初心者にもわかりやすい
キングスコインの始め方

キングスコインの特徴
購入できる期間と枚数
購入方法
購入方法

キングスコインの特徴

特徴

【仮想通貨を使用したキャッシュレス社会を実現へ】

・リアルなビジネスと仮想通貨を繋げる

・長期に生き残り続ける通貨設計

・独自技術のノーボラティリティコイン

 

 

【仮想通貨市場について】
2017年末頃から大きなバブル相場を経験し、
革新的なブロックチェーン技術での注目を集める一方で投機的に参入し、
大きな損失を生んでいる一面もあります。

 多くのICOもそれらの技術を有効活用しようと台頭する中で、
それが実現するまでプロダクトが進むものはごく僅かです。

現実社会に即した仮想通貨のロールモデルがまだ確立されていないため、
このような現状を放置しているままでは投機的な立ち位置から抜け出せず、
否定的な見解が徐々に拡がっていくばかりです。

KINGSではそれらの問題を解決するために、
仮想通貨の利用に必要不可欠な決済インフラ(トークン改良・決済端末の開発)の提供
に乗り出しました。

 実社会における堅牢な支払いインフラを構築することで、
仮想通貨を使用したキャッシュレス社会を実現している。

KINGSCOINのスタイル

「圧倒的に使いやすい」

KINGSCOINは、特別なKINGS(KNG)トークンの開発と発行に加えて、
仮想通貨の利用に不可欠な決済端末であるICカードとQRコードの開発に注力して投資しています。

これらの技術的な努力に加えて、各国の制度規制を加味した仕様の中で、
「最も使いやすいトークン」を目指し構築が行われています。

購入できる期間と枚数

購入期間

KINGSのICOは・・・

2018年2月1日からプライベートセールの形式で非公開に行われて、
5月31日まで開催されます。

6月以降は一般販売形式でのICOセール、
終了次第トークンの改良やアプリケーション開発や
パートナシップ契約などの各種プロジェクト進行が行われます。

(国内での販売は行っておりません)

トークンの価格

4月1日〜:8セント(約8.7円)

5月1日〜:8.8セント(約9.6円)

6月1日〜:10セント(約10.9円)

発行枚数

発行枚数は400億KNG!

この発行枚数には、投機マネーでの純粋な価格高騰を抑える目的があります。
無駄な金額の上限が続いてしまうと、相場は疲弊し、100年続くロールモデルになりにくいことが考えられます。

複数の取引所に公開される頃には、1KNGあたり1ドルになるようになるキングスコインの構想です。
そうすればKNGCOINの初期ホルダーの強い握力を保つことができます。

購入方法

買い方

KINGSは現在国内での入金を取り扱っておりません。

販売解禁され次第、入金窓口を公開します。

KINGS(キングスコイン)のICOは?

KINGS(キングスコイン)のICOは先行販売の形式でETHを用いて行われます。

日程:4月1日~6月30日
総発行枚数=400億枚配布
トークン名:KNG
ブロックチェーン:ERC-20
トークン価格:※後述公式サイトホワイトペーパー公式テレグラム(グループ・チャンネル)


送金する際は必ずMyEtherWallet(マイイーサウォレット)から送金をして下さい。


KINGSCOINは実需が期待できるICO


一般のICOでは、1億という金額でも数十秒で売り切れることがあります!!


ICO側も資金調達の目処が立たないプロジェクトは行わないため、
ICO開始前から注目を集め一瞬で集金を完了することが度々あります。

注目も高いプロジェクトなので、早期の購入をおすすめします。