選ばれる会社 捨てられる会社

「家づくり」もっとラクに
顧客から選ばれたい

選ばれる会社の共通点
をまとめた小冊子
無料でプレゼント
B6・72ページ(送料も無料
*クロネコヤマトメール便での発送になります。

良い家をウリにしても
顧客には選ばれません

集客を増やしても
経営は良くなりません

では、どうすれば良い?
が分かる小冊子です。

こんなヒントが得られる内容です

もっとラクに顧客から選ばれる
ラクに選ばれる会社には訳がある!
・『選ばれる会社に共通するからくりとは?』
・『顧客がなぜその会社を選ぶのか?』
そこにあるいくつかの共通点を事例を交えながらご紹介します。
景気に左右されない経営体質になる
売上げを伸ばしても経営体質は強くならない。
・集客を伸ばす経営では景気に左右されてしまう。
・間違いだらけの業務効率化。
・生産効率より接客効率を上げれば、会社の質が上がる。
とかく集客や売上げに目が行きがち。そこにある落とし穴をご紹介します。
社内の意欲や熱意が高まる
売上げ目標を立ててもやる気は起きない。
・自ら進んで仕事をやりたくなる人材をどうやって作るか?
・なぜ人材を欲しいと思っても集まらないのか?
売れる会社が、どんな点に着目しているのか、どんな取り組みをしているのか? をご紹介します。
景気に左右されない経営体質になる
売上げを伸ばしても経営体質は強くならない。
・集客を伸ばす経営では景気に左右されてしまう。
・間違いだらけの業務効率化。
・生産効率より接客効率を上げれば、会社の質が上がる。
とかく集客や売上げに目が行きがち。そこにある落とし穴をご紹介します。

例えば、
世の中「なんだか上手くいく人」がいます。

上手くいくには、共通する「意識や思考・行動」の法則があって、そういう人は無意識に法則通りにできている。

だから自然と苦労なく、上手くやれるんだと思います。

 

また、優秀な経営者の共通点は
「先延ばしにせず即断即決」
とか、
「人材を大切にする」
などとよく言われますし、そんな風に無意識に取っている意識・行動があります。

同様に「家づくり」で「自然と選ばれる人(会社)」にも共通する、意識や行動があります。

2013年から始めた、住宅会社への研修事業を通じて様々な経営者と接するうち、「あ!!だから選ばれるんだな!」と気づいた共通点を整理し、まとめました。

 

読んでいただいた方からも、
「わかりやすい」
「とても共感した」
「大事なことに気づけた」
と感想をいただきます。

ご希望の方には無料(送料も負担します)」でお送りいたします。

ぜひ、普段の業務にお役立てください。

〜内容〜

1.お客様が依頼先を選ぶ理由

 1−1.工務店を選ぶ理由の第1位は?

 1−2.お客様が「ファン」になる要因

 1−3.選ばれるための施策とは?

 1−4.必要なスタンス

2.選ばれる会社に共通する6つのこと

 『選ばれる会社は<ポジション>が違う』

  2−1.①本当の差別化を図る

  2−2.②会社のミッションを共有する

             

 『選ばれる会社は<着眼点>が違う』

  2−3.③成約率に着目する

  2−4.④真のニーズに着目する

 

 『選ばれる会社は<プロセス>が違う』

  2−5.⑤集客後の適切なフォロー

  2−6.⑥提案前にしている重要なこと

3.メリットは顧客から選ばれるだけじゃない

 3−1.お客さんが変わる

 3−2.経営が変わる

 3−3.スタッフが変わる

2.選ばれる会社に共通する6つのこと

 『選ばれる会社は<ポジション>が違う』

  2−1.①本当の差別化を図る

  2−2.②会社のミッションを共有する

             

 『選ばれる会社は<着眼点>が違う』

  2−3.③成約率に着目する

  2−4.④真のニーズに着目する

 

 『選ばれる会社は<プロセス>が違う』

  2−5.⑤集客後の適切なフォロー

  2−6.⑥提案前にしている重要なこと

読者の感想

Y.N.さん

 私は住宅のリフォームや、個人経営の方の店舗デザインなどの仕事を主にしています。

 これまでお客様の要望を叶えて満足して頂けるように仕事を進めてきたつもりでしたし自信もあったのですが、しかし、お仕事を受注できない時もありました。そんな時は、運が悪かったのかな、といったような考えをしていました。

 成約できなかった理由の一つは、お客様の本当に欲しい家、要望、大切にしたいことが分かっているつもりでも、真のニーズを読み取ることが出来ていなかったのだと分かった気がします。

 よく「運が良い」と言われる人がいますが、そういう人はただ運のいい人ではなく、少なからず運の良くなる行動を、無意識にしているのと同じく、家づくりで選ばれる会社(人)にはやはり共通点があり、それは意識して行ううちに、お客様にも喜ばれ、会社(個人)もどんどん良い方向に向かっていく。

 小冊子の内容を実践していけば少なからず「選ばれる会社(人)」になるのではないかと思いました。

T.H.さん

 売り上げを上げるために、集客を増やせばいいかというと、なんとなく違うような気がしていました。また、売り上げが上がれば会社も良くなると考えていましたが、やはり、そういうことではない気がしていました。

 ぼんやりとなんとなく感じていたこのなのですが、これを読んで、いろんな点が繋がった気がします。

 お客さんがたくさん入っているレストランだからからといって、そのお店の経営状況が良いかというと、そうでない場合があります。そういう話しと同様かと思いました。

 社内の穴が分かり、今後のやるべきことに気づけたと思います。

T.H.さん

 売り上げを上げるために、集客を増やせばいいかというと、なんとなく違うような気がしていました。また、売り上げが上がれば会社も良くなると考えていましたが、やはり、そういうことではない気がしていました。

 ぼんやりとなんとなく感じていたこのなのですが、これを読んで、いろんな点が繋がった気がします。

 お客さんがたくさん入っているレストランだからからといって、そのお店の経営状況が良いかというと、そうでない場合があります。そういう話しと同様かと思いました。

 社内の穴が分かり、今後のやるべきことに気づけたと思います。

筆者プロフィール

一般社団法人ハウジングコーチ協会 代表理事
株式会社アルキメデス 代表取締役
平田広幸
(建築家・ハウジングコーチ)
建築設計事務所勤務を経て、2008年より一級建築士事務所株式会社アルキメデスとして独立。
主にジェクサーフィットネス(J R東日本)・ザバススポーツクラブ(明治)といったスポーツ施設や、レストランなどの商業施設、マンション、戸建住宅の新築・リフォーム案件を設計。
2012年から、住宅業界のヒアリングスキル底上げを図るため研修事業を開始。
2013年、一般社団法人ハウジングコーチ協会を設立。これまでに全国の工務店・ハウスメーカー・設計事務所・不動産仲介会社・住宅相談窓口にヒアリング技術導入研修。これまでに300名のハウジングコーチを育成。
2021年家づくりプラットフォーム「Home Idea®︎」をリリース。
住む人の理想の家実現と、住宅業界の発展を願い活動中。
著書に『理想の家を手に入れる魔法の1枚シート(自由国民社)』。
「家づくり」
選ばれる会社 捨てられる会社
選ばれる会社の6つの共通点