自然素材を使った家づくり

自然素材の家づくりが多くなってきた今、
『本当に安全なものとは何か?』が
分からなくなってきています。
シックハウスやアレルギーへの不安が少ないだけでなく、
手を加えれば長持ちする。人にも環境にもお財布にも優しい。

そんな自然素材の家づくりをご紹介します。

「日本の家づくりの現状」

日本の建築業界の中で、住む人の健康を第一に考えた家づくりを手がけるところは何社あるのでしょうか?
戦後から高度経済成長期にかけ、人口増加と住宅不足から「より早く・より簡単に」が建築業界での流れとなりました。今なお「手間のかからず、クレームにならないように。」その流れはあまり変化はないように感じます。
その結果生まれた様々な問題、子供たちのアレルギーの増加、ヒートショックによる急死、わずか25年の住宅寿命など先進国の中でも、レベルの低い住宅性能・住環境になっています。

戦前以前の日本の住宅は、木や土、紙などの自然素材を使った家づくりでした。徒然草の一節「家のつくりようは夏をもってむねとすべし。」という言葉通り、比較的温暖で湿度の高い日本では通風を考え、暑苦しさを感じさせず、同時にカビの発生を抑える事が健康で快適に暮らすための古人の知恵だったのです。しかし、戦後に登場したビニールクロスや新建材は、日本の環境を考えていない為、結露やカビが繁殖し、さらには住む人の健康被害を及ぼすようになりました。
住む人の健康を考えた家づくりを目指すためには、古来からの知恵と現代の性能を活かし、その土地・風土に合った家づくりが重要となってきます。

100年先まで「住みたい」自然素材の家づくり

100年先まで「住みたい」健康な家づくりとは。
優れた住宅性能と室内環境のバランス、そして風土を考えたデザイン、さらにメンテナンス性が必要です。高い断熱と気密、そして夏の日射遮蔽と通風、冬の日差しを取り入れたパッシブな家づくりは、クーラーなどの機械に頼らない快適な暮らしが実現できるでしょう。
日々の健康な暮らしには、目に見えるもの、耳に聞こえるもの、手に触れるもの、肌に感じるもの、様々な感覚から刺激を受ける事が大切です。
優しく温かな無垢の木の手触りや漆喰で描く意匠性は、本物だからこそ生まれる経年美へと繋がります。自然素材には、簡単なメンテナンスは必要ですが、手をかけることで、次の世代まで愛着ある美しさを保ち続けます。

新築を建てた時のビニールクロスやクッションフロアを
自然素材に変えることで、新築以上に心地よく暮らすこ
とできます。
古い住宅にみられた結露やカビを漆喰で防ぎ、暗かった
洗面を明るいパウダールームに。足元の寒い冬のリビン
グを無垢の床材で床暖のようなほっこりした暖かさに。
工夫ひとつで「いつまでも住み続けたい。」そう思える
家づくりが自然素材で可能になります。

エコと健康を家づくりに

環境先進国ドイツ、スイスのエコロジー建材だけを提案する
自然素材専門商社「自然素材の家づくりをご提案」

自然塗料「リボス自然健康塗料」

1972年創業のリボス自然健康塗料は、世界で初めて「自然塗料」を最先端の化学で根拠を持った安全性を確立し、以来半世紀近く自然塗料のトップブランドとして「安心・健康な塗料」のアイコンであり続けています。70年代、子供たちのシックスクールの問題をきっかけに、子供たちの健康と安全を第一に考えるリボス自然塗料は「究極の安全は100%の成分公開」という考え方を元に、創業以来「完全成分明示」をすべての塗料製品で実施しています。

詳しくはこちら

天然本漆喰「スイス漆喰」

1953年創業のスイスウォールは、スイスで数百年に渡って住宅に使用されてきたスイス漆喰を復活させ、現代の住宅に使用することで健康で快適な空間が取り戻せることを世界に発信し続け、ドイツ、スイスを中心としたパッシブな家づくりをリードするブランドです。原料となる石灰石も高純度なものを使用しており、メンテナンスも自分の手でできるものになります。また、成分も100%公開している安心安全な素材です。

詳しくはこちら

ウッドチップクロス「オガファーザー」

180年前ドイツで生まれたオガファーザー壁紙は天然成分である紙と木チップだけを成分として製造された伝統的な壁紙です。本来捨てられる新聞と森の間伐材を原料にして、天然で耐久性の高い壁紙を開発しました。施工しやすく、上から石膏塗料を塗ることで漆喰のような仕上がりの壁紙は、リサイクル製品として誰でも使えるコストも特徴として内装の6割を占めるまでになっています。

詳しくはこちら

健康的な家づくりのために必要なこと

家に住む人が不快であれば、いくら地震に強く、省エネ性能が高い住宅でも「住み続けたい」良質な家にはなりません。日本の快適で健康な家づくりのためには、耐震や省エネ性能を当然ながら、呼吸する家づくりが大切です。今後、住宅は省エネの点から気密性能が上がります。だからこそ、建材の透湿性は重要な意味を持ちます。無垢床、漆喰壁等を使うことで化学物質やカビの心配のない健康で快適な家になります。

詳しくはこちら

自然素材の家づくりのパイオニア
イケダコーポレーションとは
会社名 株式会社イケダコーポレーション
創業者 池田嘉次
設立年月 1991年11月1日
会社住所
大阪府大阪市福島区福島4-8-28FJ㌱3F
設立年月 1991年11月1日
製品についてのお問い合わせ、ご質問、詳しい資料のご請求などは以下へご連絡ください。