このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
受付時間:平日8:45~17:00
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

メドック健康クリニックは

  • 心と身体に優しい、がんの治療を行います
  • 2021年2月よりサーモトロンRF-8とアスクーフ8、2台体制でハイパーサーミアを実施します。
  • 当院は日本ハイパーサーミア学会認定医療施設です。
  • 2021年2月よりサーモトロンRF-8とアスクーフ8、2台体制でハイパーサーミアを実施します。

東海地区初

最新式ハイパーサーミア装置

アスクーフ8
2021年2月より稼働開始
 
患者さんの心と身体に優しい治療を提供します。
あなたがあきらめなければ、私たちは決してあきらめません。

当院の治療方針として、患者さんに副作用の少ない優しい治療を行っています。
具体的には局所温熱療法(ハイパーサーミア)として、サーモトロンRF-8とアスクーフ8の2台を用いて、8MHz-RF波による電磁波温熱療法を主体として治療を行っています。
 
 これに加えて副作用のない低用量抗癌剤治療、免疫細胞療法(NK細胞、γ-δT細胞、樹状細胞など)、超高濃度ビタミンC点滴療法、丸山ワクチン療法などを併用しています。

 その結果、長期生存患者さんが多くみられるようになってきました。
一人一人の患者さんの病態に応じて適切な治療方針を決めています。お気軽に相談して下さい。

院長ご挨拶

吉田亮人
日本ハイパーサーミア学会認定医 代議員(評議員)

がんと上手に付き合っていくこと、これががん治療について最も重要になってきます。がんと上手に付き合い、コントロールし、QOL(生活の質)を高めることで、長期生存を、完治を目指すのが当院のハイパーサーミア(がん温熱治療)です。

ハイパーサーミアは化学療法や免疫療法と組み合わせることでその効果を最大限に引き出します。当院では患者さまお一人お一人に最適な治療の組み合わせを考え治療にあたってまいります。

また当院のハイパーサーミア担当看護師はすべて日本ハイパーサーミア学会の認定技師にて構成しております。ぜひ外来にお越しいただき何でも気軽にご相談ください。

看護師長ご挨拶

前田二美子
日本ハイパーサーミア学会認定技師

がんは決して死を約束された病ではありません。
だからこそ―決してあきらめないがん治療―これが私たちのチームのスピリットです。

私たちは常に患者さまに寄り添い、患者さまの立場に立ったがん治療のお手伝いを致します。

がん治療に対して、これからご自分にはどのような選択肢があり、どのように向き合っていくことがベストなのか、ご自分の状況も含めぜひご相談ください。私たちが全力でお手伝いいたします。

相談や治療についてのお問い合わせはメドック健康クリニック 温熱免疫療法外来までお電話ください。(052-759-5551温熱免疫療法外来直通)

ハイパーサーミアは平日の朝9時より17時まで実施しております。

初診のご相談は患者さま、ご家族さまのお話をじっくりうかがうために月曜日、水曜日、金曜日に予約制で行っております。

担当医より

がんをコントロールし、患者さまご自身のQOL(生活の質)を高めるためには、がんに対する免疫力を少しでも高め、免疫抑制を低下させることが大切です。

 当院では、丸山ワクチン療法や免疫細胞療法などの免疫療法により免疫力を高め、低用量抗がん剤療法により免疫抑制を低下させ、ハイパーサーミア(がん温熱治療)により免疫療法や低用量抗がん剤療法の効果を最大限に引き出す治療をおこなっています。

  これらの治療はどのステージのがんでも治療できますし、がんの再発予防、手術や放射線治療の前後でおこなうことが効果的です。

 また抗がん剤治療とハイパーサーミアは大変相性が良く、両方の治療を併用することで、抗がん剤の効果を高めるばかりか、抗がん剤の副作用を軽減する働きがあること、また進行するがんの痛みへの疼痛緩和にも効果があることが知られています。

 もちろん、現在、他病院にて抗がん剤治療を受けてみえる患者さまにも当院のハイパーサーミアを始めとした様々な治療を受けて頂くことが可能です。各病院の抗がん剤投与のスケジュールに合わせ当院でのハイパーサーミアの予定を立てさせて頂きます。

 また、がん種やご病状によって組み合わせる治療も異なってまいりますので、ぜひ外来にてご相談いただけましたら、と存じます。


青山 吉位
(日本外科学会専門医)

岡村 武彦
(元名古屋市立大学臨床教授・前安城更生病院副院長)

成山 泰道
(日本泌尿器科学会指導医)


ハイパーサーミアとは

がん温熱療法とは

特 徴

  • 抗がん剤と併用し治療することで効果を上げます。
  • 放射線治療と併用し治療することで効果を上げます。
  • 現在行っている様々な治療への妨げになりません。
  • 脳・眼球を除くすべての部位のがんに適用されます。
  • 初期、末期、ステージを問わず治療できます。
  • 脳・眼球を除くすべての部位のがんに適用されます。
 がん細胞が熱に弱いことを利用して治療するのが「ハイパーサーミア(がん温熱治療)」です。がんは42℃前後まで加温すると、がん細胞自体が死滅することがわかっています。この原理を実際のがん治療に応用したものがハイパーサーミアです。

現在、健康保険で認められているハイパーサーミアは高周波加温治療装置を用いたものであり、当院ではサーモトロン RF-8とアスク―フ8の2台を使用し患者さまの治療にあたっております。(写真は最新型高周波加温治療装置:アスク―フ8)

ハイパーサミアのがん病巣への加湿イメージ

ハイパーサーミアでは、患部を電極で挟み高周波を流し加温します。わかりやすく申し上げれば電子レンジの加温の原理に似ています。

がん細胞を42℃にまで加温できたら、それだけで毛細血管を持たないがん細胞は死滅します。一方、がん組織の周囲の正常組織には、毛細血管が張り巡らされ血流が豊富なため高周波による熱の影響をまったく受けません。

 ハイパーサーミアはどのステージのがんであっても治療することが可能です。ハイパーサーミアを週に1回程度くり返し治療を行い、継続することで、がん細胞の増殖を抑え、縮小させることが可能になります。(写真は最新型高周波加温治療装置:アスク―フ8)
ハイパーサーミアのがん病巣への加温イメージ
ハイパーサーミアのがん病巣への加温イメージ

メドックのハイパーサーミアが選ばれる理由

01

当院は日本ハイパーサーミア学会認定医療施設です

メドック健康クリニック 温熱免疫療法外来の看護スタッフは全員日本ハイパーサーミア学会認定技師の資格保有者です。

02

心と身体に優しいがん治療を実施します

ハイパーサーミアを始めとした様々ながん治療を、患者さまに合わせて組み合わせ、がんをコントロールし、QOL(生活の質)を高め、長期生存を、ひいては完治を目指した治療を実施します。

03

私たちは決してあきらめません

必ず患者さまに最良の選択肢があるはずだ、と私たちは信じて毎日治療にあたっています。

 あなたがあきらめなければ、私たちは決してあきらめません。

 

03

私たちは決してあきらめません

必ず患者さまに最良の選択肢があるはずだ、と私たちは信じて毎日治療にあたっています。

 あなたがあきらめなければ、私たちは決してあきらめません。

 

 初めて当院を受診される患者さま

 お電話にて、メドック健康クリニック温熱免疫療法外来にお電話にてご予約の上、受診していただきます。

初回の受診時には、主治医の紹介状、CTやPETなどの画像フィルム、腫瘍マーカーを含む検査データなどと、健康保険証をご持参ください。これらがすぐに用意できない方は、ご予約時にご相談下さい。

また患者さんご自身の来院が困難な場合は、ご家族の面談をさせていただきますのでご予約時にご相談下さい。

 健康保険の適用について

一連の治療(およそ6週間~2カ月間程度)で約27.000円(3割負担の場合)と、ハイパーサーミア受診時の再診料などです。

よくある質問

Q. ハイパーサーミアは、どのくらいの回数を受ければよいのでしょうか?
抗がん剤や放射線治療は副作用があるので回数が限られますが、ハイパーサーミアは全く副作用がありません。
毎回45分程度、週1〜2回の治療となります。体に優しい治療ですから出来る限り長く続けていただきたい治療です。
Q. どのようながんが治療適用ですか?
脳と眼球、血液のがんを除き、あらゆる臓器のがんが治療対象になります。
がんは進行してくると痛みなどの症状が現れますが、ハイパーサーミアはがんによる痛みを和らげる疼痛緩和にも
高い効果があることが知られています。
たとえ短期的には腫瘍の縮小が見られない場合でも、QOL(生活の質)を高めることができます。
Q. 体内にステントが入っている患者です。ハイパーサーミアは体内に金属が入っている場合は治療適用になるのでしょうか。

MRI検査が普通に行われるようになってきましたので、体内に医療器具を装着する場合の材質が、金属からチタン素材に代わってきています。
従いまして心臓にペースメーカーが入っている患者さま以外は原則ハイパーサーミアを実施できます。
ただ体内にステントなどが入っている患者さまは初診時に必ずお申し出下さい。

 

Q. 体内にステントが入っている患者です。ハイパーサーミアは体内に金属が入っている場合は治療適用になるのでしょうか。

MRI検査が普通に行われるようになってきましたので、体内に医療器具を装着する場合の材質が、金属からチタン素材に代わってきています。
従いまして心臓にペースメーカーが入っている患者さま以外は原則ハイパーサーミアを実施できます。
ただ体内にステントなどが入っている患者さまは初診時に必ずお申し出下さい。

 

医療法人メドック健康クリニック

温熱免疫療法外来

病院名 医療法人メドック健康クリニック
住所

〒466-0857
愛知県名古屋市昭和区安田通4-3
電話
住所

〒466-0857
愛知県名古屋市昭和区安田通4-3
医療法人メドック健康クリニック

温熱免疫療法外来

〒466-0857 名古屋市昭和区安田通4-3



TEL052-759-5551     FAX052-759-5570
受付 月~金 8:45〜17:00
土日祝 休診