【体験談】井戸水の亜硝酸態窒素・硝酸性窒素、除去して飲んでいます!

井戸水の亜硝酸態窒素を除去しよう!

亜硝酸態窒素 検査結果
我が家は田舎で、新築した時に井戸を掘りました。 井戸水の水質検査をしてみると、硝酸態窒素および亜硝酸態窒素が10mg/L以上で基準値以上だったのです。 我が家は、浄水器やウォーターサーバー、水をくみに行くことなど検討して、ランニングコストを考えて、最終的に硝酸態窒素が除去できる浄水器ラピュールを選びました。

亜硝酸態窒素の除去方法/種類

亜硝酸態窒素を除去する方法には逆浸透膜浄水器(RO方式)とイオン交換方式の浄水器があります。日本で家庭用に購入できるものは、逆浸透膜浄水器が「クリスタルヴァレー」「アクアカルテック」、イオン交換方式が「ラピュール」です。

逆浸透膜浄水器(RO方式)とイオン交換方式の比較

逆浸透膜浄水器(RO方式)
メリット
  • ろ材として除去能力が一番高い(95%除去)
  • 重金属やウィルス等の亜硝酸態窒素も除去できる
  • 一般細菌、病原菌、鉛、トリハロメタン類、ダイオキシン、環境ホルモン、ヒ素、など除去
デメリット
  • おいしくない
  • 装置のサイズが大く高い
  • 捨て水が発生
  • ミネラル成分も除去してしまう
デメリット
  • おいしくない
  • 装置のサイズが大く高い
  • 捨て水が発生
  • ミネラル成分も除去してしまう
イオン交換方式
メリット
  • 亜硝酸態窒素を除去、ろ過できる
  • おいしい(楽天の口コミで美味しいとの評価)
  • 水道水に含まれるミネラルが増加
デメリット
  • 定期的なお手入れが必要(カートリッジ交換)
  • 塩素を除去するため、長期間の保存はできない
  • 装置の置き場所確保が必要
デメリット
  • 定期的なお手入れが必要(カートリッジ交換)
  • 塩素を除去するため、長期間の保存はできない
  • 装置の置き場所確保が必要

亜硝酸態窒素除去可能な浄水器の価格比較

クリスタルヴァレー(逆浸透膜浄水器(RO方式))
本体 345,600円
フィルター① 19,980円
フィルター② 11,880円
フィルター③ 39,960円
フィルター④ 18,900円
フィルター② 11,880円
アクアカルテック(逆浸透膜浄水器(RO方式))
本体
129,600〜192,240円
フィルター① 1,620円
フィルター② 5,940円
フィルター③ 1,620円
フィルター④ 11,880円
フィルター⑤ 3,780円
フィルター② 5,940円
ラピュール(イオン交換方式)
本体 175,000円〜237,600円
カートリッジ① 19,000円
カートリッジ② 11,000円
カートリッジ② 11,000円
ウォーターサーバー(売り上げ上位のものを参照)
平均月額 月間利用量25.0L(2人): 4,572円
月間利用量37.5L(3人): 6,651円
月間利用量50.0L(4人): 8,729円
初期費用 無料
サーバー配送料、設置量など一切不要
ウォーターサーバー
レンタル費用
無料~
ウォーターサーバー
レンタル費用
無料~

浄水についての口コミ

2リットル88円のペットボトルの天然水を料理や飲み水、麦茶や紅茶を作るときに使用しています。 月に1回まとめて買ってきて、月にだいたい15本くらい使っています。 買いに行くのも面倒だし、運ぶのも重いしで、現在ウォーターサーバーに変えようか検討中です。 水道水には水道管を通ってくるとかにゴミやカビが混じると聞いているので、使わないようにしています。
40代男性
我が家は、蛇口自体を水素水の出るものに交換してしまいました。 この蛇口は、水素水、酸性水、浄水、水道水の四種類が出るので用途によって使い分けています。 基本、料理系は水素水ですが、天ぷらや麺類は酸性水。赤ちゃんには浄水。 お風呂上がりに化粧水の代わりに酸性水をピタピタするなど、いろいろな使い方ができて、とても便利です。 お値段は18万ほどするので、とても安い買い物ではありませんでしたが、子供の乾燥肌が緩和されたり、ゆで卵がつるんとむけるようになったりと我が家ではとても活用されてるので、満足してます。
30代女性
直接口に入れるとき(料理をするとき、飲むとき)は浄水器から出した水を使用しています。定期的にカートリッジを取り替えるのが面倒ですが、ウォーターサーバーよりも断然場所をとらないので使い勝手はよいと思います。その他野菜や食器を洗ったりするときは水道水を使用しています。あと、紅茶を淹れるときは水道水を使用しています。
50代女性
まず何本かペットボトルのストックを準備してそれで水道水から飲み水を確保します。 その際に重要なのは、しっかりと水道水のカルキを除去するためにグツグツと沸騰させそこから約5分くらい中火で温めます。 その後にぬるいくらいの温度になってきたらやかんのくちをペットボトルの口に入れてゆっくり注ぎ出します。 いっぱいになるまで入れるようにしています。
40代男性
5年前くらいからクリクラのウォーターサーバーを使っています。それまでは普通の水道水を使っていたのですがキャンペーンの時に本体とタンク2個を無料で設置してくれたのもあって今もそのまま使っています。水は軟水で飲みたい時に蛇口をひねるだけでコップにすぐに注げてとても使いやすいです。自宅では飲み水とご飯を炊く時のお水くらいの使用に制限しています。全部使うと結構な金額になるので。
30代女性
水素水と酸素水と浄水の3種類が出せる浄水器を使っています。日本トリムという会社の『トリムイオン ハイパー』という種類です。カートリッジの交換が、年に一回自宅に送られてきて古いものを送り返すだけなのでとても楽です。カートリッジは約10000円で1年使えますので負担は大きくありません。水素水と浄水は飲料と料理に、酸素水は顔をすすぐ時に使っています。
40代女性
トレビーノカセッティシリーズの浄水器を使用しています。カートリッジは3ヶ月に1回の交換で1個当たり1000円程度です。交換作業は容易なので手軽に利用できます。浄水器は飲用・料理用に使用しています。浄水器の水の方が雑味が無くておいしく感じます。皿洗いには水道水を使用しています。簡易的な浄水器ですが効果は確かなので気に入っています。
30代女性
BRITAのカートリッジを使ったポット型浄水器で10年くらい使用しています。炊飯器でお米を炊く時は向かないようなので主に飲水、お茶、料理用としてます。
元々水道水の臭いなどあまり気にならない方でしたが、使い出すとやはりキレイになってる気がしてやめられません。
カートリッジはAmazonでまとめ買いするので料金も安いです。
気を付けているのは、こまめに洗浄して乾かしカビなど発生させないようにしてます。
40代女性
クリクラのウォーターサーバーを約3年間使用しています。料理などは水道水を使用していますが、飲み水は全てクリクラです。料金は毎月定額なので安心です。据え置きタイプですがそんなに邪魔になったことはありません。特に気になる有害物質等はありませんが、水道水をそのまま飲むよりは安心だと思っています。ただ機械にホコリや汚れがつかないようにだけ気をつけています。
30代女性
浄水器、ウォーターサーバも両方使用したことがあります。浄水器はフィルターの交換がめんどくさいと感じました。ウォーターサーバは定期にお水が届くのですが、1人暮らしだとなかなか消費せず困りました。(定期便を一回、とばすこともできたのですが、それでもあまってきてしまった。)あとは、ボトルを回収してくれる会社はいいのですが、回収してくれないところはゴミか増えて大変ですね。どちらかといえば浄水器が好きですね。まぁ、フィルターの交換とゴミの除去が大変ですけど…ボトルをはめたりしないので力仕事が必要ないので。 いまは、金銭的に余裕がないので、水道水です。
40代男性
以前は据え置きタイプの浄水器を使っていましたが、現在は数年前に現在のマンションに引っ越してからは、ビルドインタイプを使っています。除去成分などが少ない気がするので、気になってはいるのですが備え付けてあるもののようなので、良くわからず変更が出来ないようです。野菜や食器は水道水、料理や飲み水は浄水器にしています。
40代女性
引っ越ししてきた時に付いていた浄水器を長年使用していましたが、年に何度か交換が必要で、だんだん使用しなくなってしまいました。
ウォーターサーバーを検討/比較した時期もありましたが、専用ボトルを購入してアルカリイオン水を入れることができる店舗を見つけてからは、その水を毎日利用しています。
味が美味しく、ボトル代200円程で毎日入れ放題なので経済的にもとても気に入っています。
40代女性
行きつけのスギ薬局(ドラッグストア)でミネラルウォーターを給水しています。料金は無料の為、買い物に行ったときのみ補給しています。また、足りない場合は水道水を一度火にかけ熱湯殺菌してから使用しています。野菜を洗うときは水道水を使用しています。水道水の特有な臭いが気になるので、口に入るものはなるべくミネラルウォーターか、一度沸騰させてから使用するよう心がけています。
30代女性
2年ほど母のススメで嫌々アムウェイの据え置きタイプ(賃貸でキッチンも狭いので邪魔です)の浄水器を使っています。正直違いが分かりませんが、毎年カートリッジも頼んで貰ってるし本体が高額のようでせっかくなので使っています。水道水を飲むよりは気持ち良いものですが味の違いも分からないです。とりあえず我が家ではお茶の水出し、氷など直接水を使うことに利用しています。
30代女性
我が家は、蛇口自体を水素水の出るものに交換してしまいました。 この蛇口は、水素水、酸性水、浄水、水道水の四種類が出るので用途によって使い分けています。 基本、料理系は水素水ですが、天ぷらや麺類は酸性水。赤ちゃんには浄水。 お風呂上がりに化粧水の代わりに酸性水をピタピタするなど、いろいろな使い方ができて、とても便利です。 お値段は18万ほどするので、とても安い買い物ではありませんでしたが、子供の乾燥肌が緩和されたり、ゆで卵がつるんとむけるようになったりと我が家ではとても活用されてるので、満足してます。
30代女性