なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

ヒアルロン酸パッチをほうれい線の改善に使用してみた

最近肌に張りがなくなってきたかなと思い始めると、顔中のあちらこちらが気になり出しました。

特にほうれい線が深くなったようで、笑顔を作るのもためらいがちでした。

ヒアルロン酸が良いことは知っていますが、一般的とされる注射は何となく怖い気がして乗り気になれません。

それでも日増しにほうれい線が深くなっているように感じて、試しに手軽なヒアルロン酸パッチを使ってみることにしました。

そこで色々と調べてみましたら、ヒアロディープパッチという商品が評判がいいようです。

このパッチは単に貼るタイプの物では無くて、ヒアルロン酸を小さな針状に固めているもので、その針を刺すことで成分が浸透しにくい角質の内部までしっかりと行き渡ってくれるそうです。

私は使い始めてまだ二ヶ月目ですが、ほうれい線の辺りのたるみが改善された感じがして、笑顔を作るのにためらわなくなってきました

肌の中が元気になって、心の元気も取り戻しているような気持ちで嬉しいです。



ほうれい線のヒアルロン酸注入方法

ヒアルロン酸の注射は、粘性のあるゲル状の物質から作られており、メーカーによって、分子が細かいものや、化粧品成分が濃縮されているものなど、いくつかの種類があります。

ヒアルロン酸を注入すると、肌の保水力が高まり、みずみずしい肌になったり、肌の色が均一になったりするなど、さまざまな効果があります。以上のように、注射剤はメーカーによって、硬さや化粧品成分が異なるものがありますので、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

近年では、痛みが少なく注入後の内出血が少ない針を導入したり、注入前に部分麻酔を行うクリニックもあります。施術者の技量によっては、針が毛細血管を傷つけ、過度の内出血を起こしたり、皮膚表面が凸凹になったりすることがあります。

また、非常に稀ではありますが、注入したヒアルロン酸が血管内に入り込み、血流障害や組織の壊死を引き起こすことも報告されています。さらに、ヒアルロン酸は非常に即効性がありますが、持続性はあまり高くありません(3~6ヶ月)。

この2点を考慮すると、ヒアルロン酸は小じわの治療には安全で効果的な治療法といえます。ヒアルロン酸注射は、治療期間が短く、価格もリーズナブルで、即効性があり、ダウンタイムも短いことから、美容皮膚科では人気の高いシワ治療です。

しかし、血流障害による組織の壊死など、失敗が全くないわけではありません。

自宅でできる安価なほうれい線ケア

自宅でできる効果的で安価なヒアルロン酸治療といえば、ヤーマンのニードルパッチです。有名な美容機器メーカー「ヤーマン」の安全で人気の高い商品です。ヒアルロン酸はもともと体内にあるものなので、注入後の副作用はほとんどありません。

ヒアルロン酸注射は、小じわを目立たなくする効果があります。ヒアルロン酸注射の中には、6~12ヶ月間持続するものもあります。ニードルパッチは、ヒアルロン酸注射のような即効性はありません。即効性を求めるのであれば、ヒアルロン酸注射がお勧めです。

美容クリニックでのヒアルロン酸注入は効果的ですが、安くはありません。

ヒアロディープパッチのほうれい線ビフォーアフター

ほうれい線の問題は表情筋を鍛えることだと思っているので、いろいろなフェイシャルトレーニングを試しています。最近になって、ヒアルロン酸マイクロニードルシート「ヒアロディープパッチ」がほうれい線にも使えることを知り、試してみることにしました。

噂では、ヒアルロン酸注射や水光注射、ボトックス注射を試した人もいるようですが、私にはまだ試す勇気がありません。例えば、ヒアルロン酸注射は真皮層まで届くので、即効性はあると思うのですが、失敗する可能性があるのが怖いです。

一方、ヒアルロン酸ディープパッチなどのヒアルロン酸ニードルは、バリア機能を突き抜けて角質層の内側まで有用成分を届けることができるので、化粧品よりも効果的です。

また、シートにはラップ効果があるため、肌に届いた成分が蒸発するのを防ぐことができます。
ヒアルロン酸だけでなく、コラーゲンやプラセンタエキスなども配合されているので効果的です。

歯磨きや水を飲む、話すなど、ほうれい線を動かすようなことをした後、寝る前につけるのがとてもいいと思います。ヒアルロン酸が肌に浸透して、少し張りが出てきたように感じます。

夜寝る前は顔が暗いと思っていましたが、写真を見て朝は顔が白いと思いました。

ほうれい線対策はヒアルロン酸でOK?

今回は、当クリニックで行った症例と、ほうれい線ができるメカニズム、そしてヒアルロン酸注入が真のアンチエイジング治療ではない理由について、詳しく解説します。

まずは、当院で行ったヒアルロン酸を使わないフェイスリフトの症例を見てみましょう。

治療概要:皮下脂肪を採取し、そこから特許技術である遠心濾過によって老化細胞や血液などの不純物を除去します。その後、脂肪から微細な細胞群を抽出し、手術部位に注入することでアンチエイジング治療を行う。前述した眉間のしわの症例は、すべて脂肪注入の結果です。

脂肪注入は、加齢によって失われた脂肪を補う論理的な治療法です。ほうれい線がなくなることは大前提ですが、この曲線を取り戻すことも脂肪注入によるフェイスリフトでは可能です。

長くても1年で体内に吸収されてしまうヒアルロン酸と違い、脂肪注入は脂肪が組織として固定されるため、効果が長続きします。"ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ほうれい線の改善には、失われた脂肪を補うことが最もシンプルでベストな方法です。

マイクロニードルパッチのおすすめ人気ランキング

マイクロニードルパッチは、美容成分が針状になっているシートマスクです。この針によって、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分を角質層に浸透させることができます。

貼るだけで美容成分を肌の奥まで浸透させることができるので、手軽にスペシャルケアをしたい方におすすめです。マイクロニードルパッチの主な美容成分はヒアルロン酸ですが、他にどんな成分が含まれているのか、パッケージや公式サイトの成分情報をよく見てみましょう。

また、肌の弾力性を測るために肌弾力計を使用し、使用前と使用後を比較します。たくさんの美容成分が配合されているのに、1~2時間で吸収されるという時短アイテムです

最新の美容成分「ヒト幹細胞エキソソーム」を配合したマイクロニードルパッチは珍しいですよね。さらに、「加水分解コラーゲン」「エクトイン」「パルミチン酸アスコルビルリン酸エステル3Na」など、厳選された美容成分がたくさん配合されています。

翌朝起きて洗顔や化粧水をつけているときには気づかなかったのですが、メイクをしたときに目元が少しふっくらしていて、メイクのノリが良くなっていたのには驚きました。

マイクロニードルには、ヒアルロン酸、プラセンタ、プロテオグリカン、ヒト幹細胞培養液などの美容成分が配合されています。