なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

〒153-0042
東京都目黒区青葉台3-1-18
青葉台タワーアネックス8階

自己紹介ページ

山岸 尚平と申します!
ご訪問いただきありがとうございます。
本ページでは、私の「自己紹介」と「仕事紹介」をします。
お時間あるときに、ご覧いただけると幸いです。

「売れ続けるECサイトをつくりたい!」
そう願う事業主さまのお役に立つことが私の使命です。



▼▽自己紹介▽▼

山岸尚平と申します。

1994年生まれ、現在、社会人5年目の26歳です。
立教大学経営学部を卒業後、これまで、正社員として、3社、勤務してきました。
いずれも、ベンチャー企業での法人向け新規営業(アウトバウンド)す。

1社目は、株式会社thinkshiftです。
事業内容は、2代目経営者向けのコンサルティングでした。(ex.組織づくり、ビジョンづくり)
think shiftでは、3年間、営業職として、従事してきました。

2社目は、アディッシュ株式会社です。
事業内容は、大手企業向けのインターネットモニタリングでした。(ex.ネット炎上・誹謗中傷策)
アディッシュでは、半年間、営業職として、従事してきました。

3社目が、現在所属しているインターネット・ビジネス・フロンティア株式会社です。
事業内容は、EC・Webマーケティング支援です。(ex.サイト構築、集客・プロモーション支援)
従業員20名のうち営業マンは社内に私ひとりという状況の中で、営業の仕組みづくりに日々励んでいます。

これまでの人生

父は半官半民のサラリーマン、母は専業主婦。
3つ上の兄の厳しい指導のもとに育ち、言われたことしかできない人間になる。

大学時代、「ガチゼミ」と呼ばれる超多忙なゼミに入り、己の無力さを痛感。
死に物狂いでもがき、早慶MARCHなど10大学40ゼミナール以上が集う『関東学生マーケティング大会』において論文賞を受賞。
その後も、ゼミ内のプレゼン大会で優勝するなど、一定の成果をあげる。

しかし、就職活動で大手30社を受けるも全戦全敗。再び己の無力さを痛感。

若くからハードワークで鍛えられる環境で成長したいと考え、インターン生として創業準備を手伝いながら、当時、従業員4名のベンチャー企業に入社

4人の創業メンバーのうちの1人として活動してきたので、上司からの指示待ちではなく、日々目の前にある課題に対して何をどうすればよいのか、自分は何を求められ何ができるのか、自らの頭で仮説を立て行動し周りに協力を仰ぎながらPDCAを回すことができるようになる。


一方で、絶対的な覚悟を持ち入社したものの、業務量の多さに精神がやられる。
大雨の中、最寄り駅から自宅まで目をつぶりながら走る(=いっそのこと事故死した方がラク)という奇行に出たこともある。

多くの失敗を繰り返し、社内外から愛ある指導をいただきながらも、営業として成果が出始める。
延べ、600名以上の経営者とご縁をいただく。

しかし、入社3年目のある日、同棲していた婚約者(現在の妻)がうつ病になり、自分自身がワークライフバランスを保てなくなり、あえなく退職。
貯金をしていなかったため、アコムの借金が100万円に膨れ上がる。
ほぼ同時期に、大学時代の親友と、自身の祖母を病気で亡くし、「死」についての意識が強くなる。

派遣のアルバイトで生活費を稼いだのち、マザーズ上場企業に営業職として入社。

もっと自分を試したい、もっと多くの人に直接貢献したい、貢献を実感したい、という想いが強くなり、転職。
230社に応募し、複数社から内定をいただいたのち、現職へと入社を決める。

現在は、新サービスの開発とテストマーケティング(≒モニター導入)や、リード獲得から受注までの仕組みづくりに奔走。
入社後1年で、3つの新サービス開発と250社のリード獲得、3社の受注に貢献。
その他、セミナーオウンドメディアの企画・運営なども行う。

価値観

<好きな考え方>
「受け止める」
「尊重する」
「違いは違いであって、間違いではない」

<嫌いな考え方>
「否定」
「命令」
「差別」


▼▽お仕事紹介▽▼

「ECサイトの構築・リニューアルを検討されている企業さま」
「ECサイトの集客・売上アップを検討されている企業さま」
のお役に立てます!

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社と申します。
社名の頭文字をとって、IBFと呼ばれています。
2004年に設立された会社でして、現在18期目を迎えています。

事業内容は、EC・Webマーケテイングを支援することです。
具体的には、コンサルティング支援、ECサイト構築支援、集客プロモーション支援、
の3つが弊社サービスの柱になります。

支援実績としましては、ZOZOタウン様、ドクターシーラボ様など、
これまで、300社以上のEC・Webマーケティングを支援してきました。

イメージにすると、図↗↗のようなカタチになります。
ECサイトの構築そのものだけではなく、ECサイト構築「前」のコンサルティング支援や、
ECサイト構築「後」の集客・プロモーション支援まで、幅広くご支援できます。



▼▽新着ニュース▽▼

オウンドメディア(情報メディア)を立ち上げました!

EC・Webマーケティングの実施企業が抱える課題は、事業成長の段階によって様々です。
同時に、私たちが生活する上での「ネット環境」は日々変わり、「消費者」の情報処理能力も年々高まっています。

私たち、マーケティング従事者にとって大切な視点・姿勢は

● 消費者の心理・行動をコントロールしようとせず
● 世の中のトレンドに振り回されず
● 時には、対象顧客に直接聞くなどの工夫も考え

そして、何よりも重要なのは、実践を重視し、得た結果・データをヒントに知恵を磨き続けることです。

これは、決してポジショントークではありません。
あらゆる産業・ビジネス市場において、最も変化が激しい一つである「EC・Webマーケティング」に、2004年から支援を継続している弊社が身を持って学ばせていただいたことです。

『ECカイゼンLab』では、EC・Webマーケティングの無駄を改善し、成果に直結させる方法や事例をご紹介します。
本サイトの情報が、少しでもEC・Webマーケティングに従事する皆さまのお役に立てることを祈念しております。


▼▽ホワイトペーパー(無料ダウンロード資料)ライブラリ▽▼

成果につながるECサイトを構築するために押さえるべき3つの心得

ECサイト構築・リニューアルの際、最も悩ましいテーマの一つが「ECシステム・ベンダー選定」ではないでしょうか?

特に現状に不満を抱える企業、過去に失敗経験のある企業は、警戒心も高まり「何を基準に選定したら良いか分からない…」というケースが少なくないように思われます。

今回は、弊社の提供サービスの経験・実例から、お役に立つ情報を発信できればと思います。


Web広告運用者向け「適切な投資基準を測る上で絶対に外せない2つの指標」

インターネットの広告費(以下Web広告)がテレビを初めて上回ったのは2019年度のこと。

Web広告はその後も成長を続け、2020年度はマスコミ4媒体(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌)の合計「2兆2,536億円」に迫る「2兆2,290億円」を記録しました。

「時代の流れ」に従い多くの企業がWeb広告への投資を増やす一方で、投資を「拡大する(アクセルを踏む)」べきか「縮小する(ブレーキを踏む)」べきかの指標である『KPI(投資基準)』を設定しないまま広告費を垂れ流し疲弊する企業が増えています。

本日は、100個近くあると言われる『KPI』のうち、Web広告の運用担当者が絶対に外してはいけない2つの指標をご紹介します。


消費者との新しいコミュニケーション~競争から抜け出すたった1つのポイント~

本資料は、「消費者との新しいコミュニケーション」をテーマにしています。

「集客」「新規顧客獲得」「ロイヤル顧客育成」に関する課題をお持ちで、激化するEC・Webマーケティングの競争から抜け出したい方は必見です。

付録として、『チェックリスト』も記載していますので、ぜひご参考ください。


ECサイト改善・運営者向け「今さら聞けない!宇宙一わかりやすいABテストの超基本」

EC事業者にとって「サイト改善」は永遠のテーマ。
なかでも、「成約率(CVR)」の改善は重要テーマの1つですよね。

2004年の創業以来、弊社はこれまで300社以上のEC・通販事業をご支援させていただきました。
そして、その過程で10,000回を超えるABテストを検証してきました。

本資料では、「サイト改善」を目的にしたABテストの概要と基本的な進め方をまとめています。
ABテストをゼロから押さえたい人向けに事例付きで解説するので、少しでも皆様のご参考になれば幸いです。