なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
食物アレルギーっ子とママが
笑顔で生きるためには
伝え方が9割

あなたは
自分の気持ちを
周りに伝えられていますか?

子どもにアレルギーがあると
ママはやることがいっぱい。

一人で抱え込み、心も身体も余裕なし。
周りにどう頼ればいいかわからない。

孤独な思いで毎日頑張っていませんか?

私が頑張らないと、子どもが可哀想。

完璧にできないと母親失格だ…

本当にそうですか?

アレルギーは悪い事なの?


子どもはママを見て育ちます。
ママがネガティブに捉えると
子どもも同じ捉え方をします

子どもは食物アレルギーへの思いや考えを、ママの捉え方から学習していきます。

ママが自分のアレルギーで悩み苦しんだり、悲しんでいた時、子どもは「自分のせいだ」と自分を責めてしまいがちです。

ママの心の在り方が、そのまま子どもに影響するとしたら、あなたはどうありたいですか?

ママが変われば子どもも変わる

「親がどう受け止めるか」で
我が子のアレルギーへの印象は変わります。

アレルギーに対しプラスに捉えるか、それともマイナスに捉えるのか。

ママの受け止め方で、全てが180度変わります。
ママの心の状態で、子どものアレルギーへの受け止め方は変わるのです。

頑張るママにこそ、サポートが必要

アレルギー治療は主にママが先頭に立ち進めていきます。

普段の生活に、プラスして子どものアレルギーについて奮闘する日々。
そんな忙しい毎日を頑張っているママのメンタルが整っていないと

治療はもちろんのこと、毎日のアレルギー対応だけで疲れてしまい、余裕がなくなってしまいます。

「もう疲れた・・・」
「何でうちの子だけ・・・」

ママがしんどいこと、子どもは気づいています。

「僕のアレルギーのせいでママが苦しんでる」
子どもはママの気持ちに敏感に感じ取り、自分を責めてしまいます。

ママの幸せが
子どもの幸せに繋がります。

ママの心が笑顔でいることを

喜ばない子どもはいません。

同じように

いつも悩んだり悲しい顔をしているママを見て

心配にならない子どももいません。

ママは家庭の太陽です。

ママが満たされ、幸せな気持ちでいることが

子どもが幸せになる近道なんです。

大人になった時に自立できるように

我が子も、少しずつ成長していきます。
そしてママの手を離れ、自分の世界を作っていきます。
その時自分のアレルギーとどう向き合い、周りに伝えていくのか。
今から基礎を築いていくことが、未来の子どもへのプレゼントになります。

ママの伝え方一つで
子どもは変わります

子どもに
正しく伝えていくと・・・

  • 自分に自信を持つ
  • やりたいこと・夢に向かって挑戦できる
  • アレルギーを前向きに受け止められる
  • 周囲の人たちに説明できる
  • 大変な事も自分の力で乗り越えられる
  • 大変な事も自分の力で乗り越えられる
  • 大変な事も自分の力で乗り越えられる

様々な場面で
「伝える力」が必要

ママは
たくさんの場所での
伝え方で
悩んでいます

自分の両親にはどう伝えよう・・
義理の両親にどう言えばトラブルなく
理解が得られるかな・・
ママ友にはどう伝えたら、遠慮されず安全に遊べるだろうか。変な印象を与えない方法はないかな?
子どもにはどう伝えればいいだろう。
マイナスに捉えて自信をなくしてしまわないかな。
自分の可能性を信じられる
そんな風に伝える方法はないだろうか・・?
お医者さんに自分の気持ちをうまく伝えられない。どうしたらスムーズに伝えられるのかな。毎回の診察でどうすれば先生とうまくやっていけるかな。
お医者さんに自分の気持ちをうまく伝えられない。どうしたらスムーズに伝えられるのかな。毎回の診察でどうすれば先生とうまくやっていけるかな。

食物アレルギーを伝える時
その状況に適した
伝え方のコツがあります

保育園・幼稚園・学校の先生には

  • めんどくさい親だと思われずに
    アレルギー対応を伝えるコツが必要
  • クラスメイトにもわかりやすく
    説明してもらうための打ち合わせの仕方
  • クラスメイトにもわかりやすく
    説明してもらうための打ち合わせの仕方

夫や子どもの兄弟には

  • 家族として、食物アレルギーを正しく理解してもらえる伝え方
  • 夫も積極的に子育てに参加する伝え方
  • 夫も積極的に子育てに参加する伝え方

自分の親世代には

  • 子どもの偏食・好き嫌いだと決めつけられない伝え方
  • 関係を良好にしながら、親から協力してもらうポイント
  • 関係を良好にしながら、親から協力してもらうポイント

ママ友や近所の人には

  • ママ友に正しく理解され、困った時に手を貸してもらえる関係性を作る秘訣
  • 近所の人に誤解されない、必要以上に心配されない伝え方
  • 近所の人に誤解されない、必要以上に心配されない伝え方

お医者様には

  • お医者様に聞きたいことを聞くための質問の仕方
  • 先生に要望を伝えるポイント
  • 先生との適度な距離感の保ち方
  • お医者様に聞きたいことを聞くための質問の仕方

子ども本人には

  • アレルギーについて聞かれた時、子どもがネガティブにならない伝え方
  • 子どもが自分で伝えられる能力を伸ばすコツ
  • 子どもが自分で伝えられる能力を伸ばすコツ

ママ本人には

  • 自分のせいだ、と子どもに対して罪悪感でいっぱいにならないコツ
  • ずっと子どもにつきっきりで孤立してしまわないための、自分への伝え方
  • ずっと子どもにつきっきりで孤立してしまわないための、自分への伝え方

コミュニケーションが重要

食物アレルギーの事を周りに伝え、理解をしてもらう事や協力を得るには、コミュニケーションが重要です。

学校では教えてくれない周りへの伝え方。
命に関わるアレルギーを「どう伝えていくか」というスキルはとっても重要なんです!

伝え方で
アレルギーへの
見方も変わります

こんな方にオススメです!

  • 我が子の食物アレルギーをうまく伝えられない。
  • アレルギー対応で毎日疲れて、子どもはもちろん自分のケアもできない。
  • アレルギーをうまく子どもに伝えられない。
  • 我が子がアレルギーじゃなかったら・・・・と思うと自分を責めてしまう。

体験者の声

Voice

心の中が整理でき、本当の気持ちに出会う事ができました!

小池めぐみさん(仮名)30代

セッションでは自分の思いをたくさん話すことができ、思考を整理することができました。 

 優しくじっくり聞いてくださり、いろいろ気づきを与えてくださったので、気持ちがとってもラクになりました。


VOICE-1-

不安が自信へと変わり、前に進む勇気が湧いてきました!

金子宏美さん(仮名)40代

ゆかりさんのセッションを受け、現在のネガティブな感情はただの思い込だったと確信が持て、次に進む勇気が湧いてきました!

今の不安な気持ちは、今後、やり方を知って取り組むことで私の自信に繋がることも腑に落ち、これまで頑張ってきたことも決して無駄ではなかったと感じることが出来ました!


VOICE-2-

一歩前に進むことができました!

鈴木涼子さん(仮名)40代

ゆかりさんのセッションを受ける前は、こんな事他人にお話しして良いかしら・・と思っていました。

しかし、セッション前から安心して自分の胸を内を伝えることで勇気が湧いてきました。

 今の時代、他人に気持ちを吐き出すことがなかなかできない環境で、思いの内をすべて出し切れることがなかなかできない方は、ゆかりさんのお力を借りて一歩前に踏み出すきっかけを作れると思います


VOICE-2-

不安が自信へと変わり、前に進む勇気が湧いてきました!

金子宏美さん(仮名)40代

ゆかりさんのセッションを受け、現在のネガティブな感情はただの思い込だったと確信が持て、次に進む勇気が湧いてきました!

今の不安な気持ちは、今後、やり方を知って取り組むことで私の自信に繋がることも腑に落ち、これまで頑張ってきたことも決して無駄ではなかったと感じることが出来ました!


VOICE-2-

個別相談について

Teaching materials
1×1の個別セッション
普段他の人には言いづらくて言えない・・・という事や、普段心に抱えている悩みも、1対1のセッションでじっくりとお聞きします。

その上でアレルギーに対する姿勢はもちろん、自分の心と向き合い、自分に対してどう気持ちを伝えたらいいかなど、自分と向き合う時間を作ります。

自分一人では気づけない事も、コーチと一緒だと気づくことができます。

セッションの中では、必要に応じてワークも行い、楽しみながら自分と向き合っていきます。

自分を大切にするスキルもお伝えします。
周りやお子様への伝え方もマスター
アレッ子子育てにおいて欠かせないのは、家族や友人、保育園や小学校での先生達とのコミュニケーション。

いかに我が子の食物アレルギーを理解してもらい、協力してもらえるかで、アレッ子子育ての大変さが変わってきます。

学童指導員歴8年、保育士の資格も持ち、100人以上の子どもと向き合ってきた伝え方コーチが、周りに好かれながら協力してもらうコツをお伝えします。
ZOOMで全国どこからでも参加できます
ビデオ会議システムの一つ、ZOOMを使用してオンライン上で話します。

そのため、全国どこからでも参加できます!

移動もないので、時間や他の事を気にすることなく、相談することができます。

伝え方を学びたい方は
個別相談を
お申し込みください。

5名様限定!

今なら無料で
受付中です!

あなたの思いや悩みを
一緒に考えましょう!

アナタの思いや悩みを
たくさん伝えてください。

私も同じ道を通ってきました。
一緒に考えて
もっともっと子どもを好きになって
アレルギーへの意識を
楽に変えていきましょう。

コーチについて

アレッ子ママの伝え方upコーチ 
宮本ゆかり

元保育士・学童指導員。
大学時代は教育学を専攻。

学童保育所では8年間、100人以上の子供の生活・教育指導・保護者のサポートを行う。

子育て支援センターで100人以上の親子のケアや相談に乗る。
子ども未来がっこう講師・個性教育学インストラクター取得。
子どもの才能や可能性を伸ばす講座を開講。自分の本音を引き出すコーチとしても活動中。

重度のアレッ子ママとして
1

息子は重度のマルチアレルギー。

長男が0歳時、卵・小麦・そば・ナッツのマルチアレルギーと判明。

初めての子育ての上「食べたいものが食べられない」体にしてしまった事を責め、自分を犠牲にして子どもに尽くす日々。
うまくいかず子どもにあたっていたが、メンタルを整え、伝え方を変えるだけで、周りの協力はもちろん、子どもに対する接し方も変わるようになりました。
今は自分の経験を生かし、同じように頑張りすぎるママに向けて、もっと楽になって親子共に自信を持てるよう伝えています。


お問い合わせ

Contact

お問合せ

お問い合わせは、下のボタンをクリックし、お問い合わせフォームからご連絡ください。48時間以内にこちらから返信させていただきます。