このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
0120-533-812
受付時間:平日9:00~17:00
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

 火災保険って、火事以外でも
  保証されるって本当?  

A.本当です。
住宅損傷の約8割は、大雨や台風被害などの
自然災害によるものがほとんどです。

お客様がご加入されている火災保険の内容次第では
自然災害による損害を保証できるかもしれません。
今ならQUOカードプレゼント中!

例えばどんな災害が対象になるの?

上記の自然災害による破損も申請対象であり…
自然災害が原因のトイレの水漏れ
申請対象になります。

例えばどんな症状が対象になるの?

屋根などはご自身で確認せず、調査員を呼び
安全に行うようにお願いいたします。
雨漏り被害が原因で壊れてしまったエアコン
天井にできてしまったシミ
フローリングや壁のシミなども
火災保険申請の対象になります。

他にもこんなところが火災保険申請対象です

修理費用は平均どのくらいかかるの?

    給付額125万円    
神奈川県川崎市 T様邸
築年数:20年

構造:木造住宅
施工内容:屋根 板金の修繕
※自己負担額0円
    給付額85万円    
東京都新宿区 K様邸
築年数:12年
構造:木造住宅
施工内容:屋根 瓦の部分補修
※自己負担額0円
    給付額85万円    
東京都新宿区 K様邸
築年数:12年
構造:木造住宅
施工内容:屋根 瓦の部分補修
※自己負担額0円
お申込み特典

無料調査をしていただいた方に
QUOカード3000円分プレゼント!

ハウスサポートプラスで無料調査・点検をしていただいたお客様に、無料でQUOカードをお渡ししております。
※調査を実施し、結果火災保険申請が適応されなかった場合でもお渡ししております。
※キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

比較表

どうして報酬が10%なのか?

本来、保険会社から降りる火災保険の給付金と言うのは「工事に充てる分の費用」しか下りない金額になっています。

よくある火災保険申請代行会社の保険申請代行料は30%~35%程と言われています。
しかし裏をかけば、工事を除いた保険申請の手続きのみで、下りた火災保険の金額の3割ほどを取られてしまうことになります。

残った7割で工事をするとなると、どうしても工事費用の金額が足りずに足りない分は「自己負担」という結果になってしまうケースが多いのです。
ハウスサポートプラスでは、保険申請代行料を10%と記載しておりますがこれはあくまで保険申請のみのご対応に限ったものであり、問題個所の施工をご依頼いただければ、給付金は全額工事費用に充てることができます。

これにより、自己負担金0円でお家の修繕ができるという仕組みとなっております。

お問合せから
お申込みまでの
流れ

Step
1
建物の被害調査
資格を持ったプロの調査士がお客様のご自宅に訪問させていただき、簡易調査を行います。お時間は20~30分ほどになります。
Step
2
加入保険会社へ連絡
ハウスサポートプラスにて被害写真や報告資料、図面などを作成し、保険会社へ提出するよう準備を進めます。
Step
3
ご入金
保険会社より申請が認定されますと、お客様の口座に保険金が振り込まれます。認定された保険金よりコンサルティング料10%を頂戴いたします。
Step
2
加入保険会社へ連絡
ハウスサポートプラスにて被害写真や報告資料、図面などを作成し、保険会社へ提出するよう準備を進めます。
 万が一、保険金が適応されず給付金が下りなかった場合は
無理に工事を進めることはありませんのでご安心ください!

お客様のお声

神奈川県川崎市 T様

家の外壁にあったひび割れがずっと気になっていたのですが、いざ修理となるとかなりの金額を負担しないといけないと思うとなかなか修理に踏み切れませんでした。しかし加入している火災保険で自費が抑えられると聞き、無料で調査をお願いしたところ火災保険の申請もスムーズに通り、自費0円で修繕していただけました。何も知らずに自費で修理していたとなるとぞっとします。本当に感謝です。

東京都新宿区 K様

以前自分で火災保険の申請をした際は必要な書類や保険会社とのやり取りでかなりの時間を要したのですが結果対象外と判断され、保険金が下りませんでした。オススメされたハウスサポートプラスさんで無料で手続きをしていただいたところ、自分で申請した額よりもたくさんの保険金が下り驚きました。最初からプロにお任せすればよかったです。担当の方も優しく丁寧に対応してくださいました。

東京都新宿区 K様

以前自分で火災保険の申請をした際は必要な書類や保険会社とのやり取りでかなりの時間を要したのですが結果対象外と判断され、保険金が下りませんでした。オススメされたハウスサポートプラスさんで無料で手続きをしていただいたところ、自分で申請した額よりもたくさんの保険金が下り驚きました。最初からプロにお任せすればよかったです。担当の方も優しく丁寧に対応してくださいました。

よくある質問

Q
保険が降りなかった場合はどうなりますか?
A

保険会社に申請を行い、もし保険料が降りなかった場合には修繕工事は致しません。
もちろん、それまでの被災調査・修理のお見積・保険申請のお手続きなどの請求費用は一切ございませんのでご安心ください。

Q
火災保険の申請は何度でもできるの?
A
可能です。何度申請しても掛け金が上がることはございません。
「もしも今後、現状以上の住宅被害が出ないか不安で火災保険を使わずにいた」と言うお客様にも安心して申請していただきました。
Q

見積もり金額より支払われた保険が少なかった場合、工事費用を自己負担することになりますか?

A

実際に火災保険の給付金がおりてから工事に着手するため、お客様には給付金額をご確認いただいてからご判断いただきます。
自己負担をしたくないという場合は工事のキャンセルも可能です。

Q
火災保険の申請は何度でもできるの?
A
可能です。何度申請しても掛け金が上がることはございません。
「もしも今後、現状以上の住宅被害が出ないか不安で火災保険を使わずにいた」と言うお客様にも安心して申請していただきました。

対応エリア

無料診断申込みフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、
同意して送信して下さい。