国語が苦手な受験生でも得点源になる!

中学受験【受験国語】
過去問特訓。難関私立中の国語の問題でも、“どうすれば合格点がとれるか”が必ず分かる
ここが違う!

大手塾では真似できない、キメ細かい指導

年間3,000枚以上の答案を添削し、成果を出し続けてきた「受験国語」に特化した指導。
たった1回の添削指導で、お子さんの国語の取り組み方が確実に変わります。
動画の解説授業+お子さんの答案の添削指導(音声付き)

記述式の問題の攻略には、やはり添削指導が一番です

こんなお悩みはありませんか?

  • 模範解答を見ても、記述の採点ができない
  • 子どもの解答の何を直せばいいか分からない
  • 塾では過去問の添削指導をしてくれない
  • 塾の授業はまじめに参加してるけど成績が上がらない
  • 子どもの解答の何を直せばいいか分からない

見出し

  • 塾の授業はまじめに参加しているのに・・・

    塾の授業には一生懸命参加しています。しかし、彼の受験する学校では「論述式」の問題が出題されるため、記号選択を中心とする塾のテキストでは対応できなかったのです。塾の先生に相談すると「模範解答を見て、真似をしながらコツをつかみなさい」と言われました。

  • 過去問の「解答・解説」を読んでも、全くできるようにならない

    アドバイス通り、お母さんと一緒に過去問の解答・解説を読んで、復習をしました。しかし、文章のどこが大事で、どうやって論述をすればいいのかわかりません。塾では過去問は個人で取り組むことになっており、一問ずつ解説してもらうということはとてもできません。

  • 過去問の「解答・解説」を読んでも、全くできるようにならない

    アドバイス通り、お母さんと一緒に過去問の解答・解説を読んで、復習をしました。しかし、文章のどこが大事で、どうやって論述をすればいいのかわかりません。塾では過去問は個人で取り組むことになっており、一問ずつ解説してもらうということはとてもできません。

  • 受験までに国語を伸ばすのは無理かもしれない

    でも、塾では過去問を個別に見てくれない。

    塾のテキストの質問は答えてくれるけど、過去問の細かい質問をすることはできない。

    (本当は授業では、過去問の解説をしてほしいぐらいなのに)

     

    「過去問は各自で、やってください」と言われても、自宅で過去問の解答・解説を読んでもコツが分からないから、結局何をしていいか分からない。

  • 過去問の「解答・解説」を読んでも、全くできるようにならない

    アドバイス通り、お母さんと一緒に過去問の解答・解説を読んで、復習をしました。しかし、文章のどこが大事で、どうやって論述をすればいいのかわかりません。塾では過去問は個人で取り組むことになっており、一問ずつ解説してもらうということはとてもできません。

見出し

小見出し

サンプル 太郎
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
VOICE

小見出し

サンプル 太郎
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
VOICE

小見出し

サンプル 太郎
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
VOICE

見出し

STEP 1
動画による解説
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
STEP 2
プロによる添削指導
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
STEP 3
丁寧な音声解説
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
STEP 3
丁寧な音声解説
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

なぜ、志望校に特化した練習が効果的なのか

ポイント1
演習量:最低5年分の問題を解く
志望校の傾向を掴むことは、合格への第一歩
志望校の傾向をマスターするためには、演習量を増やすことが必要です。はじめは意識しながら取り組んでいたことが、無意識にできるようになれば、実力がついてきた証になり、自信を持って入試本番に取り組めるでしょう。
ポイント2
自分の読み方・解き方のクセが分かる
自分だけでは気づけない考え方のクセ
ほとんどのお子さんは、読み方にクセがあります。しかし、自分のクセは大人でも気づくことができません。このクセに気づき改善することができれば、読解力も解答力もグッと上がります。
ポイント3
答えではなく、解き方・考え方を身につける
小手先のテクニックに頼らない

過去問に限らず、「合っているか・間違っているか」という学習は、単なる暗記学習になり、思考力が上がりません。特に国語の読解の場合は暗記学習では対応できません。なぜ、そのような解答になるのか。その解き方・考え方を身につけることしか、国語の点数を上げる方法はありません。

ポイント2
自分の読み方・解き方のクセが分かる
自分だけでは気づけない考え方のクセ
ほとんどのお子さんは、読み方にクセがあります。しかし、自分のクセは大人でも気づくことができません。このクセに気づき改善することができれば、読解力も解答力もグッと上がります。

年間3,000枚添削する受験のプロが直接指導します

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

本番の採点に近い、
詳細な過去問の添削指導

多くの解答の採点をこなさないといけない大手学習塾の採点方式と違い、実際に大手塾の模試の作問経験のあるプロ講師が一問一問、問題の意図をくみ取った解答ができているかどうかをしっかり見て採点します。
問題用紙までチェック

お子さんがどのように解いたのかを知ることは、効果的なアドバイスをするためには必要です。実際に解いた問題用紙を答案と一緒に送っていただき「なぜ、こういう答えになったのか。どういう手順で解いたのか」を分析します。

豊富なデザイン
豊富に用意されたテンプレート。誰にでも使いやすい編集画面。
オリジナルホームページやランディングページが無料で作成できます。
簡単に作れる
今までにないくらい、簡単にホームページを作れます。
直感的に操作できるよう設計された編集画面。
特別な知識がなくても、あなただけのオリジナルのホームページやランディングページをかんたんに作れます。

ユーザーの感想

オフィシャルサイトを一新するにあたって、まさか自分でこれほど簡単にオフィシャルサイトをつくれるとは思いませんでした。 直感的に必要なところをうめていくだけで完成するので、著書やTwitterを入れたりと自分なりにアレンジしつつ、楽しくあっという間に仕上がりました。
株式会社ペライチ
田中 花子
新規事業の検証用サイトとして利用させて頂きました。
海外での新規事業は特にサービスが世に出なければ予測できない事が多く、PDCAをどれだけ高速で回せるかが事業成功への重要なポイントとなります。
私とメンバーともに、使い始めてからすぐに慣れる事が出来ました。
株式会社ペライチ
田中 太郎
新規事業の検証用サイトとして利用させて頂きました。
海外での新規事業は特にサービスが世に出なければ予測できない事が多く、PDCAをどれだけ高速で回せるかが事業成功への重要なポイントとなります。
私とメンバーともに、使い始めてからすぐに慣れる事が出来ました。
株式会社ペライチ
田中 太郎

メディア掲載

SNS