過敏気質だって、生き辛くたってありのままの自分を生きていく!!

⭐︎オープン記念⭐︎
セッションのモニターさんを募集してます!!
詳細は下記をご覧ください
4月30日まで募集です
↓ ↓ ↓
終了いたしました。 

セッションのご感想

umiさん。

エモーションフリーセッションを受けて身体の変化を実感しています。

うっとおしかった近隣ともあまり顔を合わせることもなくなり気持ちが軽くなっています。

まだ夢で過去の辛かったことが出てきますが、またよろしくお願い致します。
40代女性
神経が敏感で、近隣の方がとても気になって仕方のないKさん。

今までのストレスを色々な療法でやってみたが思った効果がありませんでした。

セッションをした後のからだの軽さや感情の変化を実感して頂きました。

とても前向きになって頂きました。


umi
敏感でも繊細でも傷つきやすくても
大丈夫!!
生き辛さから生きやすさへのチェンジ
HSPだと感じているあなたや
HSCのお子様の為に

私って気にし過ぎなの??

  • 他人の気分に左右され、ふりまわされやすい
  • 周囲の顔色を伺いながら行動する
  • NOとは言いにくい
  • 音や光に反応しやすい
  • 暴力的なテレビなどをみると自分のことのように苦しくなり避ける
  • 周りのイライラを自分のせいにしてしまう
  • 嗅覚や味覚に敏感できつい物は気分が悪くなる
  • 変化に敏感で不安定になりやすい
  • 人といると疲れてしまい1人でいたくなる
  • 子供の頃、敏感だとか内気だとか神経質と言われたことがある
  • 他人のことを優先してしまう
  • 自分軸がないように感じる
  • 集団で行動するのが苦手
  • 他人の気分に左右され、ふりまわされやすい
HSP(highry sensitive person)
とても敏感な人
HSC (highly sensitive child)

●相手の気持ちを考えすぎて自分の意見を言えない
●周りに不機嫌な人がいると落ち着かない
●音に敏感に反応する
周りの人が気づかない小さな変化を感じ取る性質はながらく真面目や気にしすぎるなど性格によるものだと言われてきました。
しかし高敏感性を研究したエレイン・アーロン博士が行った調査によるとそのような特性は人口の20%ほどに見られるそうです。
そして生まれつき繊細で敏感な人がいることが明らかになったのです。

敏感なのは脳の神経システムが刺激に反応しやすい
繊細な人は赤ちゃんから刺激に反応しやすいという研究があります。
同じストレスにさらされても神経の高ぶりに関係する物質やホルモンが他の子供よりも多く分泌され、それは人間だけではなく他の動物にもその傾向が20%ほどあります。
刺激に敏感な分ちょっとした変化に気づき、痛みやストレスも感じやすく疲れてしまうことも多いですが、病気ではなくて気質なのです。
そして自分の特性を理解して楽に付き合っていきたいですね

敏感なのは脳の神経システムが刺激に反応しやすい
繊細な人は赤ちゃんから刺激に反応しやすいという研究があります。
同じストレスにさらされても神経の高ぶりに関係する物質やホルモンが他の子供よりも多く分泌され、それは人間だけではなく他の動物にもその傾向が20%ほどあります。
刺激に敏感な分ちょっとした変化に気づき、痛みやストレスも感じやすく疲れてしまうことも多いですが、病気ではなくて気質なのです。
そして自分の特性を理解して楽に付き合っていきたいですね

敏感な人の共通点とは

様々な刺激に敏感すぎて感じていることをうまく言葉で表せない
HSPは様々な刺激に敏感に反応してしまうので視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の五感のどれかにとても敏感に反応します。
ですので感情・感覚・直観・イメージの感覚情報が豊かです。
また危険を判断する偏桃体システムが強力なのでブレーキがかかってしまいスムーズに言語化できない事が多くあります。
どうしていいのかわからない感情や思考が溜まりまとまらなくなってしまい言葉で上手く伝えられないことがあります。

こんな心のくせはありませんか?
パターン          内容
白黒思考 白か黒か極端に考えやすい
物の見方 物事の全体の悪い所に目が行きやすい
気持ちを読み過ぎる 相手の心を読み過ぎて悲観的に考えてしまう
でなければならない これをしなければいけない、すべきだと考える
責任感の誤り

自分が他人にに出来なかったことに対して責任を感じる
評価を下す

ひとつの事柄だけで評価をして決めつけやすい
責任感の誤り

自分が他人にに出来なかったことに対して責任を感じる
こんな心のくせはありませんか?

心に残った傷

HSCは素直でよゐこで人の気持ちがわかる子供。
しかし自分の中では親に対する矛盾を感じながらそれを表現できずに苦しい思いを抱えています。
母親が何気なく言った一言を深読みしたり、親に嫌われないように迷惑をかけないように本当の自分の気持ちを隠して過ごします。
その苦しい感情が身体の反応となってトラウマのように繰り返されたりします。

親密さの回避

感性豊かな子ども時代に大人の生々しい感情や感覚を感じとることができた方も多いのでは。しかし何とも言えない嫌な感覚を表現できず、分かってもらえない。でも生きる為には我慢せざるを得ない。相手を責めるより自分が悪いのだと自分を責める様になり自己否定が強まります。
嫌われたくない、傷つきたくない、見捨てられたくないという気持ちが不安をもたらし、相手に心を開くことが出来ずに距離を取って親密さを回避するようになります。

HSPの対処法

過敏すぎる自分を認める

どんな自分も認めてあげる。そして、すべきだ!ととらえがちな心の癖をどちらでもOK!と思えることで気持ちに余裕ができます。
そして過敏すぎる自分に大丈夫だよ!と受け止めてあげましょう。
相手と自分を区別する

自分を守る境界線を強くすることで自分らしさを保つことが出来ます。
誰かの機嫌が悪ければ、機嫌が悪いのね‼と放っておき、自分の課題と他人の課題を分けることが必要です。
誰かに話を聞いてもらう 

人に聞いてもらうことでマイナスな感情もスッキリします。
人に話すのは躊躇する方は、紙に書いて心に溜まった感情を吐き出すのもいいでしょう。
誰かに話を聞いてもらう 

人に聞いてもらうことでマイナスな感情もスッキリします。
人に話すのは躊躇する方は、紙に書いて心に溜まった感情を吐き出すのもいいでしょう。
UMI

自身も生き辛さを感じていました。
思春期には過敏性腸症候群・強迫性障害・予期不安・対人恐怖・パニック・過食症
自分はなんだか違う。
おかしい?
いつも周りの反応を気にして過ごす日々。
強い自己否定と人への不信感や恐怖。
唯一気持ちが休まる時は一人の時間でした。
本当の自分と偽りの自分とのギャップで苦しみながら、普通に生きたいと感じ必死で周りと合わせながら悟られないように過ごした毎日。
敏感で過剰で繊細な自分を否定して見ないようにして本当の感性をかんじないように封じ込めていました。
色々なセラピーをやってみましたがあまり効果を感じられずに時だけが過ぎました。
その後出会ったのが、エモーションフリーです。
敏感で繊細なのは気質であって長所でもある。無理に治そうとせず自分を認めることが大切なんだと。


●行動変容協会エモーションフリー認定セラピスト
●ナードアロマアドバイザー

よくあるご質問

セッションはどんなことをするのですか?
HSPは産まれもった気質と言われています。
また環境などが加わり、よりストレスを溜めこみ生き辛さもを感じやすい特性があります。
私のセッションではカウンセリングとは違いエモーションフリーやビジュアルフォーカシングという手法を使って行います。
産まれたての赤ちゃんの時の思いを感じ取りながら辛い思いを解放していきます。
数値で今の状態を感じて頂いたり身体の感覚で答えて頂いたり、またご自身が気にしやすいパターンなどを考えながら行ってまいります。

セッションをすると気質や性格が変わりますか?
気質が変わるのではなく、いつも過剰に反応するストレスに耐性ができるだけです。
ですのでセッションの後性格が変わったかのようになる方もいらっしゃいます。
セラピーは100%ではありません。
ご自身の本当に変わりたいという思いが重要です。


上手に自分の気持ちを伝えられないのですが・・・
敏感な人にはうまく言葉で言い表せないことが多くあります。
セッションでは無理に話す必要が無いように配慮しながら行ってまいります。
言葉では言い表せないことも五感などの情報で感じ取ることが出来ます。
リラックスしてセッションを受けて頂くことがポイントです。

セッションをすると気質や性格が変わりますか?
気質が変わるのではなく、いつも過剰に反応するストレスに耐性ができるだけです。
ですのでセッションの後性格が変わったかのようになる方もいらっしゃいます。
セラピーは100%ではありません。
ご自身の本当に変わりたいという思いが重要です。


終わりに

子ども時代は自分の気質などはよくわからず過ごしていた方が多いと思いますが、そこに環境が加わり思春期から大人になっていく過程において生き辛さを感じていくのだなと思いました。
私は強情だったので自分の数々の症状を絶対に認めたくありませんでした。
〇〇障とかレッテルを張られるのも嫌だったので病院も行きませんでした。
自分の感情を伏せて明るくふるまってなんとなく過ごしてきた今日までの日々。
中学生の頃「○○ちゃんの目だけが、どこにいてもいつも私を追いかけるように見てて怖い」と幻覚や妄想もありました。さすがに母も心配だったようです。
そして今まで誰にも話さず自分だけの心にしまっておいた数々の心の闇。
大人になった今だからこそあの時の自分に頑張ったね!辛かったね!と言えるようになりました。
今なら、そんなこともあったよね!と笑い話しになります。
そしてその出来事は過去であり人生の通過点でしかないのです。
過去のこだわりが自分を苦しめます。
そのこだわりから解放されると見える世界も変わってきます。
他人に自分の人生は操作できません。自分しか作れない人生です。
自分が生きたいように、自分らしく生きる!を皆様にお伝えできればなと思っております。

過去からの解放 ハッピー宣言!
5日間の無料メール講座
☆動画講座やお得な割引クーポン付き