視聴ページ
(近日公開予定)

登壇講師

DAY1

原田義昭 先生

衆議院議員(福岡県第5選挙区選出、8期)、弁護士

自由民主党 原子力規制に関する特別委員会委員長

修猷館高校、アメリカオクラホマ高校、尾山台高校を経て、東京大学法学部入学。卒業後はアメリカ・ボストン(タフツ)大学留学や企業入社を経て、旧通商産業省入省。

中小企業庁参事官や大臣秘書官などを務めた後、平成2年に衆議院議員に初当選。以来、8回当選を重ねる。衆議院外務委員長や自由民主党総務会長代理などを歴任し、平成30年の第4次安倍改造内閣発足に伴い、環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)として初入閣。地球温暖化対策推進やレジ袋有料化政策推進などに尽力。現在は、自民党原子力規制に関する特別委員長として、党内の原子力に関する議論を主導する。

中川雅治 先生

参議院議員(東京都選挙区選出、3期)
参議院自由民主党幹事長代行

東京大学法学部卒業後、旧大蔵省入省。理財局長、環境省総合環境政策局長などを務めた後、環境省事務次官(事務方トップ)に就任。退官後、平成16年に参議院議員に初当選。以来、3期連続当選を果たす。自民党環境部会長や参議院議院運営委員長を歴任し、平成29年、環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)として入閣。在任中は、地球温暖化対策や「福島再生・未来志向プロジェクト」の推進などに尽力。

星野智子 氏

一般社団法人 環境パートナーシップ会議(EPC)
副代表理事 

大学卒業後、環境団体に就職し、有機農業の推進事業と環境情報・環境教育プログラムに関わる。平成10年から地球環境に関する国内外の国際会議の運営に従事する。平成14年のヨハネスブルグ・サミット、平成22年の生物多様性COP10の市民ネットワーク、リオ+20地球サミットNGO連絡会の立ち上げ・運営などに従事。平成15年より地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)の運営に参加し、現在は、(特活)アフリカ日本協議会理事、(特活)日本NPOセンター理事、一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク理事など、多岐にわたる市民活動に関わる。

中川雅治 先生

参議院議員(東京都選挙区選出、3期)
参議院自由民主党幹事長代行

東京大学法学部卒業後、旧大蔵省入省。理財局長、環境省総合環境政策局長などを務めた後、環境省事務次官(事務方トップ)に就任。退官後、平成16年に参議院議員に初当選。以来、3期連続当選を果たす。自民党環境部会長や参議院議院運営委員長を歴任し、平成29年、環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)として入閣。在任中は、地球温暖化対策や「福島再生・未来志向プロジェクト」の推進などに尽力。

DAY2

小池百合子 先生

東京都知事(2 期)

カイロ大学文学部を卒業後、アラビア語通訳やアラビア語講師として活躍。その後、日本テレビでカダフィ書記長・アラファト PLO 議長会見のコーディネータ、インタビュアーを務めたことをきっかけに、「ワールドビジネスサテライト(テ レビ東京)」などでキャスターを務める。平成 4 年に参議院議員に初当選し、翌年の総選挙にて衆議院議員に初当選を果たす。以来、8 期連続当選を果たす。その間、環境大臣や防衛大臣、自由民主党総務会長など要職を歴任。平成 28 年の東京都知事選で女性初の当選を果たす。令和 2 年の東京都知事選で再選を果たし、現在 2 期目。

講演詳細

DAY1

「100年後の日本の姿」
[基調講演]

原田 義昭先生

1.プラスチックごみについて
2.脱炭素化エネルギーについて
3.環境未来都市の可能性


中川 雅治先生

1.生物多様性のあり方について
2.二酸化炭素の再利用と水素の可能性について
3.環境と経済の関係性

[パネルディスカッション](変更になる場合がございます)

1.生み出そう日本の強み
日本が今後、世界各国の中で環境先進国になるためには何が必要なのか、そして日本が環境分野で世界をリードできる技術は何なのかについて、ご議論頂きます。

2.脱炭素エネルギー、水素?それとも電気?
脱炭素化の流れの中で、今後日本が力を入れていくべきエネルギーはどれなのか。現在までに日本が力をいれている水素エネルギーと電気エネルギーなどと比較しながら多角的に分析します。

3.環境は稼げる?
持続可能な取り組みにしていくためには、ボランティアではなく一定の収益性が必要です。この面でどのように環境対策と経済性を関連づけていくべきなのかについて元環境大臣のお二人からご意見を頂きます。

4.100年後の未来へ
当講演会のまとめとして、100年後の日本の姿について、原田先生、中川先生、星野先生に総括頂きます。


DAY2

「東京都が向かう先」
【SDGsの実現に向けて】

経済発展と環境保護の両立はさまざまな場所で議論される、環境問題を語る上で必然的なトピックです。世界的大都市である東京で、この2つをどのように両立させて来たのか、今後更にどのようにバランスを維持していくのかが世界中から注目を浴びています。

また、小池都知事は、昨年末に「2030年までに都内で新車販売される乗用車を非ガソリン化することを目指す」と明言され、大きな話題を呼びました。当初2050年を目標とされていたこの政策について、なぜこのような大幅な前倒しとなったのか、また実現していくためにどのようなことが鍵となるのでしょうか。

そして最後に、SDGsの中でゼロエミッションを実現するためには、企業や行政の取り組みだけでなく、家庭における取り組みも重要になって来ます。都民一人ひとりが環境への意識を高めるためにどんなアプローチが必要でしょうか。

こういったテーマを踏まえた上で、衆議院議員時代に環境大臣を歴任され、東京都知事になられた後も最前線で環境問題に取り組まれている小池先生にお話を伺います!!

2021年度鵬志会前期講演会
実行委員長ご挨拶


この度は、早稲田大学鵬志会2021年度前期講演会にお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

 新型コロナウイルス感染症拡大によって、今までにない日々、先を予想することの難しい日々が続いています。

そのような中でも、今年も無事にまた鵬志会主催の前期講演会が開催できる事を大変喜ばしく思います。そして、開催にあたってご協力頂きました関係各位には心より御礼申し上げます。

 2021年度前期講演会のスローガンは、「SDGsの実現に向けて私たちに出来ること」に決定致しました。先進国を中心に大量生産・大量消費の産業構造に陰りが見え始め、今や持続可能な社会とは決してはるか未来の出来事ではなく、未来を担う学生が向き合っていかなければならない社会であります。

 そこで、二日間に分けて環境問題に精通している先生方をお招きし、現在の日本の環境問題の現状・展望などについてお話頂きます。我々も当講演会の実施に向けて一生懸命、準備を重ねて参りました。ご参加いただく皆様には、日本の環境問題への取り組み方について知識を深めて頂くことでこれからの日本の産業や社会構造の在り方などを考える際に役立てて頂ければと思っております。

 

以上、鵬志会2021年度前期講演会のご挨拶とさせて頂きます。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

早稲田大学鵬志会 幹事長/前期講演会実行委員長
島田光喜



開催概要

DAY1
日時 4/30(金)16:00開場 17:00開演
場所 大隈講堂
備考 事前申込制(こちらから)
参加無料・服装自由
備考 事前申込制(こちらから)
参加無料・服装自由
DAY2
日時 5/1(土)17:00開始
場所 後日、配信urlを公開
備考 講師の公務により
配信内容に変更の可能性あり
備考 講師の公務により
配信内容に変更の可能性あり

新型コロナ感染症対策について

*次の事項に1つでも当てはまる方は当日ご入場いただけません。
・新型コロナウイルス感染症陽性と診断された方で、爾後陰性と診断される前の方
・当日に37.0度以上の発熱がある、または平熱比1度超過の方
・息苦しさ・強いだるさ、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方
・新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方
・2週間前までに海外への渡航歴等がある方

*会場内・付近では以下の事項を必ずお守りください。(お守りいただけない場合は、退場いただく場合もございます。)
・常にマスクをご着用ください。
・入場時のセキュリティチェック・検温・手指消毒にご協力ください。
・他の参加者とできる限り間隔を取るようにしてください。
・会話や移動は必要最小限に収めるようにしてください。
・飲食や喫煙はご遠慮ください。
・講演会終了後の退場の際には、スタッフによる指示・誘導にご協力ください。

*新型コロナウイルス感染症陽性が確認された場合
参加後2週間以内に、新型コロナウイルス感染症陽性と確認された場合には、必ず速やかに当団体までご連絡いただきますようお願い申し上げます。 (連絡先:hoshikai.seminar.2021@gmail.com)

また、感染者が発生した場合に備えて、電話番号・メールアドレスを集めさせていただきます。ご了承ください。