数学・理科でお悩みのお子様の保護者様。

高松高校,高松一高など,県立上位高受験専門塾

県立上位高受験専門塾iFORUMとは、、、

はじめまして。塾長/スコアプレゼンターの稲井方俊といいます。私自身は、高松市内の老舗有名学習塾で当時としては最短かつ最年少として教室長になりました。その後、香川県内の塾,徳島県内の大手塾に勤務してきました。一念発起し、高松高校、高松一高をはじめとした県立上位高受験専門塾として、2013年4月に,田町商店街(クロネコヤマト田町センターすぐ近く)の中に開校しました。指導スタイルは個別指導になります。授業では、演習量を増やすことで知識の習得と理解を図っています。

『ロボットプログラミング教室』

2020年5月開講
ソニーのKOOVを使った『ロボットプログラミング教室』を
2020年5月開講いたします。
詳細はホームページ,ブログ等で発信していきます。

募集要項(抜粋)

〇指導スタイル〇
個別指導

〇募集学年(指導科目)〇
小学生(4科),中学生(5科),高校1年~2年(数学のみ)
1科目から受講いただけます。(小学生は算国セットになります)

〇受講スタイル〇
iFORUMは曜日,時間帯,科目が選べられますが,自由な時間にきて,自由に科目を受講いただけるということではありません。ご都合の良い曜日,時間と受講される科目を入塾時(継続時)に決めていただくことになります。年間通して,その曜日,時間帯,科目を指導させていただくということになります。入室する時間,曜日を決めていただくには理由があり,定員6名で行っておりますから,座席数を平等に確保させていただくことと,緊急時(休講など)のご連絡等のためとなっております。

資料請求に関して

御規模の方に送料無料でお送りさせていただいております。
iFORUMでは中学生の授業は1回2時間以上,高校生は1回80分以上に設定しています。
問題を解いて,マル付けしてはい!終わり。ではなく、正解までのプロセスに怪しいところはないかだとかのチェックをしています。また間違えた問題は、どこでどう間違えたのかのチェックを行います。対話形式でのやり取りで理解できていないところだけでなく、なんか理解が怪しいなというところまでを二人三脚で行っています。結局、中途半端に理解していることこそが、大きな壁になってしまうわけです。

体験談1

高校1年生 M君の場合『三角関数』

高校1年生のM君。三角関数がテスト範囲でした。三角関数が全般的に不得手でとりわけ、三角不等式でかなり悪戦苦闘。i-FORUMでの個別演習でも,一発正解はなかなか出せない状態でした。テスト当日の夜,「手応えは?」の問いに「やれることはやった」とのこと。数日後,そんな彼がとってきました。97点。かなり健闘してとってきた点数は惜しくも100点ではなかったですが,それと同等かそれ以上の価値があると思っています。

ここがPOINT

数学は暗記科目ではないですが,公式や解き方は暗記しないことには始まりません。ただし,一夜漬けのような丸暗記ではなく,理解が伴った暗記が必要になります。M君のケースもそうでした。個別演習では,しつこく何回も,答えにたどりついた経緯を本人に説明してもらいます。もっと言えば,答案に残してある途中式の意味を本人に確認します。答案の○×だけだとお互い楽です。間違えた部分を指導側が説明すれば楽かもしれません。でも,それはもしかしたら「わかった」つもりになっているだけで,本人が理解したということとは別のことと考えています。主役がお子様である以上,お子様の理解を優先で進めています。また,どうしても苦手科目ほど後回しにしてしまいがちですが,後回しにしていいことなんか何もありません。苦手かなと感じたら,早目の対処が必要になってきます。受験学年になってからだと,受験勉強における負担が大きくなりますから。


体験授業

体験授業(数学または理科)は下記の日程にて随時行っております。
月~金:16:00~22:00
土:13:00~20:00  
体験授業には
80分×3回の有料体験(体験料:4,400円税込)
80分×1回の無料体験            
の2種類がございます。ご希望の日時,体験コース(有料/無料)をお知らせください。(教材準備等に3,4日ほどいただきます。ご希望する日の1週間前にご連絡ください。)

iFORUMは1教科~×週1回~の受講ができます。スタンダードな受講としては週2回をお勧めしています。とりわけ数学に関しては,週1回よりかは週2回がより効果的です。

体験談2

中学3年生 T君の場合「理科だけが、、、」

T君がiFORUMに入塾したのが、中学2年生の2月。理科だけが点数が伸び悩んでいて,それで入塾。他の科目は診断でも45点以上取ってきていましたが,理科だけが35点前後でした。他塾の兼ね合いで週1回のコースを受講。誰でも得手不得手はあるもので、彼の場合は理科でした。点が伸びなかった原因は解法の定着が原因。まずは解き方の流れを示し、あとはひたすら演習。できるようになるまでやりこなす。この繰り返しです。当然、解法の定着がしっかりとできるようになると、問題もどんどん解けるように。診断の点数も3年からは47点前後(定期的に満点)を安定して取れるようになりました。また、彼は伝説を残しました。夏期講習では、講習2日目にして、教材を2冊終わらし、最終的には、4冊完璧に終わらせました。そんな彼は無事、希望学校である滋賀県立膳所高校に見事合格しました。

通常授業では、学校の進度に沿って演習指導を行っていきますが,受講者の理解状況または重要単元の場合は,学校の進度よりも少し遅くなります。例えば、証明問題や確率。練習量はそこそこに先々へと進んでいきます。ですが、iFORUMでは、自力ですらすら書くことができるまで、またいろいろなパターンを解いてもらうためにじっくり時間をとって行っています。ですので、上述のように、数学は週2回がより効果的になってくるわけです。
また、春・夏・冬の特別講習は,今までの復習に重点を置き行っています。長期休みだからこそできる特別講座なども随時行っています。例えば、夏期講習では、夏期にしか行っていない『規則性問題特訓』講座を設置しています。時間のとれる時期に時間の少しかかる問題に挑戦し、解法パターンの習得を図る講座です。これは第2回、第3回の数学の診断テスト対策として設置しています。毎年、よく似た問題が出題されています。

体験談3

中学3年生S君の場合「関数が、、、」

関数全般が苦手だった中3生S君。関数の問題を解いてもらったら,正答率が半数以下。そんな状況でした。もちろん、基本的な事柄は理解できていました。比例,反比例,1次関数の基本式は大丈夫です。応用的な部分になると、上述した通り。夏期講習では本科で数学,理科,英語。オプションで関数特訓を受講。関数って皆さんが思っているほど難しくないんですよね。いくつかの問題を読むコツ,グラフを見るコツさえつかめれば大丈夫なんです。本講座では、全体的な流れを押さえ,オプション講座では,徹底的にそのことを伝授。あとは教わったことを、問題を解いて実践するのみ。あれだけ苦手だったS君。夏休み明けの第2回診断テストでは、関数の問題は全問正解。この後も関数の正答率は安定し,得点源へと大きく変貌しました。

ここがPOINT

どの科目もそうですが、点数が取れにくいというには原因があります。その原因を取り除くまたは軽減させてあげることが大事になります。そして、その原因は人によって異なってきます。彼の場合は、解き方の定着でした。あやふやなところがありました。T君の場合、理科だけが、、、という稀な?ケース,S君にいたっては数学の関数分野が苦手というケースでした。苦手な科目というものは、だいたい2つや3つはあるものです。苦手な科目を1つでも、1単元でもなくすことができたなら、それは大きな自信へとつながっていきます。

算数・国語の2科目指導を週2回(1回80分)行います。

受講時間:1回80分         
●受講教科:算数&国語の2科目指導受講料(月謝) 算数&国語(週2回)… 6,600円

個別指導で,曜日,開始時間は下記から自由にお決めいただけます。

開講曜日:月曜日~金曜日 16:00~19:00

(座席数の関係で,ご要望に応えられない場合が発生します。ご了承ください。)

オプションとして,理科,社会,英語を追加受講できます。

その際,別途受講料が必要になります。また,オプション講座のみの受講はできません。

受講料(月謝) 1科目(40分1回)追加…+2,750円

資料請求に関して

御規模の方に送料無料でお送りさせていただいております。

体験談4

中学3年生Mさんの場合「プチパニック・・・。」

Mさんが大手塾からiFORUMに入塾したのは9月。その前に体験として夏期講習(数学と理科)を受講。とりわけ数学に苦手意識を持っていて、直前の定期テストでは70点前後。診断テストでは30点前後。夏期講習では14日間コースを受講。夏休み明けの診断テストでは、40点越えを果たしました。そのとき、彼女が口にしたのは、夏期講習を受講して勉強の仕方でプチパニックになったとのこと、、、。

ここがPOINT

iFORUMでは通常授業では導入部分ー学習する単元のポイント部分ーの説明をできるだけコンパクトにしています。5分,10分で説明を行い,あとはひたすら演習に入ります。それの繰り返しです。丸付けは私のほうでやります。間違ったらその場で一度解き直し。わからない場所があればヒントを出します。こちらから解答をまるまる示すことは稀です。これが、プチパニックになった原因です。以前通っていた塾は大人数の前で板書。解答は各自で丸付け。大事な問題などは板書で一斉解説。中1~中3夏前まで過ごしてきたわけですから、環境が大きく変わるのは当然ですよね。ましてや、受け身的な体制から能動的な体制に変わるものですからパニックになるのもわかります。学力が定着する瞬間はテストを受けている最中だと言われます。これは、学習した(覚えた)ことを思い出そうとすることで学力の定着が図れているということになります。短い時間でも、iFORUMではしっかりと考えてもらいます。開講以来ずっとこのスタイルをとっています。

資料請求に関して

御規模の方に送料無料でお送りさせていただいております。

体験談5

中学3年生Mさんの場合「それは突然やってきた」

Mさんは、その後のテストでも頑張ってくれましたが,やはり波がありました。数学の点数が安定しなくなりました。36~43をいったりきたり。そんな中大きな変化が訪れたのが,冬期講習のとある日。それは何の前触れもなく起きました。公立高の入試数学をガシガシ解いていく中、図形問題で進みが鈍くなり、1題あたりにかかる解く時間数も増えていく最中、突然それはやってきたのです。『わかった!』の声とともに。そう、、Mさんの前に立ちはだかっていた壁を乗り越えた瞬間でした。その後の彼女の問題の正答率の高さといったら,以前と比べものにならないくらいです。ちょうどその瞬間を目の当たりにしていたのですが,何かひっかかっていたものがストンと落ちていったのが分かりました。その後の診断テストや模試では,波も見られず高得点をキープできていますし,何より大きな自信になっていました。

ここがPOINT

iFORUM開校以来、伝説に残るエピソードの1つになっています。数学にしろ、英語にしろ、勉強していたら、誰だって伸び悩む壁というものにぶち当たります。私たちはその壁を乗り越えるためのアドバイスをします。ボクシングのスタンドにいるような感覚です。壁を乗り越えるのは当の本人です。本人がその壁と向き合い、果敢にも挑んでいかないと壁は乗り越えられませんと思っています。Mさんの場合は、考えに考え抜いた結果、彼女なりの突破口を見つけたのでしょう。このエピソードの場合は、図形の見方です。図形問題は、とりわけ入試問題に出てくる問題では、補助線を引かされることが多々あります。闇雲に線を引けばいいわけではなく、解答につながるための引き方をしなくてはいけません。彼女はそれを見事に見出したのでしょう。一歩先ではなく二歩先まで。そして、それが、今まで黙々と解いてきた問題たちと一気につながったのだと思います。点が線になるように。

模擬テストは小学4年生~高校3年生まで、希望者に定期的に行っております。模擬テストを通じて得られる学習(時間配分,自己採点の方法など)指導も行っております。

体験談6

中学3年生Mさんの場合「意識が変わる」

これまたMさんのお話です。苦手科目や分野が減るにつれて、点数にこだわるようになってきました。それは診断テストを受けた当日、お母様から電話があり、今日の授業はお休みするとのこと。聞けば、今日の診断テストの出来が思った以上に悪く、泣きながら帰ってきたのだと。いつもは200点を超えている彼女にとって、200点を超えられなかったのがよっぽど悔しかったのでしょう。ところが、翌日、彼女はにこにこしながらやってきました。診断テストが返ってきたのです。励ます体制でMさんに聞きました。

200点は余裕で超えていたのです。余裕で、、、。昨日の涙はいったいと二人して笑いました。

ここがPOINT

点数にこだわるのか、その過程にこだわるのか。私はどちらもこだわればいいと思っています。ただ、入試というものを考えた場合、やはり1点の差で大きく変わってきます。この1点にこだわれるかどうかは本当に大事だと思います。1点に泣いた人、笑った人はいるわけなのですから、、。

資料請求に関して

御規模の方に送料無料でお送りさせていただいております。

体験授業

体験授業(数学または理科)は下記の日程にて随時行っております。
月~金:16:00~22:00
土:13:00~20:00  
体験授業には
80分×3回の有料体験(体験料:4,400円税込)
80分×1回の無料体験            
の2種類がございます。ご希望の日時,体験コース(有料/無料)をお知らせください。(教材準備等に3,4日ほどいただきます。ご希望する日の1週間前にご連絡ください。)