ホスピスケアの会
その人が 最後まで その人らしく 生きること
ホスピスケアの会は悪性疾患患者さんと、その家族が励まし合い、
支え合って、自分らしく生きるために、
平成11年度に医療従事者であった菊地芳子先生が発起人となって発足しました。

活動内容

 定例会を2ケ月に1度開催し、患者さんや、ご家族から悩みや体験談を伺ったり、治療について情報交換を行って、患者さんやご家族様の不安を和らげるための話し合いの場を設けております。
 また、治療を終えられた方・大切なご家族を亡くされた方も様々な思いを抱いていらっしゃいます。
 ホスピスケアの会では、「人と話をする・お互いに話を聞くことで、少しでも穏やかな気持ちになれるようお手伝いできれば」と思っています。
ホスピスケアの会の会員は

 会員は患者さん、患者さんをもつご家族をはじめ、薬剤師、僧侶など、様々な専門を持つ方も所属しています。
 また、ヨガや食に関する知識を専門とする方や、傾聴を行う方など、ボランティアとして協力してくださる方もおります。
 不安を抱えておられる方々が心穏やかにその方らしく生きられるように、活動しております。
定例会(お茶のみ会)の開催日は

 定例会の開催は原則偶数月第1日曜日に行われています。次回の開催予定日を山形市報でもお知らせしております。
 どうぞ気軽にお越しください。
ホスピスケアの会の費用は

 会の運営は、会員様からの年会費でまかなっております。

 年会費 2,000円
 (入会時期が10月以降の場合は、1,000円)
 をご負担いただいております。

 尚、ご入会を希望されない方には、ご負担いただきません。
 中途退会の場合はご返金いたしません。
ホスピスケアの会の費用は

 会の運営は、会員様からの年会費でまかなっております。

 年会費 2,000円
 (入会時期が10月以降の場合は、1,000円)
 をご負担いただいております。

 尚、ご入会を希望されない方には、ご負担いただきません。
 中途退会の場合はご返金いたしません。
次回のお茶のみ会は、
2019年12月1日(日) 山形市総合福祉センター
pm1:30 ~ 4:30
どうぞ、お気軽にお越しください。