3つの分野リンクして   "楽しい" を作れる子に!
facebookプライベートグループ
3days無料講座開催!
3月29日(月)
3月31日(水)
4月2日(金)
22:00-23:00
(5日間アーカイブもご覧いただけます)
下のボタンをクリックして無料登録

あなたは、お子様に
どのように育ってほしいですか?

  • 自己肯定感の高い子
  • 自己表現ができ、コミュニケーション能力の高い子
  • 自発的に考え、問題解決能力の高い子
  • AIにとってかわられない個性的でクリエイティブな子
  • 自分の得意分野を生かして楽しく生きる子
  • 自己肯定感の高い子

親子参加型オンライン幼児講座
「マルチクリエイティブ表現教室」

2020年12月に、3歳から6歳までを対象にした親子参加型オンライン幼児講座「マルチクリエイティブ表現教室"おと・ことば・おえかき"」 を開講しました!

ドイツ在住の作曲を中心としたマルチクリエイターの久美子ユンカーマンが制作・講師の、音・言葉・お絵かきという3つの要素をリンクした講座を、オンラインZOOMでご自宅にて受講していただけます。

3つの分野の表現を通して
右脳と左脳が活性化!

自己肯定感が身につき、
クリエイティブな子供になるための
3つのステップ

Step.1
ふれる。

まずは、親子で楽しみながら、歌を聴き、ことばを見て聴き、描かれた絵を見ていろいろなものに触れます。インプットの時期です。

Step.2
まねぶ。

人はだれでも、他を真似ることによって学びます。
これを「まねぶ(真似る+学ぶ)」と言い、

それによって、急速にさまざまなことが身につきます。

Step.3
つくる。
今まで吸収したことから、自分なりの表現で作ることを楽しみます。
アウトプットの時期です。
自分なりの表現に「正しい」や「間違い」はありません。
お子様が表現したことを、そのまま認めることによって自己肯定感が養われます。
Step.2
まねぶ。

人はだれでも、他を真似ることによって学びます。
これを「まねぶ(真似る+学ぶ)」と言い、

それによって、急速にさまざまなことが身につきます。

3days無料講座では、
このような子育ての秘訣
お話しします!

  • なぜ表現することによっ自己肯定感が高まるのか?
  • 自己と他者へのコミュニケーション能力自分も周りも幸せに
  • 子供の得意分野の見つけ方と育て方
  • 激動の時代を生き延びるために大切な「想像力と創造力」
  • 右脳と左脳が活性化するマルチクリエイティブ子育て
  • 実例!「おと・ことば・おえかき」の3つの分野をどのようにリンクさせるか
  • マルチクリエイティブ子育てで開ける明るい未来
  • 自己と他者へのコミュニケーション能力自分も周りも幸せに

レッスンの風景

面白ければ、小さな子供でもオンラインレッスンはできます
テレビの幼児番組のような面白さで、
しかも、
テレビにはない「歌のおねえさん」との直接のやりとりで子供は夢中!

タイ、ドイツ、アメリカ、フランス、と世界中の子供たちが参加しています。

オープニングやエンディングソング「かんじえかきうた」など
講師自ら作詞作曲したオリジナル曲と画像によるオリジナル教材。
生徒の興味と理解に合わせてフレキシブルに新しい教材もご用意します。

長音階と短音階を聴き比べる
「あかるいかいだん」と「くらいかいだん」

音階を「おとのかいだん」として、長音階を「あかるいおとのかいだん」、和声的短音階を「くらいおとのかいだん」として、まずは響の違いを聴き、歌います。
そのあと、どちらの階段か画像を見せずに、音を聴かせてどちらの階段なのかクイズのように当ててもらいます。

注意深く聞くことによって集中力が養われ、何度も聴くことによって、絶対音感の習得を促進します。(絶対音感の習得には個人差があります)

音符を学びながら数の理解も深めます。

四分音符の数を数えたり、四分音符、二分音符、全音符などの異なる長さの音符を目で見て、歌って、手拍子や体の動きで覚えます。

リズムや拍子を体感しながら、数を数えるだけでなく、分数の概念も身につく教材です。
音楽の基礎を学ぶと同時に遊びながら数に親しみ、小学校に上がってから算数に強い子に育ちます。

歌を聴いてお絵描きしながら漢字の成り立ちを理解します。

講師が作曲、演奏、歌、画像製作したオリジナル教材の「かんじえかきうた」左の写真では、歌を聴きながら山の絵を書いています。
日本語の力を向上させるにおいての1つの壁は「漢字」

この漢字を詰め込み式の"お勉強"としてではなく、歌を聴き、歌いながら絵を描き、漢字を書いて馴れ親しみます。

漢字というものは絵からできていてわかりやすい、と思ってもらうことによって、小学校に上がってからの本格的な漢字学習の準備ができる教材です。

小さいお子様は、漢字を書かなくても、山の絵をかくだけでも、もっと小さいお子様は、歌を聴きながらみるだけでもインプットされていきます。

レッスンのおともをするかわいい仲間たち

受講生様体験談

フランス在住 がるめすゆうみさん (お子様の年齢: 6歳)

今まで自然と歌を作ったりする娘でしたが、音楽の知識がない母親としてできることがとても限られていました。

3ヶ月間のレッスンを通して何よりクミオムさんの音楽ベースのマルチな創造力に触れられたことに大きな価値があったように思います。

毎週の新しい漢字の歌は、漢字のイメージが音に表されていってクミオムさんがどういう世界観で作曲したのかが歌詞としても感じることができて歌いながら聴きながら言葉と音のイメージがリンクでき素晴らしかったです。

最後のレッスンでは、娘が作曲した曲を伴奏してくださり楽しそうにその曲のイメージをお絵描きして贅沢な時間を味わっていました。本当に有り難うございました!

コトバンくんが大好きで会えるのを毎回楽しみにしていました!
(コトバンくんは、言葉が好きなかめのキャラクターです)

アメリカ在住 A.M.さん(お子様の年齢: 6歳)

クミオム先生のFBを見て、素晴らしい経歴だけではなく、教育に対する真摯な考え方、子を持つ親としての共感力、これから先の時代を見据えたまさにマルチクリエイティブ力にコレだ!と思い、私の直感で申込みさせて頂いたのですが、娘が第一期生になれた事に大変感謝しております。

娘は言葉もお絵描きも大好きなのですが、実はピアノ自体は娘より私のほうが好きで、我流で教えようとすればするほど喧嘩になってしまっていました。この子にはあまり音楽は向いていないのではないかと落ち込んでしまった時にクミオム先生と出会えて、真の音の楽しさを教えてもらってからは、自分から下手なりにも作曲してみたり、音を楽しめています。

特に漢字絵描き歌では、一緒に踊ったり、自由に自分の感じたままに絵を描いていて、娘自身のとても楽しそうな姿を見ているこちらまで嬉しくなりました。夫も私も芸術系では全く無いのですが、子供の可能性は無限大だなぁとつくづく娘を見ていて感じます(笑)

在米なのにドイツに住んでいらっしゃるクミオム先生から直々にレッスンが受けられるなんて、更に時差もクリア出来るオンラインならではの有り難い機会を本当にありがとうございました!

 

 

ドイツ在住 W.R.さん(お子様の年齢: 6歳と3歳)
息子6歳と娘3歳と参加させていただきました。 息子も娘も「くみおむちゃん」と呼ぶほど、くみおむ先生に首ったけでした。
そして、自転車で実際に会いに行けると思っていたらしいです。
本当に会わせてあげたいなぁ。

くみおむ先生が歌ってくれる曲がとても覚えやすくて、 終わってパソコンから離れた後も、娘息子と一緒に歌っていました
1週間経った今も、まだ歌えます。
そのくらい覚えやすい馴染みやすいメロディでした。 そのおかげで、ドレミ、とお山もお家で練習ができています
本当にありがとうございました。

外国にいて日本語に触れる、見る、書く機会が少ないので、 このようにオンラインでうちから日本語に触れられる機会はとてもありがたかったです。
勉強の点数、IQばかりに目がいく教育はしたくないな、 子供が好きなこと、創造性、自主性を伸ばしていきたいなと考えていたので、 その点、今回の久美子先生の講座は私の考えにも合っていて、参加してとても良かったです!




タイ在住 A.M.さん(お子様の年齢: 4歳)

幼稚園年中の娘(4歳8ヶ月)と一緒に久美子さんのマルチクリエイティブ教室にオンラインで参加させていただきました。

娘はタイと日本のダブルで、タイ在住、日本語は母語話者並みに話せます。

娘はオンラインでのレッスンは初めてだったので、どうなるか分かりませんでしたが、思った以上に、オンラインでの久美子さんのレッスンを楽しく受けることができました。

レッスンを始めて最初の10分は人見知りで、 なかなか会話をする事は出来ませんでした。

久美子さんの楽しそうな歌や会話でのリード、ピアノの音に慣れてくると、ピアノの音に合わせて一緒にドレミと声を出せるようになってきました。

ドレミの音の階段が、子供にとってはとてもわかりやすく興味深かったようで、実際に自分で紙に書いていました。

ひらがなはまだ教えていなかったのですが、久美子さんのレッスンで見えてくるひらがなを、一生懸命書いていました。

文字を書くというよりも音楽と合わせて絵を描くようにひらがなを書くことを楽しめていました。

実際に自分の母親と家の中で学習するよりも、オンライン等を使って他者とのつながりを持ちなから、外国で日本語を勉強するという事はとても意味があることだと思いました。

親以外の日本人の大人と気軽にオンラインで繋がって言葉と音楽を楽しめる機会はあまりないと思いました。

久美子さんのマルチクリエイティブ教室は勉強と音楽の区別がなくとても広い視野に立って行われる良い活動だと感じました。

どうもありがとうございました。

講座第1回目のご挨拶の部分(6分)

講師紹介・久美子ユンカーマン 

ドイツ在住の作曲を中心とするマルチクリエイター。

東京藝術大学音楽学部作曲科、東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻にて音楽と異なる分野との融合した表現を学ぶ。

ドイツの音楽大学で作曲を学んだ後、フランス国立音響研究所(ircam) にて電子音楽の研究と制作。

文化庁新進芸術家海外派遣にてドイツのマルチメディアアートセンターZKMの招待芸術家として映像作家、ダンサーなど他分野のアーティストと共同制作する。

自分が表現者であること以外に未来を担う子供を育てる幼児教育に興味を持ちドイツの幼児教育メトードのMusik Garten 指導者ライセンス(生後半年から3歳まで)を取得。

ドイツのヤマハ音楽教室の幼児科(4歳から5歳まで)講師

ドイツ人と結婚、出産し、日本語とドイツ語のバイリンガル育児と外国語としての早期英語教育、さらに石井式漢字教育に触発された漢字教育を実践中。

現在、オンラインで作曲、音楽理論、楽曲分析、ピアノのレッスンをするほか、オンライン講座「鼻歌からの作曲」、「マルチクリエイティブ表現教室」主催。

ドイツの日本人小学生の国語と算数のグループ授業の経験もあり、ZOOMのグループ授業、講座運営の経験豊富。

さらに、子供のみでなく母親の気持ちによりそって多方向から子育てをサポートするためにマザーズコーチングを学び、ティーチャーの認定を受ける。