自己紹介

  • こんにちは。

女医の勧めるMLMという
Twitterアカウントを
やっております、

T.T.(20代2年目研修医)です。

 

お医者さんが
なんで
MLMをやっているんですか?

と、医者以外の方にも、
医療系の方にもよく聞かれます。

 

理由は大きく2つ。

 

1つ目。

 

研修医1年目の終わりごろ、
私はプライベートで足を骨折し、

しばらく松葉杖生活で、

病棟業務を免除され、
座りながらできるような

アナムネ
or外来のカルテ記載補佐業務のみを

させていただいていました。

 

その時、痛感したのです。

 

医師が稼げる、
稼げないとか関係ない。

 

これが、もし単純骨折ではなく
頚髄損傷だったら?

私は四肢麻痺になり
動けなくなっていたかもしれない。

 

そうしたら、労働収入は途絶え、
食べていくことができなくなる。

なまじっか知識があるだけ、
とても怖くなりました。

 

2つ目。

 

やはり同じ研修医1年目、
外科を回っていた時のことです。

 

命に関わる病態ではありませんが、
なかなか退院できる状態にならず、

入院が長引いていた
働き盛りの患者さんがいました。

 

その方は、
長引く入院の中、
仕事の契約が切れてしまい、

貯蓄も仕事も失ってしまいました。

 

オーベンと回診に行くたびに、

 

「先生。もう入院費払えない。
職も失った。
ハローワークに行かなければならない」

 

と、どんどん暗くなっていったのです。

結局、
ソーシャルワーカーさんに
介入してもらいました。

 

そのとき、私は、
経済状況や社会情勢に疎いながらも
思ったのです。

 

この患者さんに、
大家さんの家賃や、
漫画家の印税みたいに、

“働かなくても得られるお金”
があったらよかったのに

 

この2つが、
私が不労所得に興味を持つ
きっかけとなりました。

 

いろいろ調べました。

 

不労所得は、権利収入ともいうこと。

 

やっぱり私が思ったように、
大家さんなどの不動産経営者や、
有名アーティストや作家の印税などが、
それに含まれること。

 

でもそれだと、
もともと不動産を持っている
資産家の方とか。

特別な芸術的な才能がある方しか
得られないのか。

 

いいえ、違いました。

 

そういう特別な人じゃなくても、
サラリーマンでも、主婦でも、
学生でも、…そして医師でも。

権利収入を構築できる仕組みが
たった1つだけ。

 

それが
MLM(マルチレベルマーケティング)
だったのです。

 

私はこれを用いて、
人々の心の健康を守っていくため、
そして
もしものことがあった時
自分の身を守るため

 

 

”権利収入の大切さを発信していく医師”
になりたい


と思ったのです。

 

かつ、

 

無給医の問題。。。
残業時間の割に給与が見合わない。。

 

未来の自分の医師としてのビジョンに、
不安を抱いている
若手医師・研修医・学生の方に、

体を壊す日当直バイトの掛け持ち以外で
副収入を目指していただくとともに、

 

私と同じような考えを持って、
権利収入の大切さを
共に発信していってくれる

仲間が欲しいと思ったのです。

 

長い導入になりました。

MLMを
知っていますか?

MLMとはそもそも何か。

 

MLM(Multi-level-marketing)は、
アメリカ発祥のビジネススタイル。

商品を口コミで広めていくビジネスです。

 

つまり、とある会社の商品を購入し、
愛用者・リピーターとなった方が、

次に、自分が販売者に転じて、
「この商品はここがいいよ♪」と
ほかの人に宣伝して、

さらなる購入者を探していく、
ということ。

その紹介人数に応じて、
利益が自分に還元される仕組みです。

 

しかし、日本では、
ねずみ講と混合されやすい
こともありますし、

以下の理由から
“マルチ商法”といわれイメージが悪いです。

 

・リアルな人脈を利用し無理な勧誘を行い、
「あいつ変なものにかぶれた」と思われ、
友人を失う。

・儲けが出ようが出まいが、
ノルマとして“買い込み”をさせられ、

結局利益は相殺され、
それこそまだ儲けのない、
始めたばかりの人は、“損”になる。

 

そして、医師が参入する場合、
以下のことがネックになってくるはずです。

 

・結局は“商品の営業”なので、
実際に見込み客と会って
商品を目の前に交渉しなければならない
(しかも交通費は全部自分持ち)。

 

ただでさえ忙しい医師に
こんなことは不可能でしょう。

 

 

しかし、私のお勧めしているMLMは、
上記の欠点を全て!克服します。

 

・ネットで紹介から成約まで完結するので、
リアルな友人の勧誘、
友情の喪失は起こり得ません。

・商品が形のない“サービス=旅行"なので、
実際の物販、リアルでの営業、そして“買い込み”はあり得ません!

 

⇒全てネットで完結、
スマホ1台でできますので、
忙しい方でもがんばれます!

現に私は現役医師として働きながら
この仕事もやっています。

 

 

それに。

 

MLMは日本でこそイメージが悪いものの。

 

アメリカではごく一般のビジネス。
トランプ大統領だって、
もとはといえばMLM出身者。

医師や弁護士など、社会的地位の高い人も
普通にやっています!

 

そして、なんと。

 

アメリカ人女性の
年収1000万円以上を稼いでいる
実に82%が!MLM業界の方です。

 

そう。

 

MLMには男女差別の概念がありません。

むしろ、
女性の方が向いていると
いわれるくらいです。

 

東京医科大学の入試での差別問題を受け、

 

世間の多くの女性たちが、
様々な考え、思い、感情に心を揺り動かされたことでしょう。

 

性別、国籍、年齢、生まれに
左右されない世界がここにあります。

もっといってしまえば、前科のある方だって成功することができます。

医師・医学生が
この仕事をするメリット

医師・研修医・医学生が、この仕事を行うメリット。
3つお示ししますね。

 

①収入も多いかもしれないが、
出費も多いのが医師。

 将来の独立・開業費用は莫大。
世襲制の多い医者、
将来お子様が
医学部に進まれたときの学費。

 

 勤務医の先生が、
さらなる収益をあげたいのならば、

医局から斡旋されたバイト先の他に、
日当直などのバイトを増やしたり、
勤務先での当直を増やしたりするのが現実。
でもそれでは、家族との時間や、
体を休める時間が減ります。

 

②医師は、本当に世間知らず。

 

 私のモットーです。

 

『100点を取るためには120点分の勉強を』

 

人間は、100点を取ろうと頑張っても、
せいぜい95点とか90点が関の山。

 目標以上の努力をしないと、
結局は目標に届かないということです。

 

 立派な医師になりたいのなら、
医療界だけに知識を
とどめていてはいけません!

 

 MLMを始めると、
さまざまな人と接する機会があります。

サラリーマン、主婦、学生、

 若者、中年、高齢者…etc

 

 医療界、医学部という
狭い世界だけにとどまっていては、
到底知り得なかった社会の厳しさ、
そして新しい世界を
勉強することができます。

 

当たり前ですが、
あなたが診ている、
あるいは診ることになる

患者さんのほとんどは、
医者ではありません。

 

患者さんのおかれている境遇、経済状況を、
もっと理解できる人間になれば、
良医に近づくと、私は思っています。

 

③医学生の皆様へ。

 

医師を取り巻く様々な社会情勢、
“医者とカネの問題”に
心を痛めていることでしょう。

 

しっかり今からお金を貯めたいと
思っていませんか?

 

でも、
医学部の教育も変動の過渡期にあります。

 

1年間が多かったポリクリ(病院実習)を、
2年間にしようという仕組みを、
全国の医学部が取ろうとし始めています。

それに伴い、座学での講義も圧縮され、
非常に過密スケジュールで
勉強も今まで以上に大変になり、

出席や単位取得も厳しい形に変わってくると思われます。

 

今までより、
居酒屋や塾講など、
普通のバイトがしづらくなるでしょう。

 

そうなったとき、
スマホ・パソコンのみでネットが使え、
隙間時間で
どこでもできる収入源を持つことは、

とても大切なことです。

収入形態・初期費用

それでは、肝心のお金の話をしましょう。
ただ、このページ内では詳細な金額は
掲示できませんので、概略をお示しします。
 
☆大前提
 
MLMは
ゆっくり収入が上がるビジネス形態です。

成功するには、

“始めること、そして、辞めないこと”、
“根気”
“あきらめない気持ち”

が必要となってきます。
 
逆に言えば、
それができない人には
向かないビジネスです。
 

いきなり数十万円が入る博打的、
単発的なビジネスではなく、
目先の利益にとらわれずに、
数年後の自分に、
働かなくても勝手に安定した収入が
入ってくる土台を

早いうちから構築していく
イメージとお考え下さい。
 
いわば、
宝くじの一等賞の札を買い、
大金が入るのは確定しているが、
それが入り始めるのは5年後
そういうイメージです。
 

☆報酬プランの想定※1
 
スタートから3カ月~1年
:月収約※5万円~約25万円

スタートから1年~2年
:月収約25万円~約100万円

スタートから2年~3年
:月収約100万円~200万円

スタートから3年目以降
:月収約200万円~500万円
 
※1:MLMをはじめとしたネットビジネスの報酬は、
出来高支払い、成果報酬となりますため、
投入できる時間やモチベーションによって
変動しますので、

想定とさせていただいております。

※2:報酬がドル振込のため、
円換算で変動があるので約とさせていただいております。
 
そして、なんと、
当件の報酬については確定申告が不要です!
 
その理由をもっと詳しく知りたい方は
ぜひ無料相談・詳細説明から
ご連絡ください!
 
 
☆必要経費・継続費用☆
 
ネットビジネスにはつきものです。
この費用をどうお感じになるかで、
あなたの未来ビジョンは大きく変わります。
 
初期費用※:約7万円
これもドル支払いとなるため“約”としております)
月経費:約1万4000円
一定の成果段階に達した方は、約2800円、20%まで減額
 
※クーリングオフ2週間
ネットビジネス関連の商材は、
クーリングオフ設定義務がないため、
100万を超えるような高額なものでも、
クーリングオフなしで平気で売ってきます。
その点、私のお勧めするMLMビジネスは、
約7万円の初期費用に対し
クーリングオフをしっかり設けております。
 
 
お金がないからできないという方は、
はっきり言って

一生お金がないと言い訳して終わる 

ことになります。
 
この経費は、前述の言葉を言い換えれば、

7万円で、
3~5年後に月収500万円生活の当選確実の
宝くじの番号札を買った

ようなものだと思ってください。
 
ちなみに、ネットビジネス関連で、
この値段は破格の安さです。
 

私T.Tは、
さまざまなネットビジネスを勉強し、

さまざまなネットビジネスの広告に
接触しました。
 
悪質か悪質でないかはともかく。
初回セミナー代が無料とか1万円以内でも、
いざ始めようとなると
数十万~100万円の
高額ツールやマニュアル、

動画講座を買わされそうになるとかは
しょっちゅう!

 
MLM業界で言えば、
20万~数十万円などの
商品・買い込みは当たり前。
数百万円のリゾート経営権を販売しているMLM会社も
世界にはあるほどです。
 

私のお勧めするMLMは、
マニュアル、サポートの類でさらなる金銭要求は一切いたしません!
 

私の提案するMLMは、
MLMの中で最も簡単だと
自信を持っています。

しかし、
それは、「簡単に稼げる」
とイコールではありません。
 


お金を稼ぐのは
そんなに簡単ではないはずです。
 


ただ、MLMの収入は、
他のアフィリエイトやFXなどに比べ

即効性こそ劣るものの、
持続力・耐久力はピカイチです。
 
それが、権利収入というものです!
 
逆を言えば、
即効性重視の方にはお勧めできません。
 

人生100年時代を
さらに豊かに生きるために


たった数年を待てない

という方には
お勧めできません。
 
でも、そういう広い視野を持った方は、

心から歓迎し、
誠心誠意無料サポートさせていただきます。

最後につたえたいこと

長いページを
最後まで読んでくれて
ありがとうございます。

 

最後にどうしても
伝えたいことがもう2つだけ。

 

どうか最後までお付き合いくださいね。

 

1つ目。

私は医療系じゃない家に生まれましたが、
高校生の時、
とある理由から強く
『医者になりたい』と思って

猛勉強し、医学部に入りました。

医師になりたい志は、
幾万の医学部受験生の中でも
かなり高いレベルだったと自負しています。

 

医者になりたい、と思っている人は、

きっとみんな、
私くらいモチベーションが高いと
思っていました。

 

けれども、医学部に入り、
正直、失望しました。

 

・親が、一族が医者だから、
他に職業を考えたこともなく、
当たり前に医学部に来た。

・高校までの成績がよくて、
周囲に勧められた。

・稼げる、モテると思ったから。

 

そう思って
なんとなく医学部に来た
同級生、友人が、
学年の8割以上を占めていました。

 

…あなたもそうだったらごめんなさい(笑)

 

そして、学年が上がるにつれ、
研修医として過ごすにつれ、、

 

将来のライフワークバランス、QOL、
開業したら保険点数的に儲かるのはどこか、

そういう理由のみで
志望科を選ぶ人も
決して少なくありませんでした。

 

こういう考え方を、
全体的に否定するわけでは
決してありません。

 

実家が開業医なら、
跡継ぎが必要なのは当然ですし、

 

私だって、

家庭とキャリアを両立させたいし、
プライベートも犠牲にしたくない。

お金も欲しいし、
ブラックなところで働きたくはない。

 

それは人間として当然の思考です。

 

でも、せっかく、
高い学費を親に払ってもらいながら
必死で勉強して得た医師免許だもの。

 

ただ単にレールに乗せられた
医者キャリアを淡々と、

医局の言いなりに過ごすだけなのは、

つまらないと思いませんか?

 

私は、夢や志は、
何歳になっても持っていいものだと
思っています。

 

日本人は、大人になるとなぜか、
夢を語らなくなります。

 

夢を語っている人を見ると、
小馬鹿にします。

そのように教育されるからです。

私はそれがとても悲しい。

夢を見ることと、
現実逃避をしていることは、

決してイコールではないはずなのに。

 

 

 


『小医は病を癒し、
中医は人を癒し、大医は人を癒す』

 

有名な言葉がありますね。
医学を学んだ人なら、

必ず一度は聞いたことのある言葉のはず。

 

普通に医者ライフを送っていれば、
大医になることは簡単ではありません。

 

臨床医ならば、
中医くらいで終わる人が大半でしょう。

 

そもそも、

 

大医…国を癒す医者とはなんなのだろうか?

 

山中伸弥先生のiPS細胞のように、
ノーベル賞ものの発見・開発をすること?

よく効く薬の開発に貢献すること?

医系技官になり、
医療政策立案に貢献すること?

タレント医者になってテレビに出ること?
健康本を書いて売れること?

 

“大医”は、
アイデア次第でいかようにも
できるのではないでしょうか?

 

だから、私は思いました。

 

『権利収入の大切さを発信していく』
大医になろうと。

 

中医になるまでのプロセスとは
また別の道で、

もう1つの医師道を構築しようと。

 

これを読んでくださっているあなたも、
『権利収入の大切さを発信し、
命と健康を守る』

新しいタイプの医師に、
私と一緒になりませんか?

医師としてのやりがいも増やしながら、
資産も増やす。
まさに一石二鳥ではないでしょうか☆

2つめ。

 

なぜ、旅行のMLMを選んだのか。

 

私は、
生命保険のMLMをするドクターから
お誘いを受けたことがあります。

 

たしかに、生命保険も、
形のないサービス商品で買い込みや
物販の必要もないし、

内容的にも医師に向いているかもしれない。

 

それでも私が敢えて旅行を選んだのは。

 

『医療に関連するものに医師が関わると、
会社との利益相反を疑われる可能性がある』

 

危険もありますし、

 

旅行というのは、いわば、
時間の自由の象徴です。

 

私は、
医師の新しい働き方改革を
目指します!

 

日本の医師も、海外の医師のように、
バカンスを楽しめるように
改革を進めていきたい!

 

だからこそ、
その象徴として、旅行商品を選びました。

 

これが、私が今後目指していきたい、
新しい形の医師の働き方改革です。

 

 

…医師は、国境を越えて活躍できる職業です。

 

だからこそ、
日本という小国の固定概念に縛られず、
アメリカ発祥のビジネス…
グローバルな新しい挑戦を
始めてみませんか?