IET 2020 June 14-20
for Japanese

世界中の名手たちが一堂に会するIET。
2020年はオンライン開催。
日本にいながら世界の一流を体感できるまたとないチャンスです。

特に今回は日本の皆様のために・・・
日本時間のイベント、アメリカ時間のイヴェントの二本立て!

IETってなに??
アメリカのユーフォニアム奏者Adam Freyさんが主催する
ユーフォニアムとテューバ奏者の為のミュージックキャンプ
毎年6月にアメリカジョージア州のアトランタにて行われます
*オフィシャルウェブサイト➡https://ietfestival.com/index.html

主催者のアダムよりメッセージ

What ABOUT IET2020

!!概要!!
☆ユーフォニアム・テューバを演奏するすべての方々(どのレベルの皆さんでも!!)
にとって有益なフェスティバルです!

☆オンラインでの開催(基本はアメリカ東部時間)ですが、講座はすべて8月15日まで
アーカイブされますので、ご自分の都合の良い時に視聴が可能です!!

☆6月14日(日)~20日(土)の期間でYouTubeのプライベートリンクにて
ウォームアップ講座や特別講座、Zoomを使ったliveマスタークラスなど!

☆費用は$350(日本円で約38,000円)ですべてのウォームアップクラス、
マスタークラス、特別講座、レジェンドディスカッション
(合計70~80時間に及ぶ情報量!)を視聴することが可能です。

*しかも!!日本人の皆様のために
出来る限り全てに字幕を付ける予定です。

☆オプションで個人レッスン(1回50分$75均一価格)やマスタークラスでの演奏
(Gold Lesson Package$190でマスタークラス1回個人レッスン2回)が可能。

見るだけなら・・・大歓迎です!
レッスン受けたい・・・・大大歓迎です!!


申し込みお待ちしております!!

Learning! "学び"

世界各国からのゲストアーティストの・・・👈クリック!

①ウォームアップクラス
②マスタークラス
③ディスカッションクラス

をリアルタイムでの視聴も可能ですが(日本時間23時~翌朝8時)
アーカイブで日本語字幕付きで視聴することができます!!

Participating and Takeing Advantage!!
"参加&挑戦!"
"IETだから実現するレッスン受講!"

世界各国からのゲストアーティスト👈クリック!

④オプションで受けられる個人レッスン!!
(どの先生も$75!IETだから実現する値段)

 $190 - Gold Package -推奨プラン-2回の50分個人レッスン、そして1回のマスタークラス受講

   $75 -Silver Package - 1回の50分個人レッスン

上記プランのほか、もっと個人レッスンを増やすことも可能です!


コンクール(ソロ、オーケストラ&バンドスタディ)への参加👈クリック!

(録音を送っての審査)

Collaboration and Meeting!
"大合奏!憧れのあの人と会話ができるかも!?"

⑥参加者が録音を送り、マスアンサンブル(全体合奏)
 のテレワークアンサンブル!


⑦そして…ゲストアーティストとの談笑まで楽しめる!!

日本人の皆様への特別なご対応!!

☆日本人の参加者が20人を超えれば・・・・

・フェスティバル事前にウォームアップ講座の動画に対して日本語の字幕を挿入!!!
(6/15(日本時間)からストレスなく視聴が可能!)

・日本時間での"スペシャル・コンテンツ"のご提供!!!
*詳細決まり次第詳細アップします。

・アメリカ時間で行われるイベントや日本時間でのイベントに可能な限り通訳を付けます。
(時差の問題人員確保の問題がある為、現状すべてにはご対応不可能です)

・すべての講座はライブ放送後にアーカイブされ、後日その動画に日本語字幕がつけられます。
(動画アップは24時間以内、日本語字幕は少し時間を要します)


Q and A

Q.スケジュールはどうなっていますか?
A.まだ確定スケジュールは出ていませんが、アメリカ時間10時から始まり21時ころまでの開催です。

以下簡単なタイムラインです

10:00(日本時間23:00)~ウォームアップ講座*
11:00(0:00)~マスタークラス*
12:00(1:00)~ランチ休憩
13:00(2:00)~特別講座*
14:00(3:00)~レジェンド・ディスカッション
15:15(4:15)~休憩
16:00(5:00)~マスタークラス*
17:00(6:00)~ディナー休憩
18:00(7:00)~パーティー、談笑
19:30(8:30)~コンサート
*Euph.Tubaともに2~3のクラスが同時進行で行われます。好きな時に自由に出入りが可能です。
Q.特別講座って何ですか?
A.トピックに合わせてゲストの皆さんが講座を開いてくれます。
トピックは以下です。

1.金管バンド - David Childs, David Thornton, and James Gourlay
2.オーケストラスタイルとは - Warren Deck
3.Wagnerのスタイル - Chris Olka
4.練習部屋でのテクノロジー – Adam Frey
5.作編曲- Gail Robertson and Matt Hightower
6.軍楽隊オーディションについて- Mark Jenkins, Simon Wildman, and David Porter
7.歌い方 - Jason Casanova
8.Voice to Brass - David Porter
9.ジャズ即興 - Gail Robertson
10キャリアについてのパネルディスカッション
11.オケスタ(ユーフォニアム、バストランペット)
12.Brucknerのスタイル
13.Mahlerのスタイル
14.演奏心理学
15.二刀流のすすめ
16.アカデミックの仕事に就くための準備と面接について
Q.レジェンド・ディスカッションとは?
A.ユーフォニアム、テューバ界のレジェンドの皆様によ対談のクラスです。

レジェンドの皆様
テューバ
・Roger Bobo – International Soloist
・Velvet Brown – Penn State University
・Floyd Cooley – San Francisco Symphony
・Chuck Daellenbach – Canadian Brass
・Warren Deck – New York Philharmonic
・Wes Jacobs – Detroit Symphony Orchestra
・Dan Perantoni – Indiana University
・Gene Pokorny – Chicago Symphony Orchestra
・Jim Self – USC, Studio Musician Extraordinaire, 
・Deanna Swoboda - Past President of ITEA, Arizona State University

ユーフォニアム
・Brian Bowman – US Air Force Band, University of North Texas
・Robert Childs – Royal Welsh College of Music
・Michael Colburn – US Marine Band, Butler University
・Mary Ann Craig - Past President of ITEA
・Paul Droste – Ohio State University
・Earle Louder – US Navy Band, Morehead State University
・Toru Miura – Kunitachi College of Music
・Gail Robertson – President of ITEA, Univ of Central Arkansas
・Lukas Spiros – US Marine Band
・David Werden – US Coast Guard BandReasons to Attend
Q.締め切りはいつですか?

A.直前での申し込みも受け付け可能ですが、準備の都合上6月9日までのお申し込みをお願いいたします。
Q.特別講座って何ですか?
A.トピックに合わせてゲストの皆さんが講座を開いてくれます。
トピックは以下です。

1.金管バンド - David Childs, David Thornton, and James Gourlay
2.オーケストラスタイルとは - Warren Deck
3.Wagnerのスタイル - Chris Olka
4.練習部屋でのテクノロジー – Adam Frey
5.作編曲- Gail Robertson and Matt Hightower
6.軍楽隊オーディションについて- Mark Jenkins, Simon Wildman, and David Porter
7.歌い方 - Jason Casanova
8.Voice to Brass - David Porter
9.ジャズ即興 - Gail Robertson
10キャリアについてのパネルディスカッション
11.オケスタ(ユーフォニアム、バストランペット)
12.Brucknerのスタイル
13.Mahlerのスタイル
14.演奏心理学
15.二刀流のすすめ
16.アカデミックの仕事に就くための準備と面接について

日本にいながら
このすばらしい体験を

2020はオンライン開催。
是非、日本各地の
ユーフォニアム・チューバを愛する
皆さんに楽しんでいただきたい。

そこで、日本の皆さまには
日本語で気軽に楽しんでいただきたく、
字幕(全て)・通訳(一部)を
導入したいと考えています!!

日本からのご参加が20名を超えないと
字幕・通訳の導入が不可能です!!

日本から多くの皆さまのご参加を
お待ちしております!!!!
お申込みはこちらから

メールお問い合わせはこちら(英語)