新人トレーナーの為の
基礎生理学を利用した
すぐに実践できる

ストレッチの理論と技術

開催日時 9月27日(日) 
時間 10:00 ~ 17:00

場所 千葉県船橋市
NSCA
継続単位
0.6付与

この質問にこたえられますか?

  • 筋肉の最小単位とは?
  • ストレッチをしていい筋肉とストレッチをしてはいけない筋肉の違いは?
  • ストレッチをする時の有効な伸長時間は?
  • 具体的なストレッチの効果とは?
  • ストレッチをする時の早さはどのくらいでやるのがいいの?
  • 筋肉が硬さとは?
  • 筋肉が硬さとは?

このセミナーに参加されますと!

以上に書いてある質問がすべて、お客様に説明できるようになります。1つでもわからないことがある方はぜひご参加をご検討してみてください。
さらに!午後の部は実技中心ですぐに現場で役立つストレッチの技術を学ぶことができます。

セミナー内容(実技あり)

前半10:00~13:00 
骨格筋の組織構造
ストレッチによる筋の柔軟性変化
身体の硬さと筋膜の理解
受容器と3反射
相手に安心感を与えるハンドリングテクニック(実技)
ストレッチの有効な伸長時間

後半 14:00~17:00 実技中心
3つの反射を使ったパートナーストレッチの方法
関節運動学になぞったストレッチの方法
スクワット前に必ずやっておきたいストレッチ

開催概要

東京
名 称 千葉保育センター
最寄駅JR総武線船橋駅徒歩10分
京成線船橋駅 徒歩7分
日 時 2020年9月27日(日)
10:00〜17:00
場 所 千葉県船橋市本町3丁目
主 催 団 体 機能改善研究所
受 講 料
一般 
¥15,200(税込)

NSCA会員 FI会員  
※NSCA継続単位 0.6CEU付与
 ¥13,200(税込)

早割 9月6日(日)まで
¥12,100(税込)
NSCA継続単位 O.6付与
お問合わせ iida0310dntg@gmail.com
NSCA継続単位 O.6付与

講師紹介

飯田修平
資格 NSCA-CPT
機能改善研究所 MA1期生

飯田修平
資格 NSCA-CPT
機能改善研究所 MA1期生

最後までご覧いただき、まことにありがとうございます。
当社では、医療保険の外来リハビリを切られた方々を救えるセラピスト、トレーナー、インストラクターなどを育てるべく、毎月約3~5回ペースで「機能改善セミナー」を開催しております。
また、それ以外のneedsとして、「健康増進」「パフォーマンスアップ」目的の一般者や、運動指導者(特にダンスやバレエなど)向けのワークショップなども開催しております。
保険診療が限界にきている昨今、これからのサバイバル時代に勝ち抜ける 「本物の専門家」への近道として是非、一度当セミナーへ脚を運んでみてください。

一般社団法人機能改善研究所
代表 細井 淳