行政書士のためのハイブリッドOSS講座

~OSSからハイブリットOSSまで全部教えちゃいます~

気になる!最新の自動車登録OSSシステムはどうなっているの?

講座概要

自動車登録を専門とする行政書士でも、ほとんど情報をもっていない自動車登録OSS。当動画セミナーでは、OSSのソフト開発企業にご協力頂き、その全容を明らかにしました。

対象者

当動画セミナーは、最新の自動車登録OSSシステムにご興味をお持ちの
すべての行政書士の方が対象となります。

ハイブリッドOSSとは?



ハイブリッドOSSとは、紙の印鑑証明書を活用した電子申請です。

平成12年、政府に情報通信技術(IT)戦略本部が設置され、平成13年にe-Japan戦略の一環としてOSS構想を発表。そして平成17年12月よりOSSが開始となりました。

この時のOSSは、登録に必要な手続きを住基カードによる公的個人認証、税・手数料の納付を電子申請により、一括して行うことを可能としたものです。しかし、住基カードの普及が進まず、OSS申請手続きが伸び悩んでいました。

平成19年、国土交通省はOSS利用率向上を図るため、個人認証は従来通りの紙の印鑑証明書を利用し、データを電子的に申請する「紙と電子を併用」したハイブリッド方式を導入しました。これが、ハイブリッドOSSです。

動画講座の内容

Session1 自動車登録OSSとは?
Session2 紙申請と電子申請の違いは?
Session3 OSSの基本的な流れ
Session4 OSSの全体図
Session5 事前準備は?
Session6 今後気になる中間登録とは?
Session3 OSSの基本的な流れ

インタビュアー紹介

原 邦功(はら くによし)

1982年川崎生まれ。
自動車登録業務に特化した行政書士事務所所長。
行政書士の情報発信の促進と知名度の向上を目的とした『自動車登録ドットコム』を運営。全国にてWEB集客法を題材にセミナーも開催している。
2010年行政書士試験合格。
同年、神奈川運輸支局 相模自動車検査登録事務所の目の前にて事務所を開設。
若さを武器にがむしゃらに行動するも業績が振るわず当時採用した人員を削減せざるを得ない状況に陥り、経営者として落第の印を突き付けられる。
このままじゃダメだと考え直し、鬼門だった営業をどのように効率化していくかを模索しているところでWEB集客法にたどり着き、その後売上を格段に伸ばすことに成功。
自身の経験を生かし、同じ苦しみを持つ行政書士の方のために顧客獲得のためのポータルサイト『自動車登録ドットコム』を立ち上げる。
さまざまなWEBマーケティングを駆使し、顧客獲得の為に日々奮闘中。


今なら完全無料で動画講座をお届けします!
最新の自動車登録OSSシステムを、ここで習得下さい。