転職エージェントの活用方法 

転職、就職、面接、エージェント、比較



20代の転職に転職サイトや転職エージェントが必要な理由

転職エージェントで求人選定をしてもらう

まずキャリアコンサルタントとして転職エージェントを強くおすすめしますが、それには理由があります。

20代に限らず、今の転職市場では求人の先が見えません。

この企業はブラック企業ではないのか、入社後に違う業務をやさられるのでは、といった不安を持つ求職者は少なくありません。

転職エージェントを利用すれば、こうしたリスクを回避することができます。

参考:ブラック企業の見分け方は転職エージェントに相談するのが一番

また転職エージェントの場合、求人の選定だけではなく、書類作成から面接対策まで全て無料で行ってくれます。

転職ノウハウが少ない20代の場合、こうした理由から転職エージェントは必ず利用すべきだと断言できます。

転職サイトは求人探しの参考にする

転職サイトを利用している20代も多いと思います。

求人数に関していえば、転職サイトは転職方法の中で一番多いでしょう。

ただ転職サイトのデメリットは、応募型になるので書類作成から面接対策まで全て自分で行う必要があります。

また残念ながら中には評判の良くない企業もあるので、求職者のデメリットになる情報も含まれていると言えます。

ですが求人を調べることに関しては、転職サイトが一番なので登録をして気になる求人探しに使いましょう。

気になる求人があれば、転職エージェントに相談してプッシュしてもらうと採用率が上がりますよ。



転職エージェントに干されるとこれだけ不利に!?転職活動への影響がヤバすぎる

今の転職市場において、求職者にとってみれば、いくつかある転職方法のなかで、転職エージェントを利用することが最も生産性が高く、質の高い転職活動を実現することができます。

求人紹介をはじめ、その後のありとあらゆる転職活動の工程を自力で行うことなく、転職まで最短ルートで進むことができます。

逆を言えば、今の時代、転職エージェントを利用しないということは転職が遠のくと言っても過言ではないです。

求職者が意図的に何らかの理由により転職エージェントを利用しないということは、それで良いのですが、意図的に利用しないという意味と、利用できないという意味は同じ利用しないという結論でも訳が違います。

前者はいつでも自分がその気になれば利用することができるのですが、後者の場合は、自分がその気になっても転職エージェントを利用することができないということになります。

この差は大きいです。

では、求職者が転職エージェントを利用したくてもできないという事態になるケースはあるのかということです。

転職エージェントは、どれだけ転職が難しい経歴を持っている求職者でも登録はしてくれますし、一定の転職支援をしてくれますし、転職しにくい求職者だからと言って、一方的に登録を解除するというパワープレーにでることもありません。

ただし、求職者には転職支援を受けているなかで、転職エージェントから一方的に登録解除される人もいます。

今回は、転職エージェントに干される人がいるって本当か?ということについてご紹介しますが、結論的には存在します。

では、どのような求職者が転職エージェントから干されるのでしょうか?

このあたりも含めて干されるとこうなるという点について今回はご紹介していきます。

キャリアアドバイザーは人である

転職エージェント自体は、民間の企業が運営する事業であるため、感情を持たない無機質のものです。

転職エージェントのなかには企業の採用活動の支援を行う営業担当者と求職者の転職支援を行うキャリアアドバイザーが存在します。

両者ともに人になるのですが、求職者が転職支援を受ける場合、キャリアアドバイザーが中心になって関わりますので、キャリアアドバイザーに関して言います。

キャリアアドバイザーに対して非常識な言動や行動が続くと、関係性が壊れ転職支援してくれなくなりますし、最悪の場合は登録解除になります。

先程も言いましたが、キャリアアドバイザーも人です。

人である以上、感情を持っていますし、客観的に見てもこれは非常識な言動、行動ではないかいう対応を求職者がすると登録解除されます。

求職者のなかには、キャリアアドバイザーに対して必要以上に何でもありという考え方を持っている人がいます。

確かに、転職エージェントに登録する際に、キャリアアドバイザーから何でも相談に乗ってくださいというコメントが出るのですが、あくまで常識的な範囲の何でもありであり、非常識も含めての何でもではないのです。

転職支援を受けるなかで、距離感が縮まり、ビジネスとしての関係性ではなく、求職者が勝手に友達感覚で、『今日飲みに行こうよ』とか、ビジネスではありえないような対応を取り続けると、許容範囲が広いキャリアアドバイザーであってもさじを投げます。

転職エージェントのドタキャンは絶対しないこと

キャリアアドバイザーは転職エージェントに在籍し、キャリアアドバイザー活動という仕事により転職エージェントから給料を得ている立場です。

キャリアアドバイザー自身も労働者であり、自分の仕事の成果に応じて昇格や昇給が決まります。

成果が出ていない場合は、求職者が現職で経験したことがあるかもしれない降格などの処分を受けることになります。

求職者が転職活動を真面目に行い、その結果、なかなか転職に導くことができない場合、キャリアアドバイザーの自己責任になるのですが、そうではなく、単なる求職者の怠慢によりことが減員でキャリアアドバイザーの成果が出ない場合は、求職者に矢印が向きます。

当然のことです。

具体的に言いますと、面接のドタキャンです。

ありとあらゆる転職活動をキャリアアドバイザーが代理で行ってくれますが、面接は求職者が絶対に受けなければなりません。

あくまでキャリアアドバイザーは、求職者が希望する企業の面接日程の調整や面接に関係する事前情報の提供、面接後のケアが仕事になります。

キャリアアドバイザーが自分の仕事の領域として、企業との日程を調整して、求職者の候補日時も調整して両者の日時を合わせたにも関わらず、求職者が面接のドタキャンをするとどうなるでしょうか。

まず、企業に対して失礼にあたります。

企業の面接官は、面接だけを仕事にしているのではないですし、また、他の候補者との面接もあります。

このような事情があるなかで、求職者のために日程を調整して、準備しているのです。

このような背景があるなかで、求職者の凡ミスも含めて面接のドタキャンは非常に困ります。

直接的に困るのは企業になるのですが、キャリアアドバイザーも当然に被害を受けます。

キャリアアドバイザー含めた転職エージェントからすると、求職者はお客様であり企業向けに考えると自社の商品でもあります。

自社の商品が面接をドタキャンするということは、転職エージェント自らが失態を犯したということになります。

家庭内の親子の関係性と良く似ています。

子供がまだ義務教育、または、年齢が二十歳に満たない場合は、子供が犯したことは親の教育責任です。

これと同じように親であるキャリアアドバイザーが子である求職者の教育を怠ったということで、転職エージェント社内でもマイナス評価を受けますし、企業に対しては転職エージェントとしてマイナス評価を受けます。

1回だけでもドタキャンは非常識ですが、このドタキャンが2回、3回と続くようですと、キャリアアドバイザーの独断と偏見で強制的に登録解除となります。

登録解除になっても、再登録して、違うキャリアアドバイザーが担当になれば、大丈夫だろうという安直な考えは捨ててください。

どの転職エージェントでも登録者のデータベースがあり、そこには一人ひとりの情報履歴が入っていて、キャリアアドバイザー全員が閲覧できるようになっています。

1回でも登録解除になると、生涯にわたり二度とその転職エージェントを利用することはできないということです。

仮に主要の転職エージェントだったら

登録解除された転職エージェントが、もし、転職市場で多くの求職者が必ず利用するリクルートキャリアなどの主要の転職エージェントだったらどうでしょうか。

リクルートキャリアを例に挙げますが、リクルートキャリアは日本で最も求人数が多く、利用する求職者が多いですし、転職支援実績もトップです。

企業サイドで考えても求人数が多いということは、それだけリクルートキャリアと取引する企業が多いということになります。

求職者は、リクルートキャリアのような主要の転職エージェントから登録解除を受けると、確実に自分のその時の転職活動では苦労しますし、その先の転職活動でも活動の幅が制限されます。

転職エージェントに干されるとどんな転職活動になる

転職エージェントに求職者が干されると、その後の転職活動にはどのような悪影響があるのか具体的に見ていきます。

まず、考えられることは応募できる求人数の減少です。

最近は転職サイトでも求人を多く集めることはできますが、転職サイトにある求人は転職エージェントが持つ求人と質が違います。

転職エージェントが持つ求人は非公開求人ということで、転職サイトには掲載されていない求人がほとんどですから、必然的に応募できる範囲が狭くなり、その分、転職活動の幅が制限されるということです。

また、転職サイトには、確かに求人はありますが、転職エージェントを利用して採用活動を行う企業の方が圧倒的に多いですから、純粋に数の面でデメリットになります。

あくまで感覚値ですが、転職エージェントを利用できないということは、転職市場にある求人のうち、半分近くの求人に応募することができなくなるということです。

転職エージェントの力がないと選考で明らかに不利

先程、ありとあらゆる転職活動の工程を代理で対応してくれる存在が転職エージェントであると言いました。

転職エージェントを利用できない求職者は、自力で転職活動をすることはできるのですが、転職エージェントを利用していた当時と同じように企業の選考に関する事前情報を仕入れることはできません。

転職エージェントだから企業の選考情報を仕入れることができるのです。

転職エージェントは、それまで多くの企業の採用支援や求職者の転職支援を行ってきていますから、その支援実績に応じた企業の選考情報を社内のノウハウとして蓄積し、求職者が転職エージェントを利用するメリットの一つにしています。

求職者からすると、働いたこともない企業の選考を転職市場で弱者の立場である自分が受験するのです。

ある程度の情報があれば、対策をすることができるでしょうが、全く情報がない状態ですと、雲をつかむことと同じように、あまりに無防備過ぎます。

その結果、面接でこんな質問が出るとは思わなかった、あんな面接官が担当するとは思わなくて緊張が強かったということで、面接見送りになることも可能性として高まります。

これらの情報は転職エージェントを使っていれば基本的な事前情報ですから、求職者であればだれでも選考前に知ることができるのです。

このような基本情報さえ、転職エージェントを使わない自力の転職活動では入手することができない訳です。

転職エージェントから干されると、時間的な負荷があります。

現職に在籍して転職活動をするということは、現職の仕事を日中にして、その後に転職活動をするということになります。

面接以外で、例えば書類選考で提出する履歴書や職務経歴書の作成については、1社ごとに内容を変えることで必然性が生まれ採用されやすい環境になるのですが、それを自分ひとりで完成まで持っていくためには大きな時間が必要です。

現職との兼ね合い上、対応できる時間が制限されますので、書類に関しての精度が下がり、選考見送りになる直接的な原因になるでしょう。

書類選考は、企業の選考のなかで最も通過率が低い求職者からすると難関です。

転職エージェントを利用できれば、書類選考の通過率は上がりますが、利用できないとなれば、通過率は下がる一方でしょう。



転職で失敗するのは現実を見ていないから

キャリアコンサルタントとして感じていることなのですが、転職に失敗する30代の多くは、自分の希望だけを優先している傾向があります。

多くの30代はは、転職で仕事内容や給与など、現状の不満を改善させることだけを目標としています(それは大事なことなので否定は致しません)。

これらは転職の重要な要素ですが、それだけを最優先にすると転職失敗の原因にもなるので注意して下さい。

まず覚えておいて欲しいこととして、30代の転職はよほど優秀な人材でなければ企業側が圧倒的に有利になります。

転職市場として30代は需要が高いのですが、それでもキャリアがマッチしなければ思ったような転職はできません。

さらに良い30代の求人になるほど転職希望者が多くなるので、キャリア不足(未経験など)の求職者ほど書類や面接で不採用になります。

30代の転職で失敗する人は、こうしたキャリア不足による足切りの現実を受け入れられない人が多いです。

単純に良い条件の企業を探すだけでは、30代の転職を成功させることはできないのが現実です。

30代の転職で大事なことは、自分のスキルや実績に合った求人を探すことになります。

ですが転職経験が豊富な人などいないので、年収などの条件だけを見て失敗してしまうのです。

このギャップを埋める方法としては、キャリアに合った求人を紹介できる転職エージェントに相談するなどが有効です。

転職に求められる仕事と現実

30代で転職をする場合、求められる仕事を理解することも重要になります。

基本的に、「30代の転職者は即戦力になる人材が欲しい」と企業は考えています。

そのため未経験や異業種への30代転職は、新卒に比べてかなり不利になります。

もちろん転職サイトなどには未経験可の求人もありますが、良い条件ではない可能性が高くなります。

仕事がきつかったり、給与が上がらないなど、いわゆるブラック企業の可能性もあるのです。

参考:ブラック企業の見分け方!面接の手口をキャリアコンサルタントが教えます

同業種・職種が成功しやすい

30代で転職を決意した場合、よほど強い理由がなければ同じ業種や職種で転職したほうが成功しやすいです。

ただし職種によっては、全くの異業種でも評価されるケースもあります。

特に人材不足で需要が高いIT系は、金融系のエンジニアからWEB系のエンジニアなど異業種でも転職しやすいです。

逆に営業などは、意外かもしれませんが、異業種への転職は難しいです。(ほとんどの場合、給料が下がります)

キャリアコンサルタントが教える営業職の転職が難しい理由

基本的に30代で転職する場合は、キャリアがある業種・職種を選んだ方が成功しやすいです。

もし未経験の場合は、転職エージェントなどに相談をして、不利な条件にならないように転職活動を行いましょう。

転職で転職エージェントを使うべき理由

転職活動をしている人が利用しているサービスは、転職サイトと転職エージェントが中心になります。

どちらもメリットとデメリットがあるのですが、本格的な転職活動をするなら転職エージェント一択になります。

転職エージェントは転職サイトとは違い、より質の高い転職活動ができるからです。

非公開求人があります

求職者には全く関係ありませんが、気になっている方も多いので転職エージェントの成功報酬の率に関する話をしたいと思います。

成功報酬の率は平均で考えると、どの転職エージェントも30%~35%です。

一例を挙げると

年収500万の求職者で成功報酬率30%だと150万の成功報酬が転職エージェントに入ります

これだけの金額が転職エージェントの売上になるのです。

気づかれた方も多いと思いますが、年収が高い求職者ほど、転職エージェントにとっては良い顧客になるのです。

さて、何故、求職者に直接関係のない成功報酬の話をしたのかですが、実はここに非公開求人の裏事情があるからです。

転職活動をしたことがある人ならば、一度は非公開求人という言葉を聞いたことがあると思います。

この背景には、転職エージェントと企業との関係があるのです。

非公開求人の仕組み

すでに経験がある求職者も多いとはずですが、複数の転職エージェントを同時に利用した場合、すでに他社転職エージェントから紹介された求人が紹介されたということはよくあると思います。

企業も採用活動を行うにあたり、早期に採用活動を終了したいため、また、求人を転職エージェントに依頼するだけであれば一切の費用が発生しませんので1つの求人に対して複数の転職エージェントに同時依頼します。

転職エージェントからすると、1つの求人に対して複数の転職エージェントが企業に求職者を紹介できるということになり、ある意味、取り合いになります。

求職者の取り合い環境をなくして求人を独占することができれば転職エージェントからすると、その求人から入る成功報酬は自社のものになるのです。

そこで、転職エージェントでは、求人を独占し、かつ、成功報酬の率を変動させる契約を企業に依頼します。

これが非公開求人になるのです。

企業からすると1つの転職エージェントに独占で求人を依頼すると採用活動が停滞するリスクはあるため、それだけでは応じることはなく、そのリスク以上のメリットが必要です。

非公開求人の場合は、基本的に転職エージェントの提示する成功報酬の率としては20%ぐらいが相場です。

先程の例で考えると500万の求職者であれば100万円の成功報酬額になり、30%より50万円も採用コストを下げることができます。

知らない人も多いのですが、求職者は成功報酬率を質問すれば教えてもらえます。

もし成功報酬の率が20%前後である場合は、その求人は非公開求人だと思ってください。

非公開求人は求職者にもメリットがある

非公開求人のメリットとしては、選考に進む求職者の数が少ないため、選考を有利に進めることができます。

ある求人で当初は選考基準がそこまで高くなったにも関わらず、応募数が多くなり企業が相対比較のために選考基準を引き上げるケースが良くあります。

求職者からすると、ライバルとなる他の候補者が少なければ少ないだけ内定に近づくということになりますから、非公開求人はチャンスです。

転職エージェントの中には、聞いても非公開求人とは言わないことがありますので、その場合は、求人紹介の際に求職者自らが「この求人の成功報酬の率はどれくらいですか?」と聞いてください。

先程お伝えしたパーセンテージ前後であれば非公開求人ですので、積極的に応募した方が良いです。