産後うつになっても、
大丈夫と言える社会へ。

妊産婦の10人に一人は、産後思いがけないメンタルの不調に陥ります。
私達、『産後・育児うつ、心がしんどいママのサポート
ヒュッゲライフ香川』は、
心と体の不調を抱えながら育児をする
「しんどいママ」のサポート団体です。
産後うつ経験者で子育て中のママスタッフが
丸亀市を拠点に香川県下の各地域でお話会を開催しています。

「産後うつママミーティング」へ来てみませんか?
同じ体験をしたママ同士でしか、分からない気持ちがあります。
不安なこと、しんどいこと、知りたいこと なんでも
安心して話せる「しんどいママの居場所」です。

お子様やご家族の方も一緒に参加できます。

しんどいママを、しんどいままでいさせない。
丸亀市で
定期開催

最新イベント情報

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在産後うつママミーティングの開催を見合わせております。
ZOOMを使ったオンラインミーティング等、開催可能な方法を検討しております。
開催日時は決まり次第こちらにてお知らせいたしますので、しばらくお待ちください。

「こんなことやってほしい」「こんなことで困っている」等、ご要望ご相談等ございましたら
お気軽にLINEにてお寄せ下さい。(公式LINEのお友だち追加をお願いします)



産後は誰でも気分が落ち込むもの??
妊産婦の3人に一人は「マタニティブルーズ」にかかります。
産後の急激なホルモン変化と子どもが生まれたことによる環境の激変、出産の体へのダメージは想像以上にママの心身に影響を与えています。だから、一時的に気分が落ち込むことは誰にでもよくあることです。
ただ、気分の落ち込みがいつまでも回復できず、感情のコントロールが難しくなり、不眠や倦怠感、食欲低下などの体調不良を次々と起こすこともあるのが「産後うつ」です。
産後うつは10人に一人の割合でみられ、決して稀ではないにも関わらず、育児疲れと見分けにくいことから重篤化するまで自分も周りも気づかないことがままあります。


自然に治るの?
産後うつは放置していると症状が数年に渡って続いたり、再発を繰り返したり、症状が悪化した結果自分や我が子に危害を加えてしまうようなケースも起きています。「産後うつ」は要はうつ病ですので、基本的にはうつ病と同じ治療が必要になり、回復までに長い時間を要することもあります。
予後を深刻なものにしないためにも、軽度のうちに産後うつの兆候に気付き、医療や支援の専門家と繋がることが大切です。家族の理解と周りのサポートを受けながら、ゆっくり休みながら子育てをすることは十分可能なのです。

産後うつ 手遅れになる前に NHK生活情報ブログ
まじめで気が弱い人がかかるもので、
自分には関係ない?
産後うつは思い当たる原因がなくてもかかることがあります。
産後うつにかかって、「まさか自分が…」と思ったママは少なくありません。
おめでたいことも含めて、様々なストレスが重なったときに誰にでも起こりうる病気と捉えるべきです。

『心臓に毛が生えている』と自分でも言うほど明るく活発で、友人にも恵まれ、職場でもリーダーシップを発揮していた日本テレビの元アナウンサー・山本真純さんが、産後うつで自殺したのは2010年のことです。家族から見れば育児をちゃんとできているように見えたにも関わらず、「子どもを育てる自信がない」と生前話していたそうです。
やれているのにやれていないと絶望感を募らせるのは、うつの症状の一つです。彼女がうつにかかったのは、性格の問題でしょうか?

自殺した山本真純アナ「産後うつ」だった J-CASTニュース
まじめで気が弱い人がかかるもので、
自分には関係ない?
産後うつは思い当たる原因がなくてもかかることがあります。
産後うつにかかって、「まさか自分が…」と思ったママは少なくありません。
おめでたいことも含めて、様々なストレスが重なったときに誰にでも起こりうる病気と捉えるべきです。

『心臓に毛が生えている』と自分でも言うほど明るく活発で、友人にも恵まれ、職場でもリーダーシップを発揮していた日本テレビの元アナウンサー・山本真純さんが、産後うつで自殺したのは2010年のことです。家族から見れば育児をちゃんとできているように見えたにも関わらず、「子どもを育てる自信がない」と生前話していたそうです。
やれているのにやれていないと絶望感を募らせるのは、うつの症状の一つです。彼女がうつにかかったのは、性格の問題でしょうか?

自殺した山本真純アナ「産後うつ」だった J-CASTニュース
しんどいしんどいばかり言っているが
親になる覚悟が足りないのでは?
これはご家族の方によくある誤解です。
うつ病の心の症状として、意欲の低下や無気力がありますが
それだけではなく実に半数以上の人に、倦怠感や疲労感が表れます。
朝顔を洗ったり、着替えをしたりと、ちょっとした動作に大変な疲労感を伴います。これはうつ病による神経伝達物質のアンバランスから起こる症状です。
決して甘えている訳ではありません。子どものお世話や家事をテキパキしたいとどんなに思っても、体がついていかないのです。
そのことをご家族の方が理解し、どうか寄り添ってあげてほしいと思います。それがママの回復の大きな支えになります。

うつ病の心と体の症状について詳しく知る
産後うつと母乳育児
赤ちゃんに母乳を与えるときに、ママの脳から分泌される癒しのホルモン「オキシトシン」は、リラックス効果があり産後の体調の回復を早めてくれると言われています。
そのため一部の助産師の中には「産後うつの母親こそ母乳育児をするべきだ」と主張する人がいるようですが、
もしママに投薬治療が必要になった場合、治療を拒否してまで母乳育児を優先するべきなのか、当会は疑問を感じます。

母乳育児は母子双方にとって素晴らしい面がたくさんありますが、その一方で、産院での母乳指導に強いストレスを感じたり、ミルク育児に劣等感を感じたり、
母乳を巡ってママは何かと精神的負担を感じやすいのも事実ではないかと思います。

第一に大切なのは、ママの心身の健康。
そしてママがどうしたいか という自身の希望です。

もしあなたの産後うつが、治療が必要な段階なら
まず回復と休息を第一に考え、治療を優先すべきだと思います。

それでも母乳育児を諦めたくない場合は
医師とよく相談し、母乳育児とお薬のバランスを取っていくのが理想ではないかと思います。

「やっぱり病気だ」授乳中、悩んだ末に薬の治療を決意

病院に行くべき目安は?


メンタルクリニックをいきなり受診するのは勇気がいるものです。
また、どの程度だったら病院へ行くべきなのか分からなくて悩んでいる人も
とても多いものです。
以下の項目は、産後うつ体験の中から考えたいくつかの目安です。
ひとつでも心当たりがあれば、メンタルクリニックで相談してみて下さい。
日常生活に支障をきたしている
気分の落ち込みや体調不良のせいで、日ごろの家事や育児を
行うことが困難になっていませんか?
眠れない
不眠はうつ病の90%の人に見られる代表的な症状です。
夜間授乳で起こされた後、朝まで一睡もできなかったり
しませんか?
寝つけない、熟睡できない、短時間で目覚める等
睡眠の乱れはありませんか?
死ぬことが頭をよぎる
「消えたい」「遠くに逃げたい」「自分なんていない方がいい」「死んだら楽になるのでは」などの気持ちが頭をよぎることはありませんか?
死ぬことが頭をよぎる
「消えたい」「遠くに逃げたい」「自分なんていない方がいい」「死んだら楽になるのでは」などの気持ちが頭をよぎることはありませんか?
身近な人に受診を勧められた
パパやおばあちゃん、あなたを身近で見ている人から
「病院に行った方がいいんじゃない?」と言われませんでしたか?
自分で自覚がなかったとしても、身近な人はあなたの様子をよく見ています。
体調不良なのに、体に異常がない
倦怠感、頭痛、胃痛、下痢、めまいなどの体調不良で内科に行ったら、どこも悪くないと言われませんでしたか?
検査をしても異常がないのに、体調が回復しないということはありませんか?

とにかく「しんどい」「おかしい」と感じる
うまく言い表せないけれど、自分の心や体に何か「おかしい」と感じることはありませんか?
何がと聞かれると答えにくいけど、とにかく「しんどい」と感じているなら、メンタルクリニックで相談してみるのも一手です。
とにかく「しんどい」「おかしい」と感じる
うまく言い表せないけれど、自分の心や体に何か「おかしい」と感じることはありませんか?
何がと聞かれると答えにくいけど、とにかく「しんどい」と感じているなら、メンタルクリニックで相談してみるのも一手です。

おいでよ、
産後うつママ
ミーティング

一人で悩まないで。
産後うつかもしれない…と思っているママも、
産後うつ治療中のママも、
病院に行くほどではないけれどしんどいママも、
子育て以外のことでしんどさを抱えているママも、
そしてママのご家族の方も。
みんな参加できます。
お茶とお菓子を囲んで、日ごろの悩みを何でもお話いただけます。

お子様連れでも安心。ママに手作りプレゼントも!

お連れのお子様が退屈しないように、おもちゃをたくさん用意しています。お子さんの見守り託児スタッフもいるので、目を離してお話に集中しても安心です。
有志の方からご寄付頂いたハンドメイドスタイを、ご参加下さったママにプレゼントしています。
帰るときは笑顔でいられるように…産後うつママミーティングには
しんどいママに寄り添いたい、たくさんの方の思いが土台にあります。
お連れのお子様は、ママの側で一緒にいることもできるし、子守スタッフと一緒におもちゃで遊んで待っていることもできます。
子連れの有無の事前連絡は必要ありませんので、お気軽に会場までお越しください。

※オムツ替えは原則ママご自身にお願いしています。
現在、丸亀市で隔月開催、高松市で年3回ミーティングを開催しています。
※開催スケジュールは最新イベント情報で随時お知らせしています。
どちらにお住まいでも、どの会場にも自由に参加できます。
開催時間内出入り自由です。本名を名乗る必要もありません。
個人のプライバシーに関わる内容が外部に漏れることは絶対にありません。
現在、丸亀市で隔月開催、高松市で年3回ミーティングを開催しています。
※開催スケジュールは最新イベント情報で随時お知らせしています。
どちらにお住まいでも、どの会場にも自由に参加できます。
開催時間内出入り自由です。本名を名乗る必要もありません。
個人のプライバシーに関わる内容が外部に漏れることは絶対にありません。

心理カウンセラーによるカウンセリング

当会スタッフで、不登校児カウンセラー・心理カウンセラー 細岡和美が、
育児中のママのカウンセリングにも対応します。
病院に行くのは何か違う気がする…マンツーマンでじっくり話を聞いてほしい…
そんなときはカウンセリングという方法もあります。
一度お話してみてはいかがでしょうか?

※下記リンクからカウンセラーに直接お問い合わせください。
※カウンセリングには料金がかかります。

お問い合わせは、LINE@ もしくは メール でお気軽にお寄せ下さい。