SDGsに対応した
探究学習ワークブック

高校生の論文執筆支援するための解説とワークブックから構成されています。『総合的な探求の時間』・『課題研究』の副教材としてご利用いただけます。
(著)延原  宏
(編)江見 大宙
仕様:オンデマンド (ペーパーバック)
ページ数:74
ページサイズ:21.0 x 0.5 x 29.7 cm
出版社: デザインエッグ社
定価:¥1,091 税込:¥1,200

学ぶ生徒の支援
サポートする教員の支援

Point.
1
高等学校の「総合的な探求の時間」・専門高校の「課題研究」に対応
Point.
2
スモールステップでの論文作成を通して探求学習で重要な「主体的に課題を発見する能力の育成」を目指す
Point.
3
現代社会で注目度が高い「SDGs(持続可能な開発目標)」に対応
Point.
3
現代社会で注目度が高い「SDGs(持続可能な開発目標)」に対応

ワークブックの概要

 本書は、高等学校で「総合的な探求の時間」や専門高校における「課題研究」で学ぶ生徒に向けて、探求学習として論文を書き進めるためのワークブックとして作成されました。
 論文を書き進めていく上で必要な知識が身に付くよう、基本的には見開きで左ページが解説、右ページがワークシートとなるようにレイアウトされています。このワークシートは、実際の授業実践を通して、生徒たちが記入し、問題点を修正する作業を繰り返して完成しています。
 現在、世界中の人々に注目されているSDGs(持続可能な開発目標)にも対応できるよう構成していますので、様々な探究学習の足掛かりとなるワークブックになっています。

著者より

 これまで、高等学校で取り組む授業実践やクラブ活動において、各大学・官公庁が主催するビジネスプラン・ビジネスアイディアコンペに出場してきました。当初は、教師側からアイディアやテーマを提示し、取り組みを開始することが多かったように思います。「総合的な学習の時間」ではそれで良かったのかもしれません。
 しかし、「総合的な探求の時間」となって、従来の「主体的な取り組み」に加えて「主体的に課題を発見する」が加わりました。そこで、自ら課題を発見する学習として、論文学習の親和性が高いことに気が付きました。これは筆者だけではなく、全国で探究活動を支援する教員も同様で、様々な学校で論文学習が行われるようになったのです。
 しかし、ここで使える教材は多くありませんでした。大学生を対象にした卒論の書き方や高校生を対象にしたワークブックはありましたが、見開きで左側に解説があり、右側にワークシートがあるといった年間を通して使用できる教材は見当たりません。そこで、授業実践で得られた知見を活かしたワークブックを作成し、授業実践に活用したいと考えるようになりました。
 こうして完成したワークブックをここに公開し、全国各地の学校における探求学習が大きく花開くことを期待しています。

著者紹介

延原 宏
神戸星城高等学校教諭
1967年 岡山県生まれ。修士(学術)
神戸女子商業高等学校商業科教諭、岡山県立江見商業高等学校商業科、岡山県立津山東高等学校普通科、岡山県情報教育センター研究員、環太平洋大学元非常勤講師、松陰高等学校元非常勤講師、岡山県立津山商業高等学校情報処理科長・ビジネス情報科長を経て、2008年から現職。
文部科学省委託事業教育情報共有化促進モデル事業研究主査(商店街通信の発行を題材に授業実践を追体験できる教員向けの動画コンテンツを開発し、公開する)
平成23年度第14回コンピュータ教育実践アイディア賞宮島記念教育賞受賞(高等学校教育実践年間1位相当)
平成26年度文部科学大臣優秀教職員として表彰
平成30年度一般社団法人日本教育情報化振興会ICT夢コンテストNHK賞(ICTを活用した地域活性化に学校が連携する試み)
全国パソコン技能競技大会情報処理技能競技団体優勝通算10回優勝監督。
効果的なプロジェクト学習の推進と評価法について追究。
2020年度執筆の著書 『カリキュラム・マネジメントで実現する学びの未来:STE(A)M教育を始める前に』翔泳社(共著)
           『商業科教育法:理論と実践』東京法令出版(共著)

延原 宏
神戸星城高等学校教諭
1967年 岡山県生まれ。修士(学術)
神戸女子商業高等学校商業科教諭、岡山県立江見商業高等学校商業科、岡山県立津山東高等学校普通科、岡山県情報教育センター研究員、環太平洋大学元非常勤講師、松陰高等学校元非常勤講師、岡山県立津山商業高等学校情報処理科長・ビジネス情報科長を経て、2008年から現職。
文部科学省委託事業教育情報共有化促進モデル事業研究主査(商店街通信の発行を題材に授業実践を追体験できる教員向けの動画コンテンツを開発し、公開する)
平成23年度第14回コンピュータ教育実践アイディア賞宮島記念教育賞受賞(高等学校教育実践年間1位相当)
平成26年度文部科学大臣優秀教職員として表彰
平成30年度一般社団法人日本教育情報化振興会ICT夢コンテストNHK賞(ICTを活用した地域活性化に学校が連携する試み)
全国パソコン技能競技大会情報処理技能競技団体優勝通算10回優勝監督。
効果的なプロジェクト学習の推進と評価法について追究。
2020年度執筆の著書 『カリキュラム・マネジメントで実現する学びの未来:STE(A)M教育を始める前に』翔泳社(共著)
           『商業科教育法:理論と実践』東京法令出版(共著)

編者より

江見 大宙(神戸星城高等学校教員)

 このワークブックを活用した授業実践を著者と共に担当しました。
 授業を振り返ると、これまで探求学習に取り組んできた生徒たちにとって、最も大きな課題となっていたのが、「何を、どこまで、どのようなやり方をすれば、論文が執筆できるのか」であったように思います。こうした思いから、これまでの授業で活用したプリントを再構築し、このワークブックを完成させました。
 通常の研究とは少し流れが違うかもしれませんが、実際に授業実践で行ったこの流れであれば、最後には論文が完成しているやり方をまとめたつもりです。このワークシートを活用した授業における発表やグループワークでは、明確な課題意識を持った発表や活発な意見交流を行う様子が見受けられました。
 本書を活用し、皆さんも探求学習・論文学習を成功に導いてください。