なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成


小さなお墓KOBO


海洋散骨最近では、「散骨」の存在は広く知られるようになりました。それにつれ、生前から自分のお骨を海に撒いてほしいとおっしゃる方も増えてきています。
 とはいえ、実際散骨を経験されている方は少なく、わからないことも多い事と思います。
 ​海洋散骨では、ご遺骨をそのまま散骨することはできません。粉骨し、骨の形を残さずキレイなパウダー状にします。(ご遺骨を粉末状にすること「粉骨」を表現しています。)どこの海ではできないなどの決まりはありませんが、一部の地域の自治体や、海水浴場では散骨を禁止している場合がございます。(弊社では東京湾で行っております。)

お墓を持たない選択をしたら、
 ・・・、逆に身近に感じられた。

様々な理由で海洋散骨を選択する人が増えています。

「故人の意志」
「お墓を継ぐ後継者がいない」
「お墓が高額」

など。


しかし、海洋散骨をするのは勇気がいりますよね。

遺骨を粉末にして海に撒きます。
ご遺骨をどこかに「納める」ことをしません。
つまり、墓標シンボルがないのです。

後から気が変わったから元もといってに戻すことができないのです。

故人様の要望でも、周囲からの理解が得られないこともありますので、
十分に検討する必要があります。


ブリーズガーデンクラブの提案します。

海洋散骨をして遺骨の一部をKOBOに収納し、自宅に置くという方法。

KOBOを自宅に置くというのは、手元供養という供養の一つで
時代のニーズにより、今注目されてきています。

年に数回お墓参りをしていた時よりKOBOを自宅に置いてからのほうが
故人様を思い出すという声をたくさんいただいております。

検討してみませんか。

今なら、無料で資料をもらえます。

資料請求をフォームから申し込むと
あなた様のメールアドレスに下記のものを
PDF形式でお送り致します。
kOBOのパンフレット
製品紹介リーフレット
海洋散骨リーフレット
申し込みから完了までがわかるお申込みガイドブック
申込用紙