消滅時効に強い
法律事務所

飯島努法律事務所
弁護士飯島努(埼玉弁護士会所属)
TEL 048-250-5255
長い間返済していない借金があると、そのことが悩みの種となるものです。ずっと気にはなっているけど、行動を起こす勇気がないと、すぐに年月が過ぎてしまいます。

しかし、ある日突然、請求書が届くことにより、現実に向き合うことになります。また、結婚やお子さんの誕生など人生の節目を機に、長年の借金問題を解決したいとおっしゃる方も多くおられます。

そのような場合に、消滅時効の制度が、問題の解決に役立つことがあります。
あなたのお力になることができれば幸いです。 

2019年12月 弁護士  飯島努

お気軽にお問い合わせください。
相談は何度でも無料です。
TEL  048-250-5255
受付時間 平日9:00~18:00

新着情報

  • 2020.6.19 【重要】6月22日から営業時間を通常に戻します(9:00~18:00)
    6月22日から、営業時間を通常に戻します。今後の状況により、再度、短縮営業とする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

    《営業時間 平日9:00~18:00》

    2020/04/13【重要】営業時間短縮のお知らせ(10:00~17:00)
    新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、当面の間、営業時間を以下のとおり短縮させていただきます。
    皆様には大変ご不便とご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
    《営業時間 平日10:00~17:00》

    2020/4/8 (2020/5/1加筆)  【重要】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策について
    新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当事務所では、以下の対策を実施しています。
    また、当事務所にお越しの方は、以下の事項にご協力をお願いします。
    ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    【当事務所の感染防止対策】
    1 弁護士及び職員のマスク着用
    2 相談室の窓を開放して換気
    3 弁護士と相談者との距離を2メートルあけて法律相談を実施
    4 毎日3回の検温を実施
    5 頻回の手洗い・手指消毒の実施
    6 相談ごとに相談室内の机と椅子を消毒
    7 お茶出しの中止
    8 ご依頼いただいた後の打合せは、可能な限り、オンライン打合せを採用する

    【来所相談される方へお願い】
    1 発熱、咳、強いだるさ、息苦しさなどの症状がある場合には、相談当日であっても、電話でキャンセルの連絡をしてください。なお、相談実施前に、発熱・咳などの症状の有無を伺い、それらの症状がある場合には相談を中止します。
    2 マスクを着用してください(お持ちでない方には差し上げます)。
    3 相談前に、手洗い及び手指消毒をお願いします。入口ドア後方に流し台がありますので、「飯島努法律事務所」と書いてあるハンドソープを使って手洗いをお願いします。また、当事務所内に手指消毒剤を用意してあります。

    2019/12/28 年末・年始休業のお知らせ

    誠に勝手ながら、2019年12月28日(土)から2020年1月5日(日)までの期間は、年末年始休業とさせていただきます。1月6日から通常営業させていただきます。ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。


消滅時効援用のポイント

借金の消滅時効期間

消費者金融業者やクレジットカード会社への債務は、5年で時効になります。
一方、信用金庫や信用保証協会は、営利目的の団体ではないので、これらの団体への債務は10年で時効になります(ただし、借主が会社の場合は5年)。

時効の中断事由

1 時効の中断とは
時効の中断があると、それまでに進行した時効期間はすべて効力を失い、中断事由が終わった時から新たに時効期間が開始します。「中断」という言葉からは、時効期間が一時停止するだけのような印象を受けますが、時効期間がリセットされてしまいます。

2 時効の中断「裁判上の請求」
民事訴訟が起こされた場合は、時効が中断します。裁判が確定した時から新たに時効期間が進行します。

3 時効の中断事由「差押え、仮差押え、仮処分」
差押え、仮差押え、仮処分を受けたときにも、時効が中断します。

4 時効の中断事由「債務の承認」
一部でも債務を返済したり、返済を約束するなどの行為があった場合、時効の中断事由「承認」にあたります。

内容証明郵便

1 内容証明郵便とは
内容証明郵便とは、郵便の差出方法の1つで、①いつ、②誰が、②誰に対して、③どんな内容の、文書を差し出したかということを、郵便局が証明してくれる制度です。また、配達証明をプラスすれば、④配達日も証明してくれます。重要な意思表示を内容とする郵便物や、郵便物の内容を後日証拠として利用したい場合などによく利用されています。消滅時効の援用通知を発送する場合は、内容証明郵便(配達証明付)を利用します。

2 内容証明郵便の出し方

郵便窓口に、①同じ内容の文書3通、②差出人と受取人の住所氏名を記載した封筒、を持参します。文書の書き方には、字数や行数などの制限があります。また、文書が2枚以上にわたるときには、割印を押します。

消滅時効援用の流れ

Step.1
お問い合わせ
まずは、お電話でお問い合わせください。概要をお聞きした上、法律相談の日程を調整させていただきます。
Step.2
法律相談
法律相談は何度でも無料です。納得するまで、どんなことでもご相談・ご質問ください。
Step.3
ご依頼(ご契約)
ご契約の際は、手続きの見通しをできるだけお示しした上、料金について明確にご説明します。
Step.4
内容証明郵便で消滅時効援用通知を発送
弁護士が、業者に対し消滅時効援用通知を内容証明郵便(配達証明付き)で発送します。
Step.5
配達証明書の受領
滅時効援用通知が業者に配達されると、配達証明書が届きます。
Step.6
依頼者にご報告
消滅時効援用通知を業者に発送し、配達されたことを確認した後、依頼者にご報告します。
Step.2
法律相談
法律相談は何度でも無料です。納得するまで、どんなことでもご相談・ご質問ください。

費用について

  • 着手金 1件あたり3万2000円
  • 報酬金 0円
  • 実費  0円

※ 1回あたり1万6000円程度の分割払いが可能です(分割払いの場合、3万2000円お支払いいただくごとに1件の時効援用通知を発送する形になります)
※ 相談は何度でも無料です

Q&A

  • Q
    簡易裁判所から支払督促が届きました。どうしたらよいのですか?
    A
    簡易裁判所から支払督促が届いた場合には、期限内に、裁判所に対し、督促異議申立書を提出することが必要です。督促異議申立書を提出せずに放置していると、時効にかかった借金であっても、裁判上、支払義務があることが確定してしまいます。また、業者に対しては、時効援用通知を発送する必要があります。

  • Q
    消滅時効を援用したのち、業者から「完済証」は届きますか?
    A
    消滅時効が完成していた場合であっても、ほとんどのケースで、業者から「完済証」のような書類が届くことはありません。ただ、まれに、契約書原本を返還してくれることがあります。

  • Q
    なぜ、消滅時効の制度が認められているのですか?
    A
    時効制度の制度趣旨は、は、①過去の事実の立証の困難性を救済すること、②「権利の上に眠る者は保護に値せず」などとと言われています。

  • Q
    長年放置してしまっていた借金のことで、貸金業者(または債権回収業者)から請求書が届きました。請求書には、「早急に電話連絡をください。」と書いてあります。どうしたらよいのでしょうか?
    A
    このような場合、慌てて業者に電話し、借金の存在を認めるような発言をしてしますと、時効中断事由の「債務の承認」にあたり、時効を援用することができなくなる可能性があります。そのため、業者に電話をする前に、専門家に相談することがベストです。

  • Q
    公営住宅(市営住宅や県営住宅)の使用料は、時効の援用をすることができますか?
    A
    市営住宅や県営住宅(公営住宅)の賃貸人(地方自治体)と、入居者との間の法律関係については、原則として民法及び借地借家法の適用があるとされます(最高裁昭和59年12月13日判決)。すなわち、公営住宅使用料は、公債権でなく、私債権と考えられます。
    よって、公営住宅使用料については、消効期間が過ぎていたとしても、支払義務者が時効援用をしてはじめて消滅することになります。逆に言うと、自治体としては、支払義務者が消滅時効を援用しない限り、請求し続ける必要があるということになります。

    また、公営住宅使用料は、5年で消滅時効にかかります(改正民法166条、改正前民法169条)。
  • Q
    消滅時効を援用したのち、業者から「完済証」は届きますか?
    A
    消滅時効が完成していた場合であっても、ほとんどのケースで、業者から「完済証」のような書類が届くことはありません。ただ、まれに、契約書原本を返還してくれることがあります。

事例紹介

事例1
消費者金融等に対し消滅時効を援用して解決した事例(川口市在住の40代女性のケース)  
大手消費者金融業者3社と携帯電話会社1社への支払いを10年以上放置してしまっていました。最近になって、そのうち2社から請求書が届いたため、当事務所にご相談いただきました。
お話しを伺ったところ、過去に裁判等を起こされたことがなかったようなので、時効が完成している可能性があると思われました。4社に消滅時効援用通知を発送したところ、その後、請求は来なくなりました。

事例2
債権回収会社から支払督促を起こされたが、消滅時効の援用をして解決した事例(さいたま市在住の40代男性のケース)
20年くらい前に消費者金融業者からお金を借りましたが、しばらくして返せなくなり、その後は放置してしまっていました。最近になって、簡易裁判所から、債権回収会社が申し立てた「支払督促」が届いたため、ご相談いただきました。
お話しを伺ったところ、時効が完成している可能性があると判断したため、簡易裁判所に期限内に督促異議申立書を提出するとともに、債権回収会社に対し時効援用通知を発送しました。
すると、債権回収会社は、裁判は取り下げてきました。また、請求も来なくなりました。

事例1
消費者金融等に対し消滅時効を援用して解決した事例(川口市在住の40代女性のケース)  
大手消費者金融業者3社と携帯電話会社1社への支払いを10年以上放置してしまっていました。最近になって、そのうち2社から請求書が届いたため、当事務所にご相談いただきました。
お話しを伺ったところ、過去に裁判等を起こされたことがなかったようなので、時効が完成している可能性があると思われました。4社に消滅時効援用通知を発送したところ、その後、請求は来なくなりました。

お客様の声

(川口市在住の30代男性)
昔の借金の件で、どういう状況かもわからない中、こちらの事情にあわせた提案をしてくださって、感謝しています。一人ではどうすることもできず、悩んでいたのですが、相談に来て本当に良かったです。ありがとうございました。(2019年5月29日)
(川口市在住の40代女性)
とても優しく丁寧に対応してくださいました。ありがとうございました!(2019年3月26日)
(川口市在住の30代女性)
最初の電話でわかりやすく説明してくれ、日にちがない中、迅速な対応をしていただいて、とてもよかったです。(2018年1月23日)
(川口市在住の30代女性)
最初の電話でわかりやすく説明してくれ、日にちがない中、迅速な対応をしていただいて、とてもよかったです。(2018年1月23日)
(川口市在住の70代男性)
わかりやすく対応してくれて安心でした。(2020年6月10日)

弁護士紹介

■経歴 
 平成8年3月     
  埼玉県立浦和高校卒業

 平成12年3月   
  上智大学法学部国際関係法学科卒業

 平成14年10月 
  司法試験合格

 平成15年4月 
  第57期司法修習

 平成16年10月 
  司法修習修了

 平成16年10月 
  埼玉弁護士会に弁護士登録、菊地総合法律事務所(さいたま市浦和区)に勤務

 平成22年4月    飯島努法律事務所を開設 
■実績

 破産管財人、個人再生委員、ヤミ金事件、
   医療過誤事件、刑事事件の実績多数。

■役職等
 埼玉医療問題弁護団団員
 川口商工会議所会員
 川口商工会議所青年部会員
■プロフィール
 一男一女の父、趣味は海や山へのドライ
   ブ、読書

運営事務所/アクセス

【運営事務所】
  • 事務所名 飯島努法律事務所
  • 所長   弁護士飯島努(埼玉弁護士会所属)
  • 所在地  埼玉県川口市幸町3-7-22  ML21ビル302
  • 電話番号 048-250-5255
  • 営業時間 平日9:00~18:00
  • 設立   2010年4月

【アクセス】
JR京浜東北線「川口」駅東口から徒歩4分。産業道路を西川口方面に直進し「幸町小学校西」交差点を渡って左側のビルです。
お気軽にお問い合わせください。
相談は何度でも無料です。
TEL  048-250-5255
受付時間 平日9:00~18:00

お問い合わせフォーム

当事務所では皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

法律相談の予約を希望される方は、フォームに入力して「送信」ボタンを押してください。


後ほど、当事務所よりお電話して日程を調整させていただきます(048-250-5255 または 050-3569-5255 から発信者番号表示でお電話します)。メール返信はしておりません。
また、当事務所ではメールによる法律相談は実施しておりません。

なお、お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください
( 048-250-5255 、受付時間平日9:00~18:00)


フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

破産、個人再生、任意整理などの債務整理手続きについて解説したページです(別ウインドウが開きます)
会社の破産問題について解説したページです(別ウインドウが開きます)
飯島努法律事務所の公式ホームページです(別ウインドウが開きます)
飯島努法律事務所の公式ホームページです(別ウインドウが開きます)