縄文のひみつと
音のしらべ
~古代の叡智~

イベント詳細

【開催日】
 令和元年 11月13日(水)

【イベントスケジュール】
  ◆  9:20~      『開場・受付開始』
  ◆  9:30〜10:00   『ホツマ神芝居』 (お子さんも是非ご参加ください)
  ◆10:00~12:00   『いときょう先生による縄文のおはなし』 
                          『ヒーリングライヤー/クリスタルボウル演奏』

【会場】
 稲城市中央公民館4階 集会室 (東京都稲城市東長沼2111)
    
【定員】
  60名           

【参加費】
  2,000縁(当日受付にて回収します)

【託児について】
  先着 8 名さま(対象:1歳~6歳まで)
  ※託児希望の方はメールでご連絡ください   

イベント①
ホツマ神芝居(9:30~10:00)

ホツマ神芝居

・ホツマゆの友がお送りする日本の「かみさまのひみつ」神芝居を
声優本間ゆかりさんによる歌と弾き語り でお子様と一緒にお楽しみ頂けます。

・みんなで古代のうたを歌って縄文スピリットを呼び覚まします。
心も体も魂もふるふる元気♪


・宇宙の創生から 神社に祀られる神様の驚きの世界に魂が揺さぶられます!

『神芝居』詠み手~本間ゆかり~
音のしらべ♪ヒーリングライヤー♪

芸名 本間ゆかり声優として30年、様々な声の表現を突き詰める中で、声そのものの力、母音とチャクラ(身体のツボ)が呼応するやまと語りの発声と出逢う。言霊の幸う国を自覚し、開運ボイス(発声教室)を主宰。詩人草野心平ゆかりの店で、シャンソンとともに月例の朗読ライブを続けて9年。龍田大社、小野神社、金吾龍神社、七社神社などでも、古事記朗読劇や和歌の物語を奉納。

イベント②
いときょう先生による縄文のおはなし(10:00~12:00)

講師紹介

いと きょう
本名 一糸 恭良(いと やすよし)
ペンネーム いときょう早稲田大学第一政治経済学部経済学科(昭和47年卒)現、ホツマ出版株式会社取締役社長、ホームページ https://hotsuma-shuppan.com/東洋大学観光学部にてホツマツタヱなどのヲシテ文献について2年間講義。平成24年3月ホツマサミットを二見浦、賓日館にて主催。平成27年度拓殖大学客員教授(非常勤)として講座「世界の中の日本」においてホツマツタヱを学生200名に伝える。平成29年2月10日皇居勤労奉仕団長として、天皇皇后両陛下の御前にてオトタチハナ姫の和歌を伝える。
主な著書
  • 古代史ホツマツタヱの旅全五巻、やさしいホツマツタヱ(全訳)、日本のかほり「漢字伝来以前にあった古代日本の文字と死生観」、ひのもとのくにうみ物語、真の古代史ホツマツタヱ入門、フトマニの解説、縄文の世界アウワ、縄文の心が今よみがえる「トの教え」、十三姫物語、フトマニと北欧の女神ゲフィオンから読み解く



縄文を遊ぶお友達募集中
愛と調和に生きた縄文の人達の真実の世界に触れて、感じて、喜び広がっていく♪
そんな楽しい時間をみんなで創り上げましょう♪
お気軽にお問い合わせくださいませ。

音びらき ♪クリスタルボウル♪

黒木美帆


ホツマ 学び舎について

「ホツマ学舎(まなびや)」
古代文字ヲシテで書かれた*ヲシテ文献を学び、日本の古代文明をより深く知ることで、心身共に健康で、知性豊かな人を育成することを目標として開校いたします。

*ヲシテ文献とはフトマニ、ホツマツタヱ、ミカサフミの総称です。




ホツマ学び舎 武蔵野
主催 ホツマ学び舎 実行委員会 
ホツマゆの友(宮崎ゆりこ 本間ゆかり 河内ゆか)
開催場所
稲城市中央公民館 集会室
京王稲城駅より 徒歩10分
開催場所
稲城市中央公民館 集会室
京王稲城駅より 徒歩10分