ではない
・社員が相談しやすい環境づくり
・組織の成功循環モデルを作り、地域のビジネスモデルとなる
楽しくなければ仕事ではない
・社員が相談しやすい環境づくり
・組織の成功循環モデルを作り、地域のビジネスモデルとなる

生まれながらに
チャンスが与えられない社会に
未来はない

未来の明るい社会は今の子供たちが作っていきます。
経済的事情で生まれながらにして様々なチャンスを掴みそこねてしまう子供たちが作る社会は明るいものでしょうか。
そんな状態を放置してより良い社会を作っていくことはできるでしょうか。
私たち池田建設は「どんな環境に生まれ育ってもこどもが明日に希望を持てる社会を」がテーマのこども明日花projectに参加することにより、子供の未来応援企業として山口県の貧困層を減少させていきます。

多様な働き方を推進

ジェンダーというのは社会・文化・心理的な性、つまり「性的役割」のことを指します。
ここで言うところでは「働く上での男女平等」です。
池田建設は誰もが仕事を選ぶ権利があり、全員に正しく昇格や昇給のチャンスを与え平等を実現していきます。具体的には下記を目標に掲げます。
・管理職以上のポストの女性比率を、2030年までに25%以上への到達をめざします。
・男女を問わず働きやすい環境づくりや、女性登用の促進に向けた研修などを実施しています。
・妊娠・出産、育児・介護休業に関するハラスメント防止規定を策定し、多様な働き方やWLB(ワーク・ライフ・バランス)を推進するため、社内制度の整備や研修・啓発を進めていきます。

未来の子供達に美しい環境を

昨今取り立たされる環境問題と密接な関係にあるエネルギー問題。
このままでは未来の子供たちの環境が今よりもっと悪いものになってしまします。
私たち池田建設はクリーンエネルギーである、太陽光発電設備標準搭載のZEH対応住宅を建設しております。
そこで、建設した建物の8割をZEH対応住宅とし、エネルギーの消費量を少なくすると同時に地域のエネルギー自給率を上げ、未来のこどもたちに美しい環境を残すことを目標とします。

楽しくなければ仕事ではない

池田建設のクレド、行動指針に「仕事を通じて人生を楽しむこと」という言葉があります。
社会や他人に対して貢献できたと感じた時に人は幸せを感じます。そして一番身近な貢献活動である「仕事」を楽しむことにより、人生そのものがとても楽しいものに変わります。
池田建設では「楽しくなければ仕事ではない」を全社員の合言葉として仕事に取り組んでいます。
現在楽しく仕事をしていくために、書籍購入費や、社員同士の懇親会費用を負担するといった福利厚生や、社内チャット、1to1・ランチミーティング、ミッションミーティングといった相談しやすい環境を整えています。
組織の成功循環モデルを作り、地域のビジネスモデルとなることを目標にこれからも社内環境を整えていきます。

SDGsに対する思い

SNSが発展し誰でも気軽に多くの情報に触れ発信できるようになった現在、ただ利益を上げるだけの企業が次々と淘汰されています。ではこれからの新しい時代はどういった企業が必要とされるのか、それは「人格の優れた企業」です。

池田建設はSDGsに参加する前から「子供の貧困対策」「再生可能エネルギー普及」などの社会貢献活動を行ってきましたが、この度「世界に対して池田建設はどう行動するのか」という部分をもっと明瞭に公表するためSDGsのフレームを活かして表現致しました。

これまでも、そしてこれからも、「世界をより良い場所」にしていきこの世界の一員として永続的な事業を行なっていきたいです。