次亜塩素酸水が買える販売店まとめ!

新型コロナウイルスをはじめ、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症対策に次亜塩素酸水が効果的です。消毒用アルコールの品切れ続出に伴い、次亜塩素酸水が注目されました。

ここではそんな次亜塩素酸水が買える販売店を紹介します。一部のドラッグストアやホームセンターなどでは次亜塩素酸水の在庫切れが出始めてます。ぜひ参考にしてください。

参考リンク:
厚生労働省 次亜塩素酸水
一般財団法人 機能水研究振興財団 新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の有効性

除菌水ジーア

SNSの口コミで人気が広がってきた次亜塩素酸水と言えば、次亜塩素酸水です。

ウイルス・菌の除菌率は99.9%、シュッとスプレーしたその瞬間からスピーディーに分解します。

除菌対策としてはもちろん、室内・車内の消臭対策にも最適です。安全成分で細菌・ウイルス・不快な臭いの原因菌の元から防ぎます。

その実力は、兵庫県丹波市の市長から感謝状が届いたほどのお墨付きです。

次亜塩素酸水の安全性は確認されているため、赤ちゃんやペットがいるご家庭でも、毎日安心して使えます。

皮膚が弱い方でもアルコール消毒とは違い、手が荒れたりする心配もありません。

一般家庭用にはもちろん、医療機関・介護施設・保育施設での利用も可能、空間除菌に最適です。

ジアコ

ジアコ(ZiACO)は、花粉症対策・消臭・ウイルス除菌対策に最適なアイテムです。

ジアコは、ウォーターサーパーのおいしいお水でおなじみのクリクラから誕生した亜塩素酸水溶液です。

専用のZiACOミストの装置 (噴霧器) とZiACOパウチの次亜塩素酸水溶液との一体型で、室内の隅々まで除菌対策ができます。

ZiACOパウチの内容量は1袋に3リットル、有効塩素濃度は約50~70ml/Lです。

主原料は次亜塩素酸ナトリウム・純度の高いRO膜処理水・炭酸ガスです。

ZiACOミストの噴霧器の外形寸法は193(横幅)×325(高さ)×275(奥行)、コンパクトサイズです。

1時間あたりの噴霧量は最大で350ml、タンク容量は5L、3タイプの間欠モードが搭載されています。

キノット

キノット(Kinot)は、次亜塩素酸水の協力パワーで集中的に除菌しし、室内空間をクリーンに保ちます。

除菌・ウイルス対策・消臭・花粉症対策・カビ対策・食中毒対策まで、キノットで完結します。除菌力は次亜塩素酸ナトリウムの80倍、わずか15秒以内でスピーディーに除菌します。

年間を通して除菌対策が必要な方、定期的に継続したい方向けにはKinot定期便がおすすめです。

定期便のご利用で、詰め替え用のパウチ容器を毎月お届けされます。パウチ容器は10倍希釈500ml入りです。

さらに、初回お届け時には、専用のスプレーボトルが届きます。スプレーボトルを携帯しておけば、自宅・外出先でいつでもどこでも空間除菌ができます。

コロバスター

コロバスターのセット内容は、詰め替え用1Lと専用ボトル100mlです。

コロバスターは安定化次亜塩素酸水、日本国内で製造された商品です。

使い方は簡単、マスクの内側・外側など、気になる部分に軽くシュッ!とスプレーするだけです。

アルコール成分では十分に届きにくい細胞膜を通過して、細菌・ウイルスにダイレクトに働きかけます。

悪臭を分解し、1秒で除菌率は99%以上、安全性の高い成分なので日々安心して使用を続けられます。もちろんベビー用品やペット用品にも毎日安心して使えます。

サライウォーター

サライウォーターは人体に無害、除菌力・消臭力は80倍、99.9%の除菌率です。

楽天ショップにて売上No.1を達成し、その実力はお墨付きです。

ボトルの容量は2リットル、従来はスプレー容器付きでしたが、容器の原料が入手困難になりました。

その代わりに、よりお求めやすい価格で入手できるようになりました。

長期間での保存が可能で塩素系であるにも関わらず、安全・無害なので安心して使えます。

サライウォーターは原液タイプで4倍に薄めるタイプです。必要に応じて1倍~4倍に薄めて気になる箇所にスプレーします。

アルコール成分では除去しきれない細菌・ウイルスをサライウォーターでしっかりシャットアウト・ブロックします。

次亜塩素酸水とは?アルコールとの違い

ウイルス対策として消毒用のアルコールが不足している状況から、次亜塩素酸水のニーズが高まっていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

次亜塩素酸水はアルコールとはまったく異なる特質があります。消毒用に使われるアルコールの主成分はエタノールと呼ばれる成分です。

しかし、次亜塩素酸水にはアルコール成分は含まれておらず、主成分は塩素系の成分です。塩素系の成分というと危険性が高いのではないか?という疑問がわいてきます。

塩素系としてわたしたちの身近なところでよく使われるものと言えば、塩素系の漂白剤・除菌剤などです。

手すりやドアノブなどふだんからよく手が触れる部分の消毒には、アルコール成分よりも塩素系の成分の方で適しています。

新型コロナ対策としてはもちろん、ノロウイルスなどの対策としても有効です。

次亜塩素酸水は、塩素系の成分を水で薄めたものですから、市販の塩素系漂白税と比較すると手肌への刺激が少なくて安全性が高いです。

次亜塩素酸水は、塩化ナトリウム水溶液または塩酸を電気分解することによって生成された水です。

すでに厚生労働省による認可済みで、医療・介護の現場でも用いられており、一般家庭向きです。

次亜塩素酸ナトリウムとの違い

次亜塩素酸ナトリウムとは、塩素系漂白剤の主成分のひとつです。塩素系漂白剤とよく比較される漂白剤には酸素系漂白剤があります。

塩素系漂白剤は強アルカリ性に分類されており、酸化させるパワーの強い液体です。

塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムが皮膚に触れた場合や目に入った場合は、強い刺激をともないます。炎症を引き起こすリスクが高いので、速やかに洗い流す必要があります。

次亜塩素酸水は、簡単に言えば次亜塩素酸が含まれた水であり、次亜塩素酸ナトリウムと比較すると濃度は低くなります。アルコール消毒や次亜塩素酸ナトリウムよりも、皮膚に対して低刺激です。

次亜塩素酸水のメリット

今や次亜塩素酸水は、ウイルス対策としてスーパーやホームセンターでよく見かける要になりましたが、どんなメリットがあるのでしょうか。
安全性が高い
次亜塩素酸水のメリットは、安全性が高いことにあります。

安全性が高いから、赤ちゃん・ペット・子どもがいる家庭でも日々安心して使い続けることができます。
手軽に空間除菌ができる
次亜塩素酸水は、スプレーボトル容器に入った商品が多いです。

手に持ちやすくて軽量サイズなので、室内・車内ではもちろん、外出先でいつでもどこでも手軽に空間除菌ができます。
気になるニオイ対策に
室内の不快なニオイが気になる時に、次亜塩素酸水を噴霧しておくと除菌・抗菌対策とともにニオイ対策の効果も期待されます。

次亜塩素酸水でキッチン・トイレ・玄関のニオイを除去すれば、室内空間がより快適になります。
気になるニオイ対策に
室内の不快なニオイが気になる時に、次亜塩素酸水を噴霧しておくと除菌・抗菌対策とともにニオイ対策の効果も期待されます。

次亜塩素酸水でキッチン・トイレ・玄関のニオイを除去すれば、室内空間がより快適になります。
お手頃な価格
室内の空間除菌をする手段としては空気清浄機を設置する方法もあります。

しかし、空気清浄機の価格は高く、これから購入しようと思えば、注文が殺到していて入荷待ち、入荷日未定です。

その点、次亜塩素酸水は不断からスーパーやホームセンターで手軽に入手できます。

価格が安いので家計の負担にならず、手軽に除菌対策ができるという点ではおすすめです。
どこにでも使える
空気清浄機が一家に一台あれば便利ですが、常に固定しておく必要があるため、外に持ち出して使うことはできません。

その点、次亜塩素酸水のスプレーボトルが1つあればいつでもどこでもウイルス対策ができます。外出時にも肌身離さず持っておけば、その場で除菌対策ができます。

次亜塩素酸水の使い方

次亜塩素酸水は、おもに下記の2通りの使い方があります。
スプレー(手指や物の消毒)
次亜塩素酸水のもっともポピュラーな使い方は、スプレー式です。
スプレーボトルに入れておいて、手指を消毒したり、皮膚に触れる物に対して消毒する時に使います。

次亜塩素酸水の商品のタイプによっては、最初から専用のスプレーボトルの容器に入れて販売するタイプのものも多いです。

また、大容量の次亜塩素酸水が袋や大きなボトルに詰め込まれた状態で販売されているものもあります。

実際に次亜塩素酸水を使用する際には、スプレー容器のものを使い、手軽に携帯しておくと便利です。スプレー式の使い方は簡単、シュッと軽くスプレーするだけです。

より強力に除菌したい時は、同じ箇所を複数回スプレーしておくと良いでしょう。
加湿器(空間除菌)
室内を広範囲で除菌したい時には、加湿器に次亜塩素酸水を適量入れて空間除菌する方法もあります。

また、超音波噴霧器に次亜塩素酸水を適量入れて電源を入れると、効率良く室内の空間除菌ができます。

空間を除菌しながら消臭対策にも役立てられるので、不快な臭い防止対策としても役立てられます。