iFIGHT日本支部
人身売買と現代の奴隷制を根絶するために

iFIGHTは人身売買と現代の奴隷制を根絶するためにフィリピンで始まった若い世代による運動です。
人身売買の加害者・被害者を増やさないためにその実態を伝える活動を行っています。
現在、世界6か国に支部が存在し、のべ15万人以上がiFIGHT運動に参加しました。

English

人身売買とは?

私たち日本人にとってあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、国際連合の推計では世界で約250万人がその被害にあっていると言われます。フィリピンは人身売買の送り出し国として知られていますが、日本も人身売買の受け入れ国として国際的に批判されており、人身売買を根絶するためには受け入れ国となってしまっている日本に住む我々の努力も必要です。

主催団体

ビサヤン・フォーラム
Visayan Forum

1991年の創立以来、人身売買の根絶に向けてアドボカシー活動と被害者の保護活動を続けているフィリピンのNGOです。25年間の活動の中で10万人近い人身売買被害者を救ってきました。

ホームページを見る

フィリピン本部運営メンバー

Ma. Cecilia Flores-Oebanda

NGOビサヤン・フォーラム代表。

1959年、フィリピンのビサヤ諸島にて生まれる。

1991年にビサヤン・フォーラムを創立して以来、25年間にわたって人身売買撤廃の為の活動を続けてきた。
「児童労働撤廃のためのイクバル・マシー賞」「世界子ども賞」受賞。

2013年にはCNNのドキュメンタリー番組「The Fighters」に取り上げられる。

ドキュメンタリーを見る

Nica Santiago

iFIGHTのチームリーダー。

若者から人身売買撤廃に向けた機運を生むためにフィリピン全土を駆け回り、のべ10万人以上の学生に語り掛けてきた。

よくある質問

Q
なぜ学生による運動に意味があるのでしょうか?
A

人身売買の被害者は多くの場合、立場の弱い若い世代です。故に、若い世代が人身売買についての知識と防衛手段を身に付けることこそが人身売買と現代の奴隷労働を根絶するための最初の大きな一歩だと考えています。
また、日本においては若い世代が将来の加害者とならないようにすることも人身売買を根絶するために不可欠です。

Q
iFIGHTという名前の由来はなんでしょうか?
A

冒頭の「i」は自分、すなわち自己の意識や選択、行動と力を意味しています。そして、「FIGHT」は私たちが人身売買に対して戦わなければならないということを指し示しています。

Q
なぜ学生による運動に意味があるのでしょうか?
A

人身売買の被害者は多くの場合、立場の弱い若い世代です。故に、若い世代が人身売買についての知識と防衛手段を身に付けることこそが人身売買と現代の奴隷労働を根絶するための最初の大きな一歩だと考えています。
また、日本においては若い世代が将来の加害者とならないようにすることも人身売買を根絶するために不可欠です。

7月3日にイベント第1弾を開催しました!

日比NGOフォーラム@市ヶ谷

フィリピンから人身売買被害者の女性を招聘してお話を伺いました。現在はフィリピンのNGOで人身売買の根絶の為に精力的に活動されている方です。
詳細はリンクをご覧ください!

イベントの詳細はこちら
(日比NGOフォーラム)

iFIGHTに参加するには

運営メンバー募集中です!

運営メンバーに興味のある方は
ifight.japan@gmail.com
まで気軽にお問い合わせください。
フィリピンはじめ各国のNGOメンバーと日々情報交換を行い、人身売買という世界的課題に取り組むやり甲斐のある活動です。

Facebook等SNSで日々の活動の情報発信も行っています。
ぜひ、「いいね!」「フォロー」お願いします!