オーストラリアで先生になるためのサポートプログラム

日本の教員免許をオーストラリアの教員免許に書き換えられることが可能ってみなさん知ってました???
今、日本で教員として働かれている方や大学で教員免許を取得されたばかりのあ皆さん、オーストラリアで教員として働いて、その今後のキャリアアップに役立てたいと思いませんか??
もしくは、今の職場状況に疑問や不安を感じ「なんか今を変えたい!」って思ったことありませんか??

「学べる!」次回セミナーは2020年11月15日日曜14時より
詳しくは→http://ptix.at/j6v9Gb
初回の相談無料!

日本の学校の常識に押しつぶされていませんか?

帰宅は夜8時や9時なんてあたりまえ。日付が変わることもあって、へとへと。疲れが全然とれないし。

休憩時間でもいつもバタバタしていて忙しい。椅子にゆっくり座る時間もない・・

何時でもかかってくる保護者からの電話。先生ってプライベートないの??

休憩時間でもバタバタしていて、椅子にゆっくり座る時間もない

毎朝、コピー機の順番待ちにイライラ。

興味のない部活動の顧問になり、休日も丸つぶれ。自分の時間が一切にない!

隣のクラスの担任が休んだので、自分のクラスと隣のクラスまで見ることになり、あたふた

楽しい授業がしたくて先生になったのに、事務作業が多すぎて、理想の授業準備すらできなくて心折れそう。

教員って夏休みあっていいよね」と、呟く友人にもやもや。夏休みも毎日、出勤してるし!

なんでそこまで言われるわけ??家に帰ったら、どっと疲れが出るし、悔しさが止まらない。

休憩時間でもいつもバタバタしていて忙しい。椅子にゆっくり座る時間もない・・

そのお悩みが解決
する方法があるんですよ。

日本の教員免許を使ってオーストラリアで先生になると・・・
皆さんのそんな悩みが解決してしまうんです!
そんなあなたの希望をサポートします!

ビックリ① 帰宅は子どもたちと一緒に帰れるー!
オーストラリアでは、子どもたちが学校を出る時に、先生も学校を出ることができるんですよ!しかもなんと午後3時前!
ビックリ② 日中に授業準備期間時間が確保できちゃう。
オーストラリアでは、授業の準備や丸付けなどの時間も日中の授業時間内に確保されています。子どもたちは、他の先生の授業を受けているので、子どもたちを気にすること無く授業の準備や宿題の丸付け、保護者の対応もこの時間を使って行えます。
ビックリ③ 印刷のアシスタント
オーストラリアでは、教材作成のアシスタントがいるんです。日々のコピーや冊子づくりなどを担当の方にお願いすることができます。
ビックリ④ ホリデーは年間12週間あります!
オーストラリアでは、子どもがホリデーに入ると先生も一緒にホリデー。例えばクィーンズランド州では年間12週間のホリデーがあります!


ビックリ⑤ 休憩時間の確保はちゃんとできる!ゆっくりおやすみ。
オーストラリアでは、日中の教員の休憩時間が確保されています。子どもたちが入って来られない職員休憩室でほっと一息、談笑しながらランチがゆっくり食べられます
ビックリ⑥ なんと!!部活動顧問なし。ありがたい・・
オーストラリアでは、日中の中高のような部活動顧問はありません。休日は、全部、自分の時間。旅行をしたり、習い事をしたり、行動範囲が広くなるので、出会いの数も増えますよ。自分の時間を楽しみましょ。
ビックリ⑦ 雇用体制がフレキシブル
クラスによっては、担任が二人いて、曜日によって担任が違うというのも一般的。担任として、週に2日や3日だけ働くというスタイルも可能。さらに、教員が休んだら、「先生バンク」のようなところから一日臨時講師が派遣されるので、自分のクラスを見ながら、他のクラスを見るということは基本ありません。キャリアによって変わりますが臨時腰として日給$200〜500ほどで働くことも可能です。
ビックリ⑧ 日中に授業準備期間時間が確保
オーストラリアでは、授業の準備や丸付けなどの時間も日中の授業時間内に確保されています。子どもたちは、他の先生の授業を受けているので、子どもたちを気にすること無く授業の準備や宿題の丸付け、保護者の対応もこの時間を使って行えます。時間を有効活用!
ビックリ② 日中に授業準備期間時間が確保できちゃう。
オーストラリアでは、授業の準備や丸付けなどの時間も日中の授業時間内に確保されています。子どもたちは、他の先生の授業を受けているので、子どもたちを気にすること無く授業の準備や宿題の丸付け、保護者の対応もこの時間を使って行えます。

ね!!すごいでしょー???
では一体どうやって?オーストラリアの教員免許がとれるの?

私は留学エージェントで勤務してるんですがこれまで日本の教員免許は書き換えられないと思っていました。でもそんな時にワーキングホリデーで以前オーストラリアに留学をしていた、私が担当した生徒さんから「書き換えしたい」と相談がきたんです。「いやーできないと思うよ、オーストラリアの大学に行かなければ」って伝えたあと、ちょっと待てよ。なんで私はできないと思いこんでるんだ?と思ったわけです。そこで調べまくってるうちにある一人の実際書き換えられた方のブログを見つけて。その方にアプローチをしてじっくり話を聞くと、「できるんじゃない!」これで多くの方の夢を叶えることができる!って思ってエキサイトしました。やるからにはきちんとサポートしたい。そこで、教員免許書き換えについて1から学べる講座を受けました!私が皆さんの夢を叶えるお手伝いができるようになったんです。

チャレンジしてみたい!まずはどこからスタートすればいいの?

  • オーストラリアの大学に行かなくても、オーストラリアで教員になる道がある、けれどもその道は正直簡単ではないのです。様々な必要書類を英文で提出、そして最大の難関は英語のテストなんです・・・
    また法律もちょくちょく変わる。これらの情報を探しているだけで、半年経っちゃったなんてことにもなりかねません。それに書き換えを肢体かも多いのに、このやり方をしっかりサポートできる、またこのプログラムについて理解しているエージェントさんは私の知ってる限り知りません。なので、今回オーストラリアで教員を目指す方のために。私たちがサポートプログラムをスタートることになりました。
  • <こんな方が対象です>
    ①日本で現役の小・中・高校教員
    ②教員免許保持者
    ③教員免許取得に向けて
     勉強中の学生
    ④留学してみたい!
    ⑤海外で住んでみたい
    ⑥海外で働いてみたい
    ⑦オーストラリア大好き!

  • オーストラリアの大学に行かなくても、オーストラリアで教員になる道がある、けれどもその道は正直簡単ではないのです。様々な必要書類を英文で提出、そして最大の難関は英語のテストなんです・・・
    また法律もちょくちょく変わる。これらの情報を探しているだけで、半年経っちゃったなんてことにもなりかねません。それに書き換えを肢体かも多いのに、このやり方をしっかりサポートできる、またこのプログラムについて理解しているエージェントさんは私の知ってる限り知りません。なので、今回オーストラリアで教員を目指す方のために。私たちがサポートプログラムをスタートることになりました。

お申し込みはこの下のリンクから必要事項を
ご記入のご応募下さい

チャンスとタイミングが一番大事!

  • いつでもできる。私はそう思っていません。準備が必要となってくるこのプログラム。さあ、行こう!と思ってすぐにできるものではありません。また特にオーストラリア政府が絡んでくるこのようなプログラムはいつまでも同じ条件でできるとは限りません。毎年見直される法律ですから条件が突然変わることもあります。スタートは早いに越したことはないんです!
    私自身、このプログラムを立ち上げるまでに講座を受講したり、オーストラリアの現地校や日本人学校に視察をしにいったりと時間とお金もかけました。なので、一人でも多くの皆さんにこのプログラムでHappyになってほしい。そう思っています。
  • オーストラリアで留学のお仕事をしていると、「人生変わってしまいました!」という人が多いこと多いこと。でもそれは一歩勇気をもって踏み出した結果、自分の可能性を広げた結果だと私はいつも思います。知らない世界を知ることは本当に面白い。世界が広がれば考え方も、人脈も変わります。やってみたい!そう思ったらそのタイミングを逃さないで!
  • でもね、不安がいっぱいなのもわかります。お金だって時間だってかかります。だからこそ、私達にサポートさせていただきたいと思ってます。一緒に前へ進んでみましょう。
  • オーストラリアで留学のお仕事をしていると、「人生変わってしまいました!」という人が多いこと多いこと。でもそれは一歩勇気をもって踏み出した結果、自分の可能性を広げた結果だと私はいつも思います。知らない世界を知ることは本当に面白い。世界が広がれば考え方も、人脈も変わります。やってみたい!そう思ったらそのタイミングを逃さないで!

どうして私たちのサポートをおすすめしたいか?

理由① やりたい教育をやれる自分の理想の先生になれます!
日本での教員としての経験が生かされ、そしてより教員としてステップアップできる道が開かれます

あなたの日本での悩みが解消!!

理由② 書き換えたら終わり!ではありません!
実際書き換えをされて、オーストラリアで教員をされている先生がスタッフの一員。書き換えた後のサポートにも
自信があります。
オーストラリアで実際に働かれている方の生の声を聞くことができます。

理由③ 最新の情報を入手できる!
スタッフはオーストラリア在住。最新の法律等の変更もアップデートを常に行い最新情報を提供

オーストラリアの法律は毎年変わります。現地にいるからこその情報収集ができるのです!

理由④ 書き換えだけではない生活もしっかりサポート!
留学エージェントも兼任。現地の生活24時間サポートも、英語学校やホームステイなどの手配も無料で行います。
書き換えだけではなく、到着後のサポートも任せてください。

理由⑤ ビザについてもお任せ!
移民コンサルタントと提携しているので、ビザ申請のサポートも法に則って行いますので安心

学生ビザ・ワーキングホリデービザの後なんとかオーストラリアに残りたい方へのサポートも有料とはなりますがお任せください!

お申込みはこちら

サポートプログラムはいくつか用意しております。というのは、一人一人の方のバックグラウンドや英語力により、必要なことは変わってくるため、その方に応じたサポートをご案内したいと考えているからです。なのでまずはお問い合わせを!その後、じっくりどうされたいか悩んでくださいね。

留学エージェントとしてオーストラリアでの生活全般もサポート!

坂本 知嘉(サカモト チカ)
アイエス留学ネットワークカウンセラーとして2009年より勤務しています。通常の留学のプログラム選定から帰国まですべての手続き、現地サポートもバックアップしております。そのためワーキングホリデーや学生ビザ申請のサポート、及び語学留学についても豊富な知識をもってアドバイスができます。定期的にオーストラリア全土の学校の視察もしておりますので、最新の情報をご案内することができますので安心してご相談ください。
私自信英語ゼロの出発でした。そこから今や海外で仕事をできるようになりましたが、何よりも世界観が広がり人間力が高まりました。日々たくさんの生徒さんのサポートをしていますが、「オーストラリアで可能性が広がった!」「夢がかなった!」そんな生徒さんがたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの方のお手伝いができることを楽しみにしています
オーストラリアに関する情報を
SNSでも発信中!
  • 留学部門のホームページ
    http://pankymotty.com/
  • インスタグラム
    https://www.instagram.com/panky_motty/
  • FACEBOOK
    https://www.facebook.com/change.in.aus/
  • Youtube
    https://www.youtube.com/channel/UCGcGxgMU5_rR8AcK2PRXmbw
  • LINE@
    https://line.me/R/ti/p/%40cgl3963n


  • エージェント利用いただいた方の声
    http://www.pankymotty.com/blog/category/ckb48%ef%bc%8b/
  • インスタグラム
    https://www.instagram.com/panky_motty/
  • みなさんが情報を得たり知識を増やしたりできるセミナーを年10回開催中
    次回は2020年11月15日日曜日昼14時より!!教育に携わるっていろいろな方法があるんだ!がわかる楽しいセミナーです。詳細はこちらより→http://ptix.at/j6v9Gb
  • インスタグラム
    https://www.instagram.com/panky_motty/

現在ワーキングホリデーでオーストラリア、シドニーに在住されている「オオツカリュウスケ」さんが弊社サポートを現在お申し込みされています。
1回目のコンサルティングが終了した後に、感想をお伺いしました!

1:セッションを受ける前にどういうことで悩んでいましたか
将来オーストラリアで学校の先生になりたいという漠然とした目標を掲げてたなかで、何から優先的に行動していけばいいのか分からなく、悩んでいた。 

2:なぜセッションを受けようと思いましたか
1人で進めていくよりは、様々な方からのアドバイスを受けて進めて行きたかったから。また、セッションを迅速にセッティングしていただいたため、予定が立てやすく自分自身へのやる気にもつながったため。  

3:セッションを受けてどうでしたか
 オーストラリアで長く教員をさせている方を中心とした3人の方からアドバイスをいただいた。質問を何個か用意させていただき、どれも初歩的な質問にも関わらず、資料を用いて親切丁寧にアドバイスをいただいた。また、セッションメンバーのご友人のケースを何個か挙げていただき、将来の選択肢をたくさん広げることができた。  

4:このセッションは、どんな人にお勧めですか
 オーストラリアで叶えたい明確な夢、目標が決まったにも関わらず、何をしていいか分からない、いつ行動を起こすべきか分からないという人には、様々なアドバイスを受け、逆算して計画を立てやすくなると思うので是非おすすめです。 
 
5:何が一番心に残っていますか
 セッションの中で、『日本で教員として働くことよりオーストラリアで教員として働くことについてどのような未来を想像するか』という質問をいただき、私はうまく答えることができなかったので、これからはこの質問を自分のテーマとして勉強していきたい。  

表示したいテキスト
ワーキングホリデービザでたくさんの経験をされた
タナカチヒロさんの体験談

ワーキングホリデーに行くことを決めた時から『自分の将来に確実に繋がることを経験したい』という想いが強かったので、チカさんに紹介していただき渡豪前からインターン先、CassTraining International Callege で働くことが決定していました。教育業界で働いた経験がなかったので、印象を掴む為にも1ヶ月間その学校に通いました。当初はたった1ヶ月で友達を作ることは難しいのではないかと考えていましたが、修了後もグループチャットで頻繁に連絡を取り合い、今では心から出会えてよかったと思える大切なクラスメイトに出会うことができました。
インターンが始まってからは、日本での経験を買っていただきレセプションで働かせていただきました。生徒さんの個人情報や出席の管理、修了証の発行、先生や他スタッフのお手伝い、新入生へのオリエンテーションなど幅広い業務を経験しました。受付業務の経験があると言えど、日本で働くこととオーストラリアで働くことは大きく違います。初めはオンライン上のシステムの使い方、業務上使用する単語など分からないことばかりでしたが、一つ一つが刺激的で理解できるようになったときの達成感にとてもやり甲斐を感じていました。一番大変だったことはやはり電話対応です。直接話すのとは違い相手の表情や話す口元が見えないため、特に会社名や人名を聞き取ることを苦手と感じていました。しかし、同僚の方々が気遣ってくださり、 hard worker、leaning quicklyなどと沢山褒めてくださったことを糧に挫けず挑戦することができました。

オーストラリアに来てから出会う方々が皆さん口を揃えて『人脈は大事!!!』と口にされます。最近とても実感する素敵な出来事がありました。なんと現在私は、語学学校での友人の元ルームメイトと一緒に働いています!
おそらくピンとこず読み返した方もおられるかと思いますが、友人の友人、です。そのピンとこない関係ですらオーストラリアでは重要なんです!彼とは何度かパーティで挨拶した程度の仲でしたが、チヒロがいるから、とこのファームを選んで来られました。アジア人の多いシェアハウスでしたがまた別の国籍の仲間が増えとても楽しい毎日を過ごすことができています!これからオーストラリアに来られる方、不安な気持ちは全て日本へ置いてきてください!
ぜひ積極的に交流の輪を広げて充実した時間を過ごしてくださいね!
表示したいテキスト
表示したいテキスト

ワーキングホリデービザで滞在した経験を活かし、今も世界で活躍するハタノミオさんの体験談

ワーホリって自分次第で何でもできる1年間の枠ができるイメージで、やりたいことを詰め込んでもいいし、全くなにもしなくてもいいしと、本当に自由なので、すごく自分と向き合ういい経験になりました。大学を卒業し新卒で働くまで、ある程度のレールに乗って生きてきた私にとっては自分で何でも選択できることの自由さに最初はとまどったけど、ワーホリ経験を通してやりたいこと、やるべきこと、やらなくてもいいことをきちんと自分で考えられるベースができたと思います。20代でやりたかったことがやりつくせたのはオーストラリアでのワーホリがベース英語力ができたので、帰国してすぐ英語を使ったお仕事のチャンスをもらいました。とある日本の企業がボストンキャリアフォーラムに出展するお手伝いと、観光の引率。そして、ご縁があってその会社に入社。ずっと興味のあったマーケティングのお仕事でした。その後、さらに語学を磨きたい+アメリカに住むのが夢だったので、フロリダディズニーワールドのインターンへ参加しました。オーストラリアで様々な文化の人と生活を共にした経験と、英語のベースもあったので、10か月のインターンを最大限有意義に過ごせたと思っています。現在は、アメリカ資本の企業で英語力を生かしつつ引き続きマーケティングのお仕事をしています。アメリカに住んでみたい、世界中を旅したい、マーケティングのお仕事に関わってみたい、英語を使ったお仕事がしたい…など、当初の自分には程遠く見えた夢たちも叶えることができました。YES/NOをちゃんと言える強さと自信がついたし、自国の素晴らしさも改めて再確認。ワーホリのビザがもらえる国に生まれたことは 本当にラッキーなことです!
表示したいテキスト

サポートスタッフ

マックマレン佳菜子
高校卒業直後に来豪、シドニー在住30年弱。 シドニーの大学在中の頃からホテル業界に就職し、10年弱働いた後、大学直属の留学エージェントに勤務。 出産後、しばらくは専業主婦として子育てに専念した後、下の子供の小学校入学を機に、地元の小学校で、約一年弱、日本語アシスタントのボランティア活動に携わる。それと同時期に、オーストラリアの地域社会サービス団体でもボランティア活動を始め、後に同じ団体で復職し、コミュニティーサポートワーカー、老人自宅介護のケースワーカーを得て、現在、シドニー西部にある社会福祉サービスセンターとして勤務。
オーストラリア長期在住の経験と、地元の小学校でのボランティア経験などを生かして、エージェントの姉とともに、オーストラリアで教員として働いて見たいと思われている皆様のお役に少しでもなれたらいいなと思っています。

サポートスタッフ

紙谷 淳子 
日本の公立小学校で約5年、オーストラリアの公立小中高校で約9年働いたのち、オーストラリア教員の休職制度を利用して家族で世界中を旅しています。教員向けのカウンセリングや女性のビジネスと子どもの教育などをオンラインでコンサルティングしています。日本で担任(教員)をしていた私にとって、オーストラリアの教員の制度やあり方は目から鱗。教員が休んだら代替教員が必ず派遣される、学校として決まっている子どもの問題行動の対応方法など、「こんな制度があれば日本での新任教員の頃あんなに苦労して毎日泣いてなかったのにな・・・」と思うことがたくさん。日豪の教員・教育事情を内側からよく知る身として、日本の先生方に教育のヒントや閃きを届けられたらと思っています。2020年4月号から月刊「教職研修」にて隔月、豪州の教員体験談を連載しています。

サポートスタッフ

光峰 ルーク(ISLPRコーチ)
日本とオーストラリアのハーフ。幼少期から2国を行き来しながら育つ。

青山学院大学文学部英米文科卒業後、オーストラリアの三菱重工業にマーケティング配属。

退職して台湾大学に留学し中国語を身につけた後に中上級者向けオンライン英語Solo Languageを設立。自身が中国語学習において中級から上級に上がるのに苦労した経験が元になっています。

人生において考える力が最も重要な力であると確信しており、思考力と英語力を軸とした自社サービス提供をしています。

日本語、英語、中国語のトリリンガル。
英語テストISLPRの専属コーチを担当します。