なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

私たちに、いま、できること
生ごみが堆肥に変わる
豊かな暮らし

照葉 LOCAL FOOD CYCLING

アイランドシティコミュニティガーデンで、
栄養循環を体感しながら菜園体験に参加できる、「照葉LFC」のメンバーになりませんか?

家庭のコンポストで生ごみ堆肥をつくったら、それをぜひ持ってきてください。
コミュニティガーデンでその堆肥を活用し、
皆さんの力も借りて生産者が野菜を作ります。
約半年に2回、皆さんお手元に安全で新鮮な野菜が届きます。

LOCAL FOOD CYCLING (LFC)は、コミュニティでのコンポストに取り組みながら、
生ごみの栄養を循環させ、野菜に変えるしくみ。
照葉を含む近隣5校区の、半径1Kmの範囲での栄養循環に取り組むことで、
豊かで新しい、低炭素型のライフスタイルを提案します。

コンポストはちょっとハードルが高い・・・という方は、
もちろん野菜を買うお約束だけでもOK。
「生ごみが野菜に変わる、たのしい循環生活」を
一緒につくりましょう!

照葉LFCのサービス内容

LFCコンポストと野菜づくりを体験しよう

LFCコンポストを使って家庭で生ごみ堆肥づくりにチャレンジ。
LFCコンポストは初心者でも簡単に始めることができ、
LINE相談などのサポートが充実しています。
(LFCコンポストショッピングサイトはこちら

できた堆肥は地域の農家へ渡し、その堆肥で育った野菜を受け取れます。
また、アイランドシティコミュニティガーデンで行う毎週の菜園活動や、
体験イベントに参加できます。
菜園活動・体験に参加できます

菜園活動(水・土曜)や体験イベント(土日祝日)に参加できます。いずれも大人から子どもまで大歓迎。一緒に野菜作りを楽しみましょう!

旬の野菜を受け取れます
皆さんがつくった生ごみ堆肥を使って、地域で育った野菜を受け取ることができます。季節の味わいをお楽しみください。(写真はイメージ)
※気候条件により野菜のお渡し時期や量が変動することがあります。
家の生ごみが減ります
家庭からでる野菜くずや食べ残しなど、ほとんどの生ごみをコンポストに投入できます。1日3~400gの生ごみを入れられるのでごみが減り、台所の生ごみのにおいからも解放されます。
生ごみ堆肥を回収し活かします
家庭のコンポストでできた堆肥は、アイランドシティコミュニティガーデンか、香住ヶ丘(詳細はメンバーのみにお知らせ)で引き取ります。集まった堆肥は、メンバーの皆さんの野菜をつくる栄養として、生産者が活用します。
菜園活動・体験に参加できます

菜園活動(水・土曜)や体験イベント(土日祝日)に参加できます。いずれも大人から子どもまで大歓迎。一緒に野菜作りを楽しみましょう!

【会費】
①6,000円/6か月 LFCコンポスト定期便ご利用中の方 
②7,000円/6か月 コンポストはハードルが高いけど、野菜は欲しいという方。
※コンポスト購入・定期便費用が別途かかります。

【対象】
対象校区(照葉、照葉北、香住ケ丘、香椎、香椎浜)在住、または職場がある方。 
アイランドシティコミュニティガーデン または香住ヶ丘に堆肥を持ち込める方。

【内容】
お野菜を6か月間で2回お渡しします。
菜園活動や野菜づくり体験イベントに参加できます。
コンポストを使うことで家庭のごみが減ります。
できた堆肥を引き取り、お渡しする野菜づくりに活用します。

アイランドシティコミュニティガーデン

小見出し
所 在 地 :福岡市東区香椎照葉1丁目4
利用時間:7:00~日没まで
アイランドシティコミュニティガーデンは、〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
野菜づくりは土づくり
みなさんが作る堆肥は宝物です
博多湾のアオサも大事な資源
集めて堆肥にします
子ども向けの体験イベントも
多数あります
畑での出会いを
ぜひ楽しんでください!
堆肥で育った野菜の味は抜群。
化学肥料を使わず育てます。

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇
 
コミュニティガーデン
〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇
畑での出会いを
ぜひ楽しんでください!

LFCコンポスト

コンポストとは「堆肥」や「堆肥をつくる容器」のこと。身近な有機物を、微生物の働きを活用して発酵・分解させる、昔から伝承されてきた日本の大切な知恵のひとつです。

「LFCコンポスト」は、都会で初めてコンポストに取り組む方でも取り組みやすいのが特徴。1日約300gの生ごみを1.5ヶ月~2か月間投入することができ、その後2~3週間で栄養価の高い堆肥ができあがります。また、コンポストを続けるためのお悩みや不安は、LINEでコンポストのプロが丁寧にサポートします。



  わたしたちが野菜を育てます!  

CSAのしくみで生産者を支え、
お野菜をお届けします。

CSAとは、地域支援型農業=Community Supported Agricultureのこと。 このしくみを、食卓と土の改善をつなげたあたらしい共助型でつくります。 「循環型CSA」は消費者が生産者に前払いをして、定期的に野菜を受け取るサービス。自分の生ごみでつくったコンポストで安全な野菜をつくってくれる地域の農家さんを支え、農や野菜や環境について知識が増えるという、お互いにメリットがある方法です。
資料提供)ローカルフードサイクリング株式会社
わたしたちができること、コンポストで生ごみが出ない暮らし

大雨や災害など気候変動の大きな波を感じる日々が続いています。
わたしたちの暮らしが10万年安定していた地球を、この50年で不安定化させ、生命が維持できる限界値を超えてきたという報告があります。(IPCC)
排出していい二酸化炭素の量は、5〜6年で限界が訪れることも数値化されています。
もう人ごとではいられません。

わたしたちが、今、できること。

「コンポストに取り組み、生ごみが野菜に変わるたのしい循環生活」を提案します。
自宅でコンポストをすれば、生ごみは減り、ごみ焼却で発生する二酸化炭素も減ります。
1人1人の量は小さいですが、集まれば大きな量になります。
コンポストは食べる人なら誰でも取り組める、今日からできる方法です。
照葉LFCに参加して、生ごみを野菜にかえましょう。

NPO法人循環生活研究所(じゅんなま研)

「たのしい循環生活」の実現をかかげ、長年、ダンボールコンポストの普及に取り組んできました。地域内で資源が循環する「ローカルフードサイクリングプロジェクト」を2017年からスタートさせ、家庭からでる生ごみを家庭で堆肥化し地域で野菜に変えるコンポストで、「2030年生ごみ資源化100%」を目指しています。

当プロジェクトへのお問合せ
lfc@jun-namaken.com