実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください
心から望む人生のために

祈りの宇宙仏キャンドル

 

梵字の”オン”は宇宙そのものの音

オギャーっと泣く産声から

ンと呼吸を終わらせる肉体の死まで

ひとりの人生を表す音でもあるのです

     

その”オン”を梵字で焼き入れた木製のお皿とキャンドルをセットで販売します。


木製のお皿の素材は、カツラの木。エゴマオイル&ミツロウを塗布してあります。

宇宙の叡智”オン”、密教の仏様は宇宙の仏様。

その仏様たちと一緒に祈りの場を持つことで、冬至へ向けて自分を整える。

キャンドルを灯して心落ち着けるひとときを過ごしてみませんか?

すっかり秋めいて寒いと感じるくらいの夜もあります。
そんな夜に暖かくしてゆらゆら揺れる炎を見つめる。

 少しの時間をもって、自分の生き方を整えてゆく。

全ての自分にOKを出し、この瞬間を生きてゆく。

自分に優しく。
周りにも優しく。

心から望む人生のために。
ぜひ、お迎えください。

2種類のキャンドルを用意しました

ハスのキャンドル「観音」

制作者

”Candle Labo Myu”のオーナー「観音みゅう」さん

ほのぼのとした妖精のような可愛らしい作家さん

こんな方におすすめです
  • 忙しい1日の中でふと気が緩む時間が欲しい方

  • 心落ち着く瞑想タイムを持ちたい方
  • 観音様の慈悲の愛に触れたい方
  • 心落ち着く瞑想タイムを持ちたい方
 
 
 

丸いキャンドル「不動明王」

制作者

” Candle House 月のあかり”の西田佳代さん

妖艶ながらも可愛らしい笑顔でガツンと焼いてくれるパワーの持ち主です

こんな方におすすめです
  • 過去に囚われてしまいがちな方

  • いらない思考を燃やしたい方
  • 1日の活力をチャージしてから寝たい方
  • 朝起きた時に心を整えたい方
  • 不動明王の全てを打ち砕く強いパワーに触れたい方
  • いらない思考を燃やしたい方
轟々と燃える手榴弾のようなキャンドル
 
 

今回限りのコラボ企画です

2人ともキャンドルを”育てる”なんていう心優しい作家さんで。

いつも名古屋に行くと遊んでくれる、私が大好きな2人です。
そんな2人とのコラボ企画、今回限りです。

あ!どちらのキャンドルにも。
エネルギー的にあれこれ仕込んでいます。
もちろん私が。うふふふふ。

観音菩薩と不動明王。そして私たち3人の優しさと愛と熱いエネルギーを感じてくださいませ。

サイズのみお選びください

色や柄は全て違うものができました。
お申し込みのあなたの名前を見て感じながら、私たちが最善のキャンドルを選びます。

キャンドルが選ぶのかもしれません。
あなたの無意識が選ぶのかもしれません。

 お皿もキャンドルも全てお任せくださいませ。

 
 
 
 

”祈りの宇宙仏キャンドル”詳細

蓮キャンドル

サイズと金額(消費税・送料込み)

蓮キャンドルの木皿・ガラス皿込みの全体サイズ

小13.5×13.5×10 6,300円 (在庫数10個)

中14×14×11   7,500円 (在庫数3個)

大18×18×13   9,800円 (在庫数2個)

※幅×奥行き×高さ 単位cm

キャンドルサイズ

小 6.5cm  中 8cm  大 10cm

不動明王キャンドル

サイズと金額(消費税・送料込み)

不動明王キャンドルの木皿・ガラス皿込みの全体サイズ

小 13.5×13.5×9  5,800円 (在庫数10個) 

中 15×15×10    7,200円 (在庫数2個)

大 16.5×16.5×12  9,500円 (在庫数3個)

※幅×奥行き×高さ 単位cm

キャンドルサイズ

小 6.5cm  中 8cm  大 10cm

灯すときの注意点

  • 木製の皿に直接キャンドルを置かないでください。
    木なので引火する恐れがあります。

  • 木製の皿の上にガラス皿を置き、その上にキャンドルを置いて安定した場所で灯してください。
  • 周囲に燃えやすい物がないか、お気を付けください。
  • 灯した状態から目を離さないでください
  • 就寝時は、必ず消火を確認してください。
  • 溶けたロウはとても熱いので注意してください。
  • 火を消すときは、息を吹きかけず竹串などで溜まったロウに芯をつけてください。すすや煙が出ににくくなります。

  • 灯しているときに火が小さいときは溜まったロウを別の容器などに移し、芯が出るように。また大きいときは2~4ミリほどカットしてみてください。

  • 木製の皿の上にガラス皿を置き、その上にキャンドルを置いて安定した場所で灯してください。

上手に育てるコツ

  • 芯糸は1センチほどにカットして、火は根元につけてください。
  • 芯は真っ直ぐに。
  • 灯しているときに芯がくたっと曲ってしまうとそちら側が溶けていきます。
    1度火を消して芯を真っ直ぐに、長いときはカットしてください。
  • 長く灯していると周囲が柔らかくなってきます。外側を守りたいときは、1時間ほどで消してあげるといいです。

  • 芯は真っ直ぐに。

発送に関して

ヤマト運輸にて愛知県から元払いで発送します。

2種類お申し込みの場合でも、それぞれの制作者からの発送となりますので別々に届きます。

プレゼントの場合で、直接こちらからお届けする場合は、備考欄にお届け先に関して、郵便番号・住所・電話番号・お名前 をお書きください。


ご入金確認などに時間を要します。

お申し込み・ご入金から1〜2週間ほど要しますのでご承知おきください。

発送の準備が整いましたら、メールにて連絡を差し上げますので焦らずゆっくりお待ちください。

携帯電話会社のアドレスからお申し込みになると、発送の連絡などがお届けできない場合があります。

必ず、申し込み時に自動返信メールをお届けしていますので、そちらをご確認ください。

自動返信メールが届かない場合は(office.hikalinon@gmail.com)こちらまで直接ご連絡ください。