なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

パートの主婦でもお金を借りることができた

私は以前、パートのストレスからかショッピングにハマってしまい、お金が毎月ギリギリという生活を送っていました。

とある月に子供関連の出費が重なり、いよいよ貯金も底をついてしまいかなり困ったことがあったんです。

とはいえ、主婦ですからどこも簡単にお金を貸してくれないだろうと、途方にくれていたのですが、ひたすらネットで検索したところ主婦でも案外お金を貸してくれる金融機関が多いということが分かりました。

その中でもプロミスは審査が早く、来店不要で申し込めるようだったので、少々抵抗はあったものの他に解決策もないため利用してみました。

本当にあっという間に振り込まれて借りることができ、翌月のパート代ですぐさま返済したので事なきを得ました。

利用してよかったかなと思います。



主婦がお金を借りるならどこがいい?

自分の収入がない主婦は、銀行や消費者金融会社のカードローンを断られる傾向にあります。

パート収入がある場合は、銀行や消費者金融会社、信販会社など様々な選択肢がありますが、やはり世帯収入を重視するところもあれば、ほぼ自分の収入だけを頼りにするところもあります。

主婦向けのカードローンを探す場合、大手消費者金融やメガバンクに目が行きがちですが、地方銀行もチェックしてみましょう。普段利用していない銀行の口座を引き落とし口座に指定する場合、毎月の返済日に銀行口座に残高があることが条件となります。

普段利用している銀行が、三井住友銀行やみずほ銀行など、主婦がカードローンに申し込めない銀行であれば、口座開設不要の銀行カードローンの候補になるかもしれません。

銀行カードローンは、その銀行の普通預金口座を持っていなくても申し込むことができ、引き落とし口座を普通預金口座に指定することができます。限度額は両行とも50万円ですが、これは専業主婦に限った話で、パートや在宅の仕事で収入がある場合はもう少し期待できます。

給与所得者ではなく、収入を証明する確定申告書を提出できない場合は、専業主婦が消費者金融会社から融資を受けることはほぼ不可能です。

専業主婦が消費者金融会社から融資を受けることは可能です。しかし、貸金業法により、消費者金融会社は専業主婦に融資することはできません。

パートの主婦がお金を借りる方法

銀行カードローンの金利は、最高金利が15%を超える消費者金融に比べて低めに設定されています。

お金を借りるときは、金利が低ければ低いほど、支払う利息が少なくなり、全体の返済額が少なくなりますので、いろいろな銀行カードローンを比較して、自分に合った銀行カードローンでお金を借りるのがよいでしょう。

毎月の返済額は、セブン銀行の普通預金口座から自動的に引き落とされます。

限度額は他の銀行カードローンや消費者金融カードローンに比べて低めに設定されているので、借り過ぎを防ぐことができます。カードローンは、セブン銀行の普通預金口座のキャッシュカード1枚でご利用いただけます。

セブン銀行ATMでのカードローンのご利用は、24時間365日手数料無料です。セブン銀行カードローンは、セブン銀行の普通預金のキャッシュカードと一体化しているため、カードローン用の新しいカードがご自宅に郵送されることはありません。

収入のない専業主婦の方は、配偶者の収入によってお借入限度額が決まりますので、使いすぎにご注意ください。

もし、あなたが給料日のローンを持っているなら、給料日のローンを組むことができます。銀行カードローンは低金利のため希望者が多く、貸し倒れのリスクを避けるため、銀行は希望者をより慎重に審査する必要があり、時間がかかってしまうからである。

専業主婦が借入で審査落ちしない方法

収入のない専業主婦はカードローンを利用できないと思われがちですが、総量規制の対象となるのは「貸金業者」だけです。消費者金融は、銀行カードローンよりも「審査や借入条件が緩い」と言われていますが、収入のない人の申し込みは受け付けていません。

イオン銀行の普通預金口座を持っていれば、銀行振り込みを利用して非常に早く融資を受けることができます。楽天銀行カードローンは、銀行口座を開設しなくても、既存の銀行口座で利用できます。オリックス銀行カードローンは、他の銀行と同様に無担保・無保証人で利用できます。

銀行カードローンの金利は低いですが、借入額よりも返済額の方が大きいので、計画的に利用する必要があります。また、1枚のカードで貯金とローンを使い分けることができるので、家族にバレることもありません。

専業主婦の方であれば、申し込み場所や方法にさえ気をつければ、ご主人や家族に内緒でお金を借りることができます。銀行カードローンは消費者金融と違って金利が低いので、家計にダメージを与えることなく、借金の返済に充てることができます。

専業主婦が即日お金を借りたい時の注意点

返済が遅れるなどの財務上の問題があると、住宅ローンやその他のローン商品の利用が難しくなります。

毎月の返済額が数千円程度であれば、無収入であっても返済できる可能性があります。
銀行カードローンは収入証明書が不要なので、収入のない主婦の方にもハードルが低くなっています。

ローンには、"生活再建のための総合支援ローン"、"医療・介護のための福祉ローン"、"子どもの教育のための教育ローン "など、目的別にさまざまな種類があります。

不動産を担保にしたローンもありますが、主婦の方には「福祉資金貸付制度」が一番適しています。ただし、低金利ではありますが、複利方式のため、返済期間によっては総返済額が増えるリスクがあります。

すでに定期預金をお持ちの方は、預金を解約することなく低金利でお金を借りることができますので、おすすめです。銀行には様々な種類の普通預金があり、定期預金を単独で利用することもできますし、定期預金と普通預金、国債を一つの口座にまとめることもできます。

また、現在提供されている定期預金担保融資では、金融機関によっては、「自動融資」や「当座貸越」とも呼ばれる、この一般口座を対象とすることが多いようです。

一般口座を利用する場合、普通預金の残高が不足すると自動的に引落となり、定期預金担保融資となります。

低収入の主婦でも借りれるカードローン

日本の銀行は、カードローンを含む新規個人ローンの審査を強化することになりました。

金融庁は、銀行のカードローンについて、多重債務の発生防止や利用者保護の観点から、銀行が適切な業務運営を行っているかどうかを詳細に検証し、審査の厳格化と適切な業務運営の早期実現を推進している。

銀行カードローンは、消費者金融とは異なり、貸し出す金額が大きいため、審査が難しいと言われています。銀行カードローンの場合、銀行口座を持っていることが条件となります。

他社からの借り入れ分は上限額から差し引かれますので、消費者金融からの借り入れは24万円が上限となります。ベルーナノーティスは配偶者貸付を行っている消費者金融で、新規のお客様にも積極的に貸し出しを行っています。

ただし、最近では多くの消費者金融会社がカードレス契約を行っていますので、それを選択した場合は自宅に郵便物が届くことはありません。

これは、消費者金融会社の信用調査システムが、銀行カード会社よりも優れているためです。実際、ほとんどの銀行は消費者金融会社と同じシステムを採用しています。

この場合、消費者金融の顧客が優先され、銀行カードローンの顧客は2番目に優先されるため、銀行カードローンのスピードは遅くなります。