倉庫建築の特徴は?
使いやすいタイプについて

さまざまな企業で「倉庫」を活用していることかと思います。業種によっては大きな倉庫が必要な場合もあるでしょう。今回は、使いやすい倉庫はどんなタイプなのか、倉庫建築の特徴などについて紹介していきます。

倉庫建築の種類

基本的に倉庫建築には3つのタイプがあります。各タイプで特徴などが変わってくるので、倉庫を建てる前にしっかり比較しなければいけません。こちらでは、倉庫建築の種類について見ていきましょう。
 
・テント
テントタイプの倉庫は、低コスト、完成までの工期が短いなどのさまざまなメリットがあります。シンプルな造りでありながらも、耐震性などしっかりしているので安心して建ててもらえます。ただ、システムタイプと比較すると耐久度は若干劣るようです。
 
・システム
自由度が高い設計、高耐久が特徴的な倉庫がシステムタイプです。3種類の倉庫建築の中で費用がもっとも高いタイプです。費用が高額になる分、耐久性や自社に合う設計などを実現させることができます。
 
・プレハブ
移動や増設が自在にできる倉庫がプレハブタイプです。テントタイプよりも割高ですが、テントでは保管できないものも保管することができます。基本的にシステムタイプとほぼ同じものを保管することができるのも特徴のひとつです。

倉庫を建てる前に把握しておきたいこと

倉庫建築を検討する際、費用だけで決めてしまう企業もあります。しかし、こういった選び方は後悔する原因になりかねません。こちらでは、倉庫を建てる前に把握しておきたいことについて見ていきましょう。
 
・地盤条件
注文住宅を建てる際なども同様ですが、地盤条件が検討している倉庫に適しているかどうかにも注目してください。地盤条件が合っていないと、しっかりと品物を保管できない場合があるからです。
 
・維持費
意外と忘れがちなものが「維持費」です。倉庫は建てたら終わりではありません。倉庫の機能を維持するための費用が掛かります。建築予定の倉庫の維持にどれだけの費用がかかるのかにも注目しておきましょう。
 
・機能性
保管したいものと、建築予定の倉庫の機能性がマッチしているかを見てみましょう。特に、テントタイプはシステムやプレハブと異なって、保管できないものもあるので注意してください。

倉庫は建築だけではなくレンタルもできる?

倉庫建築と言っても、数千万円単位の費用がかかります。維持費などを考えると、もっと費用がかかってしまうものです。なるべく費用を抑えたいと考えるのは当然ですよね。そこで、倉庫をレンタルできるのかどうかについて見ていきましょう。
 
・テント倉庫はレンタルやリースができる
レンタルできる倉庫として、テントタイプがあります。基本的に1年以内の場合を「レンタル」と言い、1年以上を「リース」として分類します。
 
・レンタルとリースの違い
レンタルは条件次第となりますが、途中解約が可能です。しかし、リースの場合は途中解約が不可となっていることが多いようです。他にも、費用面で言えばレンタルは比較的安価、リースは高額となる傾向があるようです。
 
・レンタルやリースのメリット
レンタルやリースの最大のメリットは、やはり費用を抑えられるということでしょうか。他にも、急にテント倉庫が必要になった場合でもすぐ用意してもらえるのも強みといえます。緊急の場合などにテントタイプが使われることが多く、3日前後で組み立ててもらえるので、多くの企業にとってありがたいタイプとなっています。

倉庫建築で頼りになる会社について

倉庫を建築する際、どの会社に依頼すればいいのか悩む人も多いでしょう。こちらでは、倉庫建築で頼りになる会社について見ていきましょう。
 
・横河システム建築
施工実績が豊富な倉庫建築会社であり、どんな倉庫を建てればいいか悩んでいる会社にもしっかりと適したものを提案してくれます。質が良く、低コストで倉庫を建てられる会社として高い評価を持っています。
 
・川田工業
地域の風土に合わせた倉庫を建築してくれる会社です。基礎構造から設計、製作、施工まですべて国内で行っています。品質の良さ、対応の良さに定評がある会社です。
 
・石井工業
独自の部材を使うことでコストカットをしてくれる会社であり、システムタイプでも他社より安く建築してもらえる特徴があります。軽くて丈夫な倉庫を建てたい人におすすめされている会社です。

倉庫建築について他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

倉庫を建築すると言っても、さまざまなタイプがあるので、まずは「目的」や「維持費」などに注目してタイプを検討するようにしましょう。不安な場合は、倉庫を建築してくれる会社に適切なタイプかどうかを相談してみるのもひとつの方法です。会社選びの際は、複数の会社を比較して「その会社が持つ強み」をしっかり見極めるようにしましょう。