なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

作家デビューがオススメ!

【概要編】を見てご興味いただき誠にありがとうございます。出版までの流れの前に一度おさらいいたします!

まずKindleという電子書箱プラットフォームを使って、あなたの作家デビューを完全プロデュース致します。(※売上の中から双方に分配という形になります)

電子書籍を出すことによる大きな3つのメリット

①Amazonを活用しSNS集客およびメディア化の実現

電子書箱はブログやLINE@、SNS等への誘い込みが効率的で確実です。

②電子書籍はあなたが得られるもの

出版することで世間一般のイメージとしては「凄い人」「社会的地位がある人」の仲間入りができます。「本を出している」という事実は、この効果が働く要素の中でも非常に強い要素の1つなのです。そのため、成約率や訴求力が大幅に向上することが見込めます。

③労働収入ではなく印税収入

弊社で作家デビューをされた方には紙や印刷などのコストが必要ないため利益の30%-70%分の印税をお渡ししています。

さらに電子書籍化の隠れたメリット

自分のコミュニティや商材、SNS等への誘導

電子書箱では紙書籍のようにURLを手打ちせず、URLを挿入できるのでワンクリックでリンク先へと移動させれます。これを上手に使えば、SEO対策という概念はなくなります。なぜならkindleは月間のPV数3億を超えている【Amazon]なので、あなたのWEBサイト等がSEO対策されたPV数が多いマーケットに出品できるといっても過言ではありません。

アフィリエイト

電子書籍内にURLを載せることは可能なのですが、ASP経由のアフィリエイトリンクを貼り付けることはできません!しかし、電子書籍を使ってサイトアフィリエイトを加速させることは十分可能なのです!ブログとは異なり電子書籍は読むことに際して金銭が発生しています。なので、電子書籍を読む方というのはその書籍に書かれているであろう内容に対しての興味関心度が高いです。このような興味関心度の高い願客を書籍内で教育してアフィリエイト目的の商品が紹介してあるWEBサイトに誘導すれば、かなりの高い確率での成果発生が見込めます。もちろん、弊社はこのアフィリエイト報酬から取り分を頂くようなことはありません。

例:ブログで健康のアフィリエイトをやっていた場合、健康に関する電子書籍を作成し、「これを実現するためには〇〇が良い、口コミベージはこちら」のような感じで自分のアフィリエイトサイトに誘導する。

出版の流れ

長らくお待たせしました。ここから本題に入ります。

STEP①契約

上記の出版契約書をご確認頂き、契約を行います。(上記の契約書は途中途切れております。契約書はお問い合わせ頂いた際に、メールにてお送り致します。)また、弊社は電子書籍に関わっていることもありぺーパーレスにも力を入れております。なので、法的拘束力を持つオンライン契約締結サービスを使用し、契約を結ばせて頂いております。(オンライン契約サービスの費用も弊社で負担します。)

STEP②原稿制作の依頼(原稿持ち込みプラン)

原稿を仕上げて頂きます!原稿のご提出は、テキストファイル形式(.txt)で、1冊あたり
10000〜15000文字程度でまとめて頂くようお願いしてます。また、文字数がこれ超える場合はシリーズ化して複数冊での出版を提案させて頂きます。

こちらに原稿作成の流れ等についてまとめておりますので、ご確認ください。

STEP②原稿制作の流れ(フルプロデュースプラン)

ライターさんと編集側、著者様の3人のチャットワークグループを組み、日程を決め、Zoomにてインタビューを行い、ライターさんが原稿を執筆します。(約15,000文字)

※15,000文字以上希望の場合の費用は要相談
※原稿は納品後30日間修正可能です
※著者様にバイオグラフィを最初に頂き、インタビューの質問事項を作成させていただきます。
※原稿内画像については著者様から頂いた画像のみになりますので、編集側での作成はしておりません。文字のみ画像は可能です。

文字のみ画像例

STEP③弊社処理&確認

頂いた原稿を元に弊社側で表紙作成や出版処理を行います。もちろん、出版前に表紙をご確認頂くことは可能です。しかし、弊社のノウハウを元にデザインのプロが作っておりますので、特定の文言を使わないで欲しいと言ったご依頼以外、基本的にデザインに対するNGはお断りさせて頂いております。また、原稿を頂いてから編集側の出版処理が完了するまで最大約2ヶ月頂いております。その後Amazon側の審査があり、1日〜3日後にはマーケットプレイス上に並ぶこととなります。

※表紙の修正は納品後2回までとさせていただきます。(納品後半年以内)
※表紙サイズは、横幅1536×縦2048で作成いたします。


STEP④販売促進

マーケットプレイス上に本が並んだら、弊社側で販売促進活動を行います。その際、ご自身のブログやSNSで書籍をご紹介頂ければ、更なる売上UPとブランディング効果によるあなた自身の訴求力UPが見込めます。

あらためて、よくある質問・注意点

Q.出版後の売上ロイヤリティはいくらですか?

著作物利用料の支払いについては、著作物販売数×(税込価格×70%)の合計額を毎年1月から12月までの販売数に応じた著作物利用料を、翌年3月に指定の銀行口座に銀行手数料を引いた金額を支払います。ただし、振込額が10,000円未満の場合、振込は次回(翌年)に繰り越しとなリます。


Q.書籍は、何文字以上など文字数の規定はありますか?

文字数については、特に規定はございませんが、15000文字程度をおすすめしております。(※電子書籍の特質上、20ページから60ベージのコンテンツを、数百円程度で販売されている方が多いです。)


Q.自費出版と比較して、どのような点が優れていますか?

出版までこちらが全て代行いたします。「紙の本ですと印刷代金などがかかってしまいますが、大きな費用をかけずに出版することが可能です。また、電子書籍を通じて自己ブランディングや集客の向上にも役立ちます。


Q.販売促進活動の内容を教えて貰えませんか?

販促・売れるためのデータ・売るためのノウハウに関して内容をお伝えしてしまうというのは、情報流出による既存クライアント様利益減少の可能性を生じさせ、我々が膨大なお金と時間を使って得たノウハウを無料公開してまう形になってしまいますので、詳細な部分までお答えできないことをご了承頂けますと幸いです。簡単にいうと、弊社の販売促進活動では主にランキングを上げることに注力しており、Amazon内での露出が増えKindleユーザーが当該書籍を買うという選択肢を増やすという取り組みをしています。



Q.どれくらいの売上が見込めますか?

出版というと、著名人が紙ベースの書籍を出版してウン千万円稼いだという話がバラエティー番組などでよく取り上げられるので、そのレベルをイメージされてしまう方も一定数いらっしゃいますが、正直そのレベルの売上が上がる可能性は低いと言えます。弊社から過去に出版された方の最高額は年間で250万円ほどです。しかし、既にある原稿を編集する形で書籍化を目指して行きますので、時間的コストはかなり少ないかと思います。そのため、イメージ的にはブログのアフィリエイト報酬が違った形で少し増えるというような認識を持って頂く形が一番良いかもしれません。もちろん、印税面に関心を持たれるクライアント様もいらっしゃいますが、PV数UP、アフィリエイト報酬UPの部分に関心を持って頂く方が多いです。


Q.原稿はいつまでに納品すれば良いですか?また、これに間に合わない場合違約金などが発生しますか?

基本的に契約日から1ヶ月以内を目安に原稿を頂いておりますが、間に合いそうにない場合は多少お日にちを伸ばすことは可能です。また、それに伴い違約金等は頂きません。しかし、提出期限1〜2日前などの直前のご連絡や、間に合いそうにないから書籍の出版自体を取りやめるというようなこととなると弊社が大きな損失を被りますので、ご協力ください。