ダイエット診断
診断結果&解説

【太るNG習慣チェック】診断結果と解説

あなたの体質を簡単にチェックする

【太るNG習慣チェック】はいかがでしたか?

診断結果と設問の解説をチェックして

少しの習慣と改善で痩せ体質に変化することは可能です♡

今できることから始めてみましょう♪

診断で「はい」と答えた数を数えて、以下の結果にあてはめて診断していきましょう!



「はい」が7〜10のあなた

ダイエットを今から始めようとしているところでしょうか?

ジムに行ったり運動器具を購入する前に

バランスの取れた食事、適度な運動、ストレッチなど、
太らないための正しい「知識」を身につけましょう♪

そして、「いつまでにどのくらいの体型に変化したいのか」を具体的にはっきりさせていきましょう!

「はい」が4から6のあなた

ある程度のダイエットに関する知識があり気をつけてはいつも

ダイエット&リバウンドを繰り返して悩んでいませんか?

万年ダイエットで悩んでいる方は、プロのサポートを受け、自分に合ったトレーニング方法や食事法を知り、これから先ダイエットに悩まないカラダを作り上げることです。

「はい」が0から3のあなた

「はい」という回答がほぼ無かったあなたは、日頃から食生活にも気を付け、ご自身のカラダと向き合って来られたきた方だと思います。

それでも、「なかなか理想の体型に慣れない」「コンプレックスが解消しない」
と思われている方は、おそらく「自分に合ったダイエット方法」が

わからなくなっているのではないでしょうか?

改めて食生活やトレーニング方法を見直してみられてはいかがでしょうか?


【太るNG習慣診断】解説

Q1 20時以降にご飯を食べることが多い

20時以降に夜ご飯を食べてしまうと、消化しきれないまま睡眠に入ってしまうため、睡眠の質を下げてしまいます。

また、食べてすぐに睡眠に入ると消費されなかった分のエネルギーは身体に蓄積されてしまいます。

これが寝る前に食べると太ると言われる理由。

寝る前に食べるだけでなく、夕食をガッツリと食べてしまうと同じように消費されないエネルギーが多くなって太ってしまいます。

どうしても夕食の時間が遅くなったときはサラダや豆腐などの消化の良いものを食べましょう。

Q2  運動が嫌い

運動しないと痩せないのでは?と思われるかもしれませんが全てがそうではありません。
運動が嫌いな方が一人で運動を続けようと思ってもなかなか長続きしません。
がっつり運動しなくても、日頃できること
例えば、階段を使ってみたり、お風呂上がりのストレッチしてみたり。
運動以外でも、食生活を見直すことからはじめていきましょう!!


Q3 つい食べ過ぎてしまう

食事と食事の間の時間が長くありませんか?
例えば、たいていの方はお昼ご飯を12時に食べて夕ご飯が19時とか。

この間、何も食べないとお腹が空き過ぎてしまって夕ご飯を食べ過ぎてしまう原因にもなります。

お腹が空いたら、「ナッツ」など食物繊維の多いドライフルーツをおやつ代わりに食べましょう♪

Q4 ご飯は丼ぶり・パン・ラーメンなどの単品メニューで済ませることが多い

ご飯・麺類などほぼ炭水化物のみの食事は

カロリーが高く、栄養不足になってしまいます。

体に必要な栄養素が不足していると、
「もっと栄養を補う食品を摂取せよ」と脳から指令が送られます。

これが食べ過ぎや、満腹感を得られない原因に!!

ご飯はなるべく定食を!
自宅で食べるのであれば、ご飯を小盛りにする代わりにおかず、スープを足してみるなど工夫してみてください。

Q5 1日の水分量は2リットル以下だ

お水を飲まないと痩せません。

これは断言します!

水は体内の老廃物を流して、綺麗にしてくれます。
老廃物が流れることで血行が良くなり代謝が上がるのです。

汚れた川を想像してみてください!
汚れた川を綺麗にしてくれるのって水ですよね。
綺麗な川はいつも水が流れています。

水分といっても、「お茶」「ジュース」「コーヒー」は含みません。
水を1日2リットルはこまめに取りましょう!

Q6 完食することが週3回以上ある

付き合いなどの外食は避けられませんよね。
外食時に以下のことに少し気をつけることで体重の増加を防ぎます。

● 野菜から食べる
  料理が出てきたらまず野菜から食べましょう!
  野菜がなければ暖かいスープ、暖かいお茶を飲みましょう!
急激な血糖値の上昇を防ぎ、暴飲暴食を防いでくれます。

● 選ぶ料理に気をつける
  外食はどうしても食べる量が多くなってしまいます。
  そんな時に白ご飯、麺類などの糖質の多いものを選んでしまうとどうしても体重増に繋がります。
  食事が選べる時は、ステーキ、焼き鳥などの赤身の多いお肉、魚は白味魚などのタンパク質の多いものを選ぶのがベストです!

外食の時は以上のことに気をつけ、事前に外食がわかっていれば、前後の食事で調整しましょう!


Q7 からだは硬い方だ

ストレッチはしていますか??

痩せやすい体を作るには体の柔軟性が必要不可欠。

寝る前に布団の上でストレッチをすることから始めてみましょう

日中凝り固まった筋肉をほぐし、関節可動域をアップさせ、むくみを緩和させることができます!



Q8 いつも計画倒れしてしまう

ダイエットしよう、トレーニングに行こうと思ってもついつい先延ばしになっていませんか?
また、始めても長続きしなかったり・・・

いつも計画倒れしてしまうのは明確な目標設定ができていないからかもしれません。

「いつまでにどんな風になりたいか」
「叶えたら何をしたいか」

明確にイメージしてこまかく紙に書き出してみましょう!